<< 僕らの音楽 教育の捉え方 >>

ナベツネ

ただ今、南武線に乗っています☆谷保の駅まで自転車で行く途中、職質に3回合いました。そんな犯罪者っぽい顔してますか、俺?

行き先は自由が丘。今日もバイトです。(涙)そう、あの因縁の自由が丘校…また名前なさそーな気がします。そうそう、仕事内容はスタッフ曰く早稲田の英語を教える、って…でもアンタ、私早慶一個も受かってませんから~!残念!!一文、教育、法、政経、全て英語が敗因です、斬り!!!
というよりも、何で大学生の僕が早稲田を教えるの…?ちゃんと講師ってのがいるじゃない…こんな青二才が教えたところで…ねぇ。でも、赤本は解きました。半分もできてなかったけどね…(汗)

テレビでナベツネを見ました。テリー伊藤の番組に出てたんだけど、NHKのこととか、色々毒吐いてましたよ。(笑)でも言ってることは過激だけど、発言は的を得てるんですよね、あの人は。最近そう思います。マスコミの批判とかね。マスコミに主体性がないって。要は時局に流されてるだけなわけで。マキャベリは君主論の中で、「人は人から受けてきた恩恵はすぐに忘れるが、受けた憎悪は忘れることはない」とか、「大衆が統治者・権力者の敵となるのは容易なことであり、また大衆はその批判にながされる」と説いていたけれど、その通りだなって思いました。今のマスコミって、ほとんど一般論に終始してる気がします。そして捉え方も一面的なうえに考察がない。北朝鮮の拉致の問題もそうでしょ?経済制裁はしても、そのあとどうなるかって分析が見られない。あってもすごく浅い。そんなんじゃ、ねぇ…(苦笑)
まぁ、僕もあの人好きではないけどね。(笑)みなさんはどうですか?

それでは、バイトに行ってきます~。たぶんろくに教えられんけど。ついでにうまいラーメン屋行ってきます~♪
[PR]
by rinnken1228 | 2005-01-29 15:49 | は○しケンイチ的日常
<< 僕らの音楽 教育の捉え方 >>