<< 落ち葉の舞い散る停車場は・・・ 恋のつぼみ >>

生きる意味

みなさんこんばんは☆
久々にパソコンからの更新でございます。
最近、いろいろありましてね・・・まぁ、それは後ほどに。


先ほど地域研究のレポート書き終えました。
あれだけ「切る」って言ってたのにね。なんだかんだでやってしまいました。
裏切り者とか言うな、そこ。

内容はひどい物なんですけどね。おそらく大学入ってからの最低の部類に入る出来でしょう。
まぁね、なんだかんだで英語文献頑張って読んだんだから、大目に見てくださいな。
内容はほとんど理解してませんけどね。

最近、英語力が落ちたなぁとつくづく思います。
もとからありませんけどね。
文法ならばまだしも、内容を理解する力が・・・
そんなんでよく英語教えてられるな・・・
もっと英語勉強しないとなぁ、なんて思うわけですが。
口だけの自分には怒りを通り越して呆れ始めているわけで。
ダメダメですな、自分。もっとしっかりせんといかん。


ダメダメ、といえば・・・
今週、まだ1コマしか出てません!(胸張って言えね~
もちろんゼミは出てますけどね。
自身の最低記録更新中です。(笑)
いやね、朝起きれないんですよ・・・ホント(言い訳
今日も数学のテストがあったらしいんですけどね。微積ⅠAの。
もちろん、寝ブッチです。
明日の2限は、必ず出ます。あの授業、聞いてる分には面白いし。反論したい部分は沢山あるけども。


さて。ここんとこいろんなことがありまして。
池袋でなぜかW杯の応援したり。(しかもカラオケ
そのままカラオケでオールしたり。男2人で。
祝勝会とやらで、部活のOBさんと話す機会に恵まれたり。
色々と面白い話を聞かせていただきました。

あるようでないのがお金、ないようであるのが借金
なるほどね、清水次郎長の言葉だそうですが、自分の心にズシッときました。
コークスクリューブロー並です。
任侠者は面白いことを言うものです。

他にも・・・
ちょいちょいさせてもらえなかったり・・・
そんなこと言ったら・・・半殺しにあいますね。
やっぱ立場下だわ、自分。
いやいや・・・ウソです、ウソです・・・


でもそんな自分が幸せで仕方ない今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?はやしです。


ところで。
今日はゼミだったわけで。4時半から9時過ぎまでの長丁場。
終わった後に男性陣で萬笑行ってきました。

今日は梶田ゼミの人も何人か来てて。梶田先生が亡くなったので、3年ゼミは解散になったのです。
その上、内藤ゼミも来てて。例のビデオ撮影のため。
なんだか、ちょっと異様な雰囲気でして。

そろそろゼミ論も本格的になっていって。
自分の視野の狭いことを痛感。明らかに足引っ張ってるし・・・
頭を使えないなら、もっと足を使っていかなきゃなぁ・・・
空いてる時間を見つけて、自分の足でもっと動いていこうと思っていマス。
この前は新大久保辺りをほっつき歩いてきたから・・・今度は牛込やら落合のほうまで足を伸ばしてみるとするか。

それにしても・・・
ゼミ以外の場でも、マジメな話が出来るゼミテンに恵まれて、ホント嬉しいです。
もちろん、どーでもいーような話もしますけどね。ま、自分がノロケてるだけですが。
まさかラーメン食べながら、自己責任論の話をするとは。
いやはや、天晴れ天晴れ。


それでは後半は、生きることの意味についてでも。




ようこそ後半へ。

生きることの意味と来ましたが。
自分は何のために生きているのかなぁ、などと思うことがあるもので。
ノーテンキに生きている僕でも。

生とはなんぞや?などと哲学的なことも考えてしまうお年頃なのです。
まるでゲーテのように。
いやはや、冗談が過ぎました・・・

自分は、人間は死ぬために生きてるんじゃないかなぁ、なんて思うのです。
生きているがために、人間は死ぬ。
それは人間に限らず生物全般に言えることで。

なんで生まれてきたのか?なんて議論は、生物学などと絡むのだろうから置いとくとしまして。
生きている、という事実の裏には、これから死ぬ、という暗黙の前提がある。
もちろんそれを直視する人間は限られているけれど。


結局は、全ての世界は無なんじゃないかなぁ・・・と思うわけでして。
無という、何も無い状態から、有という生物が存在している状態が生まれる。
それはある意味、ゼロとイチの2進法の考え方に置き換えられると思うのです。

2進法において、イチとは不安定な状態であると目される。
要するに、生きている、って状態は不安定な状態であるわけで。
もちろん、そこには反論の余地は多数あるのでしょうが。


それでは・・・人は生きることに何を求めるのでしょうか?
自分は、死に場所を探すことなんだと思うわけで。
どうやって、不安定な状態から安定した状態へと移行するか。自分の納得のいくかたちで。

そのために・・・人は教養を身につけ、恋愛を経験して、周囲の変化に一喜一憂するのだと思うのです。
それは・・・自分の納得いくかたちで人生を終わらせるために。
だから、いい生活を望み、安定した生活を望む。だから働く、だから勉強をする。

もちろん消極的な見方にほかなりませんが。
けれど・・・そういう人生観も、アリなんじゃないかな?なんて思ってみたりもするんですよね☆


まぁ、迷える子羊の独り言とでも思ってくださいな。
[PR]
by rinnken1228 | 2006-06-16 01:51 | は○しケンイチ的こころ
<< 落ち葉の舞い散る停車場は・・・ 恋のつぼみ >>