<< 頑張れば、頑張れるだけ、頑張れる いつだってそばにだって >>

安奈

こんばんはです。電車に乗るとついてない事が多い今日この頃であります。森久美子だか、中島唱子級のオバサンに20分近くずっと足踏まれてたし・・・そこまで車内が混んでたわけでもないのにねぇ。足踏んでることを言うと、信じられない返答が。

「人がいっぱいだから動けないのよぉ。アンタがどきなさいよ。(怒)」

・・・はぁ?

オメーの後ろ、スペースあるじゃねぇか、コノヤロウ!あんたの足が邪魔で俺は動けねぇんだっつの!オメーの足はゾウか?キレそうになりながらも、どうにか自分を抑えました。結局相手が降りるまで踏まれっぱなし・・・足が痺れて仕方なかったわ。
電車の中で化粧してるとかなんだか、ご年配の方々は苦言を呈すけども、あなた方の世代でもそういう方々は腐るほどいるような気がするんだけどなぁ・・・そういうこと言う人間って、社会人として生きる資格があるのかどうか、すごく疑ってしまうのですが。どうなの、それって?

さてさて、そんな話題はさておき。ちょっと悲しいお知らせです。








・・・彼女と別れました・・・









・・・ってのはウソでして、彼女が転勤で東京を離れるそうです。研修の一環だとか言ってた。うん、こんな夜に発車できないなんて、などと忌野清志郎風に言ってみる。転勤先は仙台の方らしいですが。あれ?あなたの会社、仙台に支店なんかありましたっけ??(笑)まぁ、詳しくはよう知りませんが・・・
年内はずっと仙台の方らしいとです・・・「クリスマスは会えないね~。」なんて話していると、彼女の一言・・・
「こっちまで来ればいいじゃん。金ないなら自転車でくれば?

はぁ?
俺は竹本くんじゃないっつーの!仙台までどんくらいかかると思ってるんだ・・・ママチャリで2週間だぞ。ホイールの小さい折り畳みだとそれ以上ですね。(笑)しかもその間に絶対ぶっ壊れます。

ってなわけで、今年のクリスマスも1人で過ごすことになりそうです。その頃まで続くかどうかは、神のみぞ知るってことで。(笑)こうやって僕の肩には悲しみが雪のように降り積もる、なーんてハマショーっぽく言ってみたり。また国立のイルミネーションがまた僕を現実逃避への旅へと導くのです。また、京都か・・・同志社?もう行きません、絶対に。法然院のそばのカフェでゆっくりしたい。そして孤独に疲れた男は1人、声明の里へと向かうのです、きっと。

今日の僕、ちょっとおかしいみたいですね。(笑)すいません。最後に・・・このタイトル、間違っても彼女さんの名前ではありません
[PR]
by rinnken1228 | 2005-10-07 00:31 | は○しケンイチ的日常
<< 頑張れば、頑張れるだけ、頑張れる いつだってそばにだって >>