<< 神様ヘルプ! ラストダンス >>

悲しみの向こう岸に微笑があるというよ

明日が〆切のゼミのレポート、やっと半分終わらせました。(笑)まだ半分・・・されど半分。ただ今井の中のカワズ君をみながら更新中なり。平井理央がかわいいって思ってるわけじゃありません。O部君とは違いますので。愛ちゃん派なので。ええ・・・

さて。本当はW塾のことを書こうとしたのだけど・・・ちょっと気になることがあったので、それについて書くことにします。

まぁ、いろんな人が色んなことを書いてると思うけど。そう、ライブドアについて。ホリエモンについて。


僕自身はホリエモンは嫌いではありません。むしろ、彼の先見性には目を見張るものがあったわけだし。三日天下で終わったのかもしれないけども、彼がそこまでのし上がることができたのは、彼自身の才能によるものが大きかったように思えます。
けれど、彼の錬金術は周りからは受け容れがたいものだったのかなぁ、とも思ってみたり。やはり、お金というものは汗水流して働いた、その対価としてもらうものであると思うし。だからこそ人はお金の大切さを知るんじゃないのかな?もちろん自分も成人になりたてのぺーぺーだから、よくわからないけれど。

株とか最近はやりだけど、自分も手を出して大失敗したけれど、そういう手段で金を稼ごう、とは思わない。そこまでして金に執着する意味もわからない。株式投資することで日本経済を活性化させる?何言ってんだか。無理だと思う。株なんてギャンブルだ、俺はそう思うね。もちろん、ギャンブルとはただ運任せのものではなく、頭を使うものだから、そこで成功する人は尊敬すべきだけども。自分はやろうとは思わない。

確かに、大金を手にすることは「勝ち組」になることでもあり、そして周りからも羨望の眼差しを受ける。
けれど・・・それは本当なの?本当に金がある者は「勝ち組」なのか?本当の「勝ち組」って、「後悔しない人生を送った者」なんじゃないの?俺はそう思う。いや、「堂々と自分の人生を終えた者」なのかもしれない。最近そう思うようになってきた。
まぁ、そもそも「勝ち組」と「負け組」の二元論で物事を捉えようとする、この風潮自体が間違っているような気もするけれど。(苦笑)

大場も言ってたけれど、社会全体が踊らされているような気もする。今はその祭りの後みたいな状態にあるんだ。祭りの後って、どこか虚無感を感じてしまうもの。そうなりつつあるんでないかい、マイフレンド?一夜のダンスパーティーは、盛り上がりすぎたんですかねぇ・・・?
そういう意味で、ホリエモンを時代の寵児に仕立て上げたマスコミにも少しは責任があるんでないかい?なんだ、あの掌を返したような反応は?あんなに堀江社長だのホリエモンだの言っといて、急に堀江容疑者かい。「絶対に裏があると思いましたよ」って・・・一遍死ねや、A藤Y子。

IT産業の成長には限界があるようにも思えます。逆に、これからは紙の時代が来ると思う。そして観光産業の時代が絶対に来る。つーか、これからは観光が、いや地域が経済を動かす時代が来るんだ。地域の活性化=経済発展に繋がるんだと思う。地域の活性化、それは観光の振興ですよ。
いや、観光の時代が来るんじゃない、俺が引き寄せてやるんだよ。誰が何と言おうとも。負ける気しねえ。

ぶっちゃけ、自分はベンチャーなんて興味はないです。けれど、ベンチャー企業家に夢を与え続けた、経済界に新風を吹き込んだホリエモンの功績はとても大きいと思います。自分の罪を償った時、彼はまた偉大な経営者になるのではないでしょうか?

なーんて、ブログ上で言ってみても、説得力ねーかw
[PR]
by rinnken1228 | 2006-01-25 02:32 | は○しケンイチ的こころ
<< 神様ヘルプ! ラストダンス >>