<< ギリギリでいつも生きていたいから あなたのぬくもりがくれる衝動 >>

言わないで言わないでさよならは間違いだよ

みなさんこんにちは。
かあくんです。あんなタイトルをつけたんで、ちょっと先走りたかっただけです。もう20代。ガラスの10代は終わりました。

なんだか今日は風が強いですね。朝干した洗濯物にやたらと黄色い砂がついていたとです。もう1度洗濯しなおしですね・・・あー、だるい。東京まで黄砂が飛んでくるのでしょうか?まさかね。

ポカリスエットのCMの綾瀬はるかがかわいいです。綾瀬はるかの写真はあまりかわいいとは思いませんがね・・・今年のコンセプトは”RE・BODY”なんだってさ。去年の方がCM的には好きだったんですがね。
ああやって自転車2人乗りしてみたいと思う今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?あの感触は男だったら絶対忘れられないんだろうなぁ・・・(何の?) もうあの頃にはもどれない、はやしです。


そういえば、WBCの日韓戦、日本が6-0で勝ったようですね。福留のHRは素晴らしかった。今回の日本代表は、ホント神風が吹きまくりです。この勢いで決勝のキューバ戦も勝って優勝してもらいたいものです。
WBCで頑張ってるイチローとか見ると、どうしても松井や城島が情けなく見えてしまいます。日本のために頑張ろう、としているイチローに対してチームを優先させた松井・城島・・・なんだかね。国際試合とクラブは別物として考えるのが筋だろうとは思うんだが・・・まぁ仕方が無いのかな?


さて。市川さんがやってた日本歴史占い、やってみることにする。

結果は・・・光源氏

(以下詳細)
母性をくすぐる精神的プレイボーイ
あなたはわがままで寂しがり屋、人見知りが激しい甘えっ子です。光源氏は幼い頃、母親・桐壺の更衣を亡くし、愛に飢えた子どもでした。やがて恋心を抱いた相手の藤壺は、なんと義母。以降藤壺の面影を追って、女性遍歴を重ねながら自己形成の道を歩むのです。あなたの優しさを優柔不断という人もいますが、心の奥底に秘めた願望を忠実に行動することが大切です。一人だと精神的不安に陥るので、安心できる人がそばにいることが重要。

●頭脳・知性
出来ることと出来ないことが両極端。ファッションセンスは抜群だが金銭感覚はゼロとか、勉強はできるがスポーツはからきしダメとか。頭脳にくっきりと明暗あり。

●センス
人見知りが激しく、初対面だと緊張もする。が、親しくなると結構図々しい。スキンシップが多くなり、わがままも言う。誰に一番気に入られるか見抜く感覚は、動物の嗅覚以上。でも、駆け引きは下手。

●感情
思いっきり母性本能をくすぐっている。全女性に愛されたいが、個人的にはお姉さんのように優しく接してくれる人が好き。ようはマザコン、ロリータ趣味。加えてMタイプ。

●外見・言葉
人の好き嫌いが露骨すぎ。好きな人には赤ちゃんのように甘えるが、嫌いな人には口もきかず、目で「キライ」と訴えている。大人同士の関係は作りにくい、永遠のオトナ子ども。

●行動
好き嫌いがはっきりしているわりには、イエス・ノーははっきり言えない。大事な決断を出すのも苦手。次々と女性を好きになるが、最後は誰が一番好きか分からなくなる。いくつになっても迷い性。


別にマザコンでもロリでもありませんが。ドMですけどねw。人の好き嫌いははっきりしてるかも。あまり表には出さないつもりでいるけれど。もしかしたら顔に出てるのかな・・・?
ま、女性なら誰でも好きです。ゆりかごから墓場までですから。

光源氏、ってことで、源氏物語占いなるものもやってみた。

結果は・・・墨染の源氏(誰?)
劣等感と挫折感がブレンドされた男性。美女に好かれる不思議な人。

●周りの人はこう見ている
下品な話をしてもエレガントな雰囲気が漂う育ちの良い男性として、あなたは同性異性を問わず憧れの対象となっています。現在の生活がどうであっても、家柄の良さが匂うお坊ちゃんという感じなのです。でも、心の中に深い悲しみを抱いている部分が感じられ、本心を明かさない用心深さも察知されています。

●あなたの本質
強い劣等感と挫折感が、あなたという男性を形成しています。いつ、その正体がバレるのではないかと、いつも不安を抱いているのです。その不安から逃れるために知識やセンスを磨いているのがあなた。また、執念深さも、あなたを語る上では欠かせない要素です。時間をかけても目的を貫徹する執念は素晴らしいものがあります。しかし、その執念は強いジェラシーを誘発します。自分より才能のあるものを失脚させようと企むこともあるでしょう。裏切り者に対する報復も目に余るものがあります。感情の起伏が激しく、怒りだしたら何をするか分からない恐ろしさがあります。これらはすべて、劣等感と挫折感が変形した現象なのです。

●相性のよい同性
若竹の源氏(わかたけのげんじ)です。あなたの暗いパワーを生産的な方向に持っていく男性です。名声運から財産運までの鍵を握っています。この男性と知り合いになれば一生は安泰。

●同じタイプの有名人
河相我聞、伊丹十三、野中広務、トミーズ雅、奥田民生、野村萬齋、松井秀喜、柳沢敦

●源氏物語ではこういう人
墨染の源氏には、六条の御息所との関係がクローズアップされています。年上の彼女と関係した源氏は、彼女の怨念を恐れます。彼女の呪いで二人の女性を失い呆然とたたずむ源氏の姿が描写されています。

あなたには、六条の御息所と深い関わりを持った源氏が登場する帖がおすすめ。

●夕顔
源氏は六条の御息所を訪れる途中、垣根に咲く白い夕顔が縁で、その家の女から扇に書いた歌を贈られます。女に強く惹かれた源氏は以後通うようになりますが、八月十五夜の翌十六夜、女は物の怪に襲われて急死してしまいます。

●葵
賀茂葵祭の御禊見物の際、正妻・葵の上の従者に車を追いやられた愛人・六条の御息所は怨念の情から葵の上に取りつきます。その後、葵の上は男子を出産した後、急死します。その忌みが明けてのち、源氏は紫の上と新枕をかわします。

●賢木
源氏との仲に絶望した六条の御息所は、ついに伊勢へ下向。一方、朧月夜は朱雀帝の寵愛を受けながらも源氏との密会を続けます。翌年夏、ついに二人の密会を右大臣が発見し、源氏の失脚を企むことになります。


だってさ。よくわかんね。大学在学中に源氏物語も読んでおきたいな。寂聴の訳でいいや。
[PR]
by rinnken1228 | 2006-03-19 16:39 | は○しケンイチ的日常
<< ギリギリでいつも生きていたいから あなたのぬくもりがくれる衝動 >>