<< 郵政法案から考える 自殺論 >>

浴衣について本気出して考えてみた

こんにちはです。最近自分への逆風が弱くなってきているように感じる今日この頃です。ラッキー♪結構いい兆候かも。(笑)まぁ、それで浮かれると痛い目にあうのは分かってるんだけども

さてさて・・・ただ今池袋のバイト先よりこの記事を書き込んでおります。だってヒマなんだもの・・・ずっとパソコン打ちの仕事・・・ヒマです、ええ、ヒマです。そんなわけでブログを書き込んでるわけです。(笑)マジ、仕事ねぇ!

で・・・だ。最近電車に乗ってると、浴衣姿の女性(男性も)をよく見かけます。そういう光景を見てると、「そういや今年は花火大会行ってないなぁ・・・」と一人取り残された感覚に陥るわけです、ええ。神宮も行ってないし、隅田川も行ってないし、立川も・・・隅田川なんかさぁ、テスト中ですよ?立川なんてさぁ、バイト明けですよ、これ?そんなのないでしょ。俺だって24様誘って見に行きたいっつの!!(涙)24様って?電車男でいう”エルメス”だと思っていただければ結構です。(笑)

それにしても、浴衣姿の女性は僕の中では5割増に思えます。その理由について、いろいろ考えてみました、僕なりに、ない頭を振り絞って・・・ゴマですよ、ゴマ。(笑)
で・・・結局はこの3点集約されるんじゃないかと・・・
1.普段は見慣れない格好をするから
→普段じゃしないような格好をすると(特に女性は)、きれいに見えるんじゃないかと。髪が長かった女性が急に髪を切ると、綺麗に見えるでしょ?でも段々とそれが普通になってくる。そんな感じです。
2.細く見える
浴衣って、あまり体型が出ない服装なんだそうです。聞いた話によると。もちろんそれにも限界はあるんだろうけど、ちょっとやそっとの体型の違いは隠れてしまう。そんでもって浴衣は体を締め付けてしまうわけだから、細く見えるわけですな。うん、言ってることセクハラですね。ゴメンナサイ・・・
3.うなじが見える
え~、ここまでくると、完全にオジサン入ってます。あしからず。うん、髪をアップにして、そしてうなじが見えるとなると・・・そりゃあ、ねぇ。はい、マジでゴメンナサイ!でも世の男なんてそんなもんだよな、うん。煩悩の塊ですよ、男なんて。ねぇ・・・岡部

ってなわけで、浴衣を着た女性は5割増に見えると思うんですわな。うん、いいですねぇ、夏って・・・とか言いながら、今年は一度も花火に行っていないのでした・・・

あ~、仕事がねぇ、仕事がねぇ。さっきからチョコ食ってばっかだよ。(暇)
[PR]
by rinnken1228 | 2005-08-08 17:53 | は○しケンイチ的こころ
<< 郵政法案から考える 自殺論 >>