<< 秋止符~祭りの季節なのです~② 瞳を閉じればあなたがまぶたのう... >>

秋止符~祭りの季節なのです~①

こんばんはです。mixi見てたら馬場ちゃんが日記で111代の文実のこと紹介してるんで、書かずにはいられなくなった次第でござる。川口も、書け!(笑)

そう、秋です。大学祭のシーズンです。今週末、うちも大学祭があるとです。うちの部、おしるこ売ります。例年通り。価格は200円です。是非、買ってあげてください。味が薄いなんてことはありません。つぶあん100%です。(←なわけねーだろ・・・)

秋です。大学祭のシーズンです。今週末、一橋祭です。僕も何故か一橋祭運営委員を手伝うことになりました。当日だけ。高校の同期、S田君のたっての希望ということで。よう知らんけど、麻雀大会の手伝いをするそうです。サクラですか?僕、麻雀できないんですけど・・・あたる、行ってあげて、ヘルプ。

秋です。大学祭のシーズンです。大学祭のシーズンを迎えると、僕は秋の終わりを感じるとです。そう、”大学祭=秋止符”という不変の公式が僕の中にはあるのです。アリスですか?知りません、そんなの。晩秋の夕暮れは、僕の心を惑わせるのです。知らないけれど。

秋です。大学祭のシーズンです。大学祭というと、僕は高校の学園祭を思い出します。5月頃から活動を始めて、9月第2週の学園祭の準備をする。ただそれだけのために、僕は17歳を捧げたのです。
僕の役職はミニステージ部長。いちお管理職です。簡単に言えば、ミニステージを担当する部署の長。特設ステージでのイベントの企画・進行を行うのがミニステージ部なのです。僕を5回振った大学で言えば放送研究会、1度KO負けを喫した大学で言えば広告研究会なのです。いわば、学園祭の華。知らないけれど。
僕の代は111代。開始から111回目の学園祭を運営するわけです。そして僕の高校の学園祭は都内でも有数の集客力を誇るわけでして。その歴史と実績の重さというと・・・いやはや。

そんな中、僕ら111代海城祭実行委員は走り出したわけです。
それではメンバーの紹介からどうぞ。(部長クラスだけ)
実行委員長:せーいち
いやはや、この男が実行委員長で良かったのかと。(笑)ちょっと頼りなげな男でしたよ。部長会では泣き出すし。意味不明な行動で周りを困らせる(呆れさせる)ことは多々。けれど、意外としっかり仕事をこなしていたわけでして。なんだかんだで周りの先生方・スタッフの信頼は厚かった
そう考えると実行委員長で良かったのかもしれませぬなぁ。

総務部長:おーの
この男、仕事も早いし頭もキレる。せーいちのよき補佐役でありました。シリアルナンバーつきのストラップというアイデアは、本当に素晴らしかった。そして、部長会ではうまくみんなをまとめておられました。

宣伝広報部長:馬場ちゃん
宣伝広報部、略してせんこー。パレット?沢村は関係ありません。いやはや、彼もかなりの切れ者です。総務部長と共に、頼りない委員長を上手く支えておりました。いや、操っていたのか?
せーいちの懐刀ですな。

ステージ部長:あずま
ミニステージ部とステージ部は違います。ん、字が違う?いえいえ。講演会やライブハウスを担当するのがステージ部なのです。あずまは学園祭が近くなっても野球しかしていなかったように思います。けれど、仕事はしてた・・・のかな?部下のK池がしっかりしてたのも大きいと思いますが。まさか講演会に立川談笑を呼ぶとは・・・小泉に負けず劣らずのサプライズ人事でしたな。

花火部長:かわぐち
花火部はぶっつけ本番という、とてつもなくプレッシャーのかかる部署。そのプレッシャーに耐えながら本当によく頑張っていました。火文字の出来も素晴らしかった。あの、花火の後に倒れるという伝説を残した男でもあります。
「スキだ」!この言葉は学園祭にいらした皆様の心に届いたでしょうか?

展示部長:しばた
間違っても同クラではありません。キャラは似てるけど。彼、学校ではちょっとした問題児でした。いや、異端児だったのか。委員会内でもその問題児っぷりを発揮。でも、一番忙しい部署を3人で上手く(?)やりくりしておりました。キャラのせいか、誤解されることも多々あったけれど、あれを3人回しとは、感動します。尊敬します。
今、一橋祭の運営委員もやってるようで。麻雀大会成功させてくれ。手伝うから。

食品部長:ささぱん
愛玩度物キャラでした。どんなキャラだ?てツッコミはさておき。彼とはかなりウマが合いました。何度大久保の街へ一緒にエスニック料理を食べに行ったことか。もちろん、学校のカネで。領収書にはしっかり”研究費”と書かせていただきました。今は美容師のタマゴ。

会計装飾部長:市川
今や横須賀の士官候補生。やる気と情熱のパッション男でありました。言い換えると、単純な空回り男であったわけですが、そんなことは誰も気にしていません。彼だから。猪突猛進とは、彼のためにある言葉です。

プログラム部長:あじ
パンフレットの編集を担当するのがこの部署。この男、会計装飾部長と並んで、111代の変人2大巨頭の一角でありました。彼の発想には時として周りがついていけないこともしばしば・・・しかし仕事の早さには目を見張るものがありました。
ただ、広告費をもらっておきながら、某大手予備校の広告を載せないという大事件を引き起こした張本人な訳でして。今となっては笑い話。

製作部長:すぎうら
子供達に大人気、巨大コリントを製作するのが製作部。ここの部長、最後までコリントと格闘しておりました。いやはや、彼の朝早くから夜遅くまで、工夫に工夫を重ね準備をし・・・当日は周りを盛り上げ。こんな苦労が子供達の笑顔を引き出したのですね

つづく
[PR]
by rinnken1228 | 2005-11-02 01:56 | は○しケンイチ的こころ
<< 秋止符~祭りの季節なのです~② 瞳を閉じればあなたがまぶたのう... >>