<< そこに山があるから LOVEなみだいろ >>

リーダーへの誘い

ただ今、洗濯中ナリ。ヒマなのでブログ更新・・・と。
先ほど明日のゼミのレポートが終了。めっちゃてきとーに書いた気がする・・・wwまぁ、すぐに見破られるんだろな。ご愁傷様です。ちーん。

・・・と。
今日は午前中はやたらと熱っぽかったので、3限だけ出席。英Ⅰは休めないんすよ。絶対に休めない!!単位取得のためには念には念を入れて・・・(笑)2限は岡部に代返頼んどきました☆サンキュ!
授業後、ゼミの話し合い→バイト。まぁ、いつものローテです。この流れは毎週決まっているから、これに合わせて1週間の予定を組んでる感じ。たいがい崩れるけどね。(笑)そんなもんだ。

バイトはW塾の方。今日も演トレZEROでした。もう3回目ってだけあって、双方なれてきた感じがします。けれど、今度は”慣れ”が重大な問題を引き起こす可能性もあるわけで。「勝って兜の緒を締めよ」じゃないけれど、こういう時こそ気持ちを引き締めないかん。特に自分はだらけやすいタイプだからな・・・気をつけよう。

今日、池袋校のOIリーダーになってくれ、って麻田さんからオファーを受けました。これまでは1年生の子がリーダーになって、僕はサブリーダーとしてサポートに回る、って予定だったんだけど、それに反対の声も多いみたいでして・・・
僕自身、正直最初は驚きやうれしい、ってよりも困った、って気持ちのほうが大きかった。僕はタイプ的にも陣頭指揮を取るタイプでもないし、むしろリーダーのサポートをしたり指揮を取りやすいような環境を作ることの方が性に合っている、といえば合っているわけで・・・近藤勇よりも土方歳三ですなw。リーダーという器ではない。それに自分も3月でこの塾を辞めるつもりでいたから。来期からの運営には色々な意味で正直限界を感じていたし、自分もゼミとかで勉強したいこと沢山あるし。C葉なんかと一緒に仕事したくないし。だから、演トレZEROは自分の中では「最後に一花咲かせてやろうじゃないの」ってな気持ちで臨んでいたんだよね。”我ここにあり!”みたいな。(笑)自惚れかもだけど、この企画は自分以外にできる人なんていないと思っているし、それくらい入れ込んできた。自分の中での区切りだったわけです。

そうもできなくなった、ってことが困った・・・ていう理由。麻田さんには申し訳ないけれど。
でも、そんなに自分が評価されていること、期待されていること、ってのにはとても感謝してる。ろくでもない自分がこんなに評価されてるんだぜ?身に余る光栄ですよ。そして期待されている以上、期待にこたえる義務が俺にはあるわけで。
それに、今まで育ててくれたこの職場に、今度はリーダーという引っ張る側として恩返しもせないかんわけで。ちょっと冷静になってそう思った。

ってなわけで、もう1年この塾に残ることにしましたわ。(笑)リーダーとして。リーダーという責任ある立場に立つ以上、やらないかんことはたくさん出てくる。スタッフや他のOI・PIとの信頼関係を築く必要も生じてくるだろうし、時間的な拘束も生じてくるでしょう。演トレZEROの後継者も育てないかん。けれど、俺はやるしかねーんだ。てか、やってやる。
それにしても、自分をとても評価してくれる人に出会えて、自分はとても幸せ者です。W塾しかり、揚州しかり・・・揚州の青野さんにはとても感謝しております・・・ホントに。

1度やると決めた以上、最後までやりきってやる!それが男ですよね、マイフレンド?
[PR]
by rinnken1228 | 2005-11-25 03:54 | は○しケンイチ的日常
<< そこに山があるから LOVEなみだいろ >>