<< 君の存在だって、何度も確かめは... 抱きしめたい溢れるほどの想いが... >>

男女とはもともと不平等である

みなさんこんにちは。
ただ今大学図書館のパソコンより更新中です。

外は雨、また肌寒く・・・そして練習中止。ロンTにジャケットという、なんなんだこのアグレッシブぷりは!?的な格好で来てしまった僕としては、なかなか外に出たくないのです。
買い物にも行きたいが、夜揚州入っちゃったし。教習行くのもダルいし。


そういえば、H房さんと授業のガイダンス受けてたら、「服の傾向変わったよね?」と言われ・・・
自分もそこまで意識してなかったんですがね。そんなに変わりました?
確かに・・・キャップとかかぶっちゃって、 エセB系とかやっちゃうときもありますけど。

それでもやっぱり・・・基本スタンスは変わってないと思うんだけどなぁ・・・
W塾で意外と稼いだことだし、買い物にでも行きたいお年頃の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?稼いでも、S田に返す金など ニ!はやしです。

・・・すいません、いつか返します・・・



さて、後半は久々にジェンダーの話題でも。

先日、こんな話を耳にしました。

「ミス駒子」1人に 選考後ミセスとわかり取り消しに(asahi.com)

って話。
「そんな物好きな人もいるんだねぇ」などと、笑い話で終わると思っていたら・・・ところがどっこい、いろいろと物議をかもしているようで・・・


そんなわけで。この議論をジェンダー的な視点から見てみることにしませう。
まずは・・・
未婚女性に限定する必要があるのか?ってこと。

確かに、男性は未婚・既婚の区別なくすべて「ミスター」なのに、女性に限り未婚は「ミス」・既婚は「ミセス」と区別されるわけで。この区別の方法、かなり抵抗があるかもしれません、現代の感覚ではね。
しかし・・・だ。昔から女性にとって、いや人間全体において、 妊娠とはかなり重要な事項であったわけで。それは言うまでもないこと。子孫繁栄のため、平たく言えばそんなことでしょう。

つまり、結婚している女性の場合、その女性は彼女が嫁いだ家の子供を産む責務が生じてくるわけで。既婚・未婚の区別がなかった場合、本当の父親がわからない子供が産まれてくる可能性を秘めているわけで。
結局は貞操観念から、女性では未婚・既婚の区別が生まれてきたのでしょう。


それとミスコンとは関係ないじゃないか!な~んて声も聞こえなくはないですが。
関係・・・ 大アリです。

おそらく・・・ミスコンが”未婚”女性にこだわる理由は、 処女性の持つ神秘性だと思うのです。
この世の男の全員かどうかは知りませんが、男というものは処女に惹かれる部分が大いにあります。その心理はどこにあるのか知らんが。それはそれで調べてみると面白いと思いますが・・・
それが持つ神秘性の裏には、 その女性を得たいという独占欲の表れなのかもしれません。

それを”汚れ無きからだ”といった様にコーティングを施したのでしょう。そこから貞操観念も生まれたんじゃないかなぁ、などと思ったりします。

そんな感じでちょっくら分析を施してみました・・・では実際に、区別する必要があるのでしょうか?僕はあってもいいと思っています。

それは・・・
未婚=処女=神秘的
という、観念が存在するから。

もちろん、この現代ではそうでないことも多々あるわけだけど。
けれど、そのような感覚が男女問わずあると思うのです。それをわざわざ壊す必要はない。イメージキャラクター=企業の顔であるわけだから、その顔を汚す必要もないわけで・・・


それでは次に・・・
ミスコンの存在意義について。

最近は大学でのミスコンテストを廃止する、な~んて けしからんことを言い出す輩が増えてきたようで。ま、それは個人的な意見ではありますが。

廃止を叫ぶ側にはおそらく、 男女平等という論拠を持ち出すのでしょう。しかも、論理構成が中途半端な・・・ね。

男女が平等になることは、絶対にありえません
なぜか? 既にカテゴライズされたものであるから。
そもそも男女を同じ次元で考えることが間違っているのです。

確かに、仕事における金銭面での差別などは撤廃すべきでしょう。男性は総合職・女性は一般職といった仕事配分もなくすべきです。それは私も異を唱えないでしょう。
しかし・・・だ。
男女の性別役割までも一緒にしよう、などという浅はかな考え方には同意しかねるわけで。その性の持つイメージまでもを一本化しようとすることほど、馬鹿げたことはないわけですよ・・・

男性には男性のイメージが、女性には女性のイメージがあるのです。もちろん、あらゆる価値観が認められつつある現代、その男性像・女性像共に多様であることは否定しませんが。しかしそれでも、普遍的な性別価値観は存在するのです。
今のミスコン廃止論は、そこを見落としているような気がします。


木を見て森を見ない議論ほど、中身のないものはない。

男女平等、という観念がそう単純なものでないことを意識しなおす必要があるんじゃないでしょうか?


やべ~、久々に長い文章書いた~。(笑)
[PR]
by rinnken1228 | 2006-04-11 16:46 | は○しケンイチ的こころ
<< 君の存在だって、何度も確かめは... 抱きしめたい溢れるほどの想いが... >>