<< あなたのことをしりたいの 心地よい緊張と不安 >>

新緑の季節、ゼミが始まる

みなさんこんばんは。

ただ今ゼミ飲みから帰ってまいりました。1次会@こもり音・2次会@さかいや。いやはや、飲んだ飲んだ。(笑)多少、頭がふーっとしてます。調子に乗って熱燗頼みすぎたわ。

今日はトンデモナイコトを書きそうな予感・・・


最近、右奥歯のあたりが痛くて仕方ありません。虫歯かな?とか疑ってみたりするのですが、そうでもないようで・・・歯じゃなくて、骨が痛むんですよ・・・空いている時間を見つけて、歯医者にでも行ってみることにしますか。


痛いといえば・・・この頃僕のブログが他方からイタイなどとご指摘を受けるわけでして。確かにイタイんですけどね。そんなのわかってます。
しかし・・・そのイタさこそが僕のアイデンティティなのだ!なんてカッコつけさせてくださいよ。

痛くしないでね、優しく挿れて、初めてだもの♪はやしです。(誰か・・・こんな僕を止めてくれ・・・)



さて。今日はゼミの初顔合わせだったわけですが。後半はその話でもしましょうか。

木曜は5限からゼミなわけでして。今回は初ゼミということで、顔合わせとオリエンテーション。1年間の予定の説明と自己紹介、役職決めのあと新歓コンパ、といった流れでして・・・


ええ、
ゼミ幹事やることになってしまいました。

しかも中村と一緒に。高校の同期同士で。というか、プロ研です。


自己紹介もスベリにスベってきましたよ。
いやね、自己紹介でいかにゼミテンにアピールするか、って話を大野としてたわけで。その時出た答えが・・・

自 虐 ネ タ で い こ う

・・・考えていることが単純明快・・・というか、浅はか極まりないといったところ。


自虐ネタとして思いついたのが単位のこと。それをしゃべったわけですが・・・
ダダスベリもいいところ。
ただ単に、バカとしか印象に残っていない可能性大ですね。


このゼミの一番の特徴は、3年次にゼミ論を書くこと。卒論とは別に、3年次に論文を書いて印刷・出版をするのです。去年のテーマは”TOKYO Grafity”だったそう。渋谷の街をフィールドワークの対象にしたゼミ論。グラフィティといわれる、ストリートアートを調べたり。はたまた渋谷の再開発について調べたり。ここ最近、デザインとかに興味の対象が移りつつある僕には、すごく衝撃的な作品・・・
普通の学術論文が持ち得ないような、ポップさが新鮮に感じました。思わず手にとって開いてみたくなるような、そんな手軽さ。先輩方も、それを狙って作ったんだとさ。その狙いがズバリ的中☆って感じで。

ただ・・・それに伴って内容もポップな感じに仕上がっているのがもったいないところ。動機付けは軽くても、中身は重みのあるものであってほしかった。ちょっと読んだ後に物足りなさを感じたかな・・・?
けれど、趣向をこらしている部分の良さの方が大きかったけど。


ゼミテンの印象は、個性派ぞろいといったところ。妙にギラギラと目を輝かせたやつとか、妙にアグレッシブなやつとか。その反面、すごく素直そうな、純粋そうな人もいる。もしかしたら変人ぞろい、なのかもしれませんね。いや、自分はカウントしてませんよ?は、俺も?

ちょwwおまwwwww


この個性派ぞろいのゼミをいかにまとめていくか・・・それが僕に課せられた第一の課題なわけで。今の段階では、自分は周りよりも知識量も経験値も何もかもが足りないんだから、人並み以上に勉強しなきゃいけない・・・頑張らないとね。このゼミに入れた以上、魂が燃え尽きるまで突っ走ってやります。

ちなみに余裕があるならば、美術系の大学を受けてみようと思います、卒業と同時に・・・デザインを本気で学んでみたい。ま、うちにそんな経済的余裕はないわな。諦めるよ、けっ。



それにしても・・・
本代が工面できねぇ!!!!!
[PR]
by rinnken1228 | 2006-04-14 01:39 | は○しケンイチ的日常
<< あなたのことをしりたいの 心地よい緊張と不安 >>