<< あなたがわたしにくれたもの アンダルシアに憧れて >>

いとしいひと

みなさんこんにちは。

最近、天気がコロコロと変わりますね。
女心と秋の空、とはよく言ったものですが、それ以上に変わりやすいこの天気といったらもう・・・
春は出会いと別れの季節、などとは言いますが、森羅万象において移ろいやすい季節なのでしょうか?


さて。本日は朝からテンション最低だったわけで。
なんですか、あのカットっぷりは。
編集の力ってすごいんだな、って感じました。あれだったら、情報操作なんていとも簡単にできてしまうのでしょう。
ま、明らかに振りについていけてなかった自分が悪いんですけどね。
公衆衛生上、問題があるなどと判断したのならば、それは甘んじて受け入れますけどね。

痛々しいですが、何か問題でも?

ちなみに・・・
練習の風景で映っている方々は、みんなゼミテンです。
てか・・・
なぜ、踊っていないはずのK田がど真ん中に映ってるんだ・・・?おいしすぎます、ええ・・・


さて。
月曜は午後の授業サボってお出かけしてたわけですが。もちろん1人なはずないじゃないですか!なんてよくわかんないキレ方をしてみたり。
新宿→代々木→表参道を歩くという、なんだかよくわかんないコース・・・
すいません、企画力ゼロで。

なんかね、明治神宮に行ってみたり。初詣はまだ半年後のはずなのですがねぇ。


なんだかね、最近「愛おしく思う」ことの意味が見えてきたような気がします。
いやね、まだそれを感じ取るには早すぎるかもしれないし、間違っているのかもしれないけれど。
でも、その意味なんて日々変わっていくものだとも思うわけで。

今は、「守ってあげたい」って思えることなんだと思ってます。
なんだろうな。言葉ではよく言い表せないんだけど・・・
だけどそれは重たいものではなくて。
いや、相手にとっての重荷にはしたくなくて。

なんだか、羽みたいなものでふわふわと包み込んであげたい、そんな気持ち。
一緒にいて抱きしめたい、そんな気持ち。

自分にはそんな包容力やら、器のデカさなんてないのはわかってる。
けれど、そんな人がいれば、そんな存在があったら、何でも頑張れるような気がするんだ。

夜、一緒にいて、ホントにホントに・・・ギュッとしてしまいたくなったんだ。
周りに誰がいようと知ったこっちゃなくて。
相手の息遣いを温もりを、肌で感じたくて。その「大きなもの」をこの手に感じたくて。
そして・・・僕にとっての、愛おしい人を離したくなくて・・・










うん、要するに幸せだってことです。
[PR]
by rinnken1228 | 2006-05-24 18:02 | は○しケンイチ的日常
<< あなたがわたしにくれたもの アンダルシアに憧れて >>