<< ダブルデート それが再履クオリティ >>

乗客に日本人は、いませんでした。僕はなんていえばいいんだろう。僕は何を思えばいいんだろう。

みなさんこんばんは。
ただ今バイト先から帰ってまいりました。

いや~、今日はピークとそれ以外の時の差が激しかった・・・(汗
どピークが1時間続いたと思ったら、今度はノーゲス30分・・・
何だったのでしょうか?売り上げが上がったのか、そうでもなかったのか・・・
そろそろ、まぁいいや、で済まされなくなってきてますからね、立場的に。

A野MGRが今月いっぱいで揚州を辞めるそうです。
理由は、「自分のいる理由が無くなったから。」・・・
なんだかかっこいいよな。お店の混乱期から彼が1人で踏ん張ってきて。
ホント、すごいと思うんだ。彼が頑張ってきたから今の立川店があると思うんだよね。

果たして自分もそう言ってお店を去ることが出来るんだろうか・・・
まぁ、ホールの技術ではそう簡単に負ける気はしないけども。w
W塾とか、その他についてもそう。やりきった、って自信を持って去ることが本当にできるのかな・・・?って。
3年に上がる時に、自分のやることは全てやったと思って、1度は塾から去ろうと思ったけれど、塾への未練やら周りの説得やら色々あって戻ったわけで。
けれど、今自分は塾に対して何か貢献できているのだろうか・・・そこが本当に引っかかって。

後輩にも何もしてあげられてないし。もちろん生徒に対しても。
あんなに言いたい放題言ったのにな・・・(苦笑
ただ・・・う~ん、それは書かないことにしよう。


今日は教習行ってきました~。
車乗ってきましたよ、またまた。
先日は100分教習なるものを体験してきたわけですが。
要するに2コマ連続で乗ってた、って事ですが。
実際には100分じゃなくて110分だろ、みたいなどーでもいーけど冷静なツッコミを入れてしまいたくもなるわけでして。

普段の倍の時間乗ることができるので、昭島の方まで行ってみたり。
意外と五日市街道って怖いんですね・・・
前ダンプカー、後ろバスとか、ありえませんから・・・orz

さすがに警察署の前で80キロ出した時は、教官の顔が引きつってましたけどね。まぁ笑えない話ですが。

で。今日は国立の辺りをぐるぐる走ってたわけですが。
大学通りとか学園通りとかさくら通りとか旭通りとか。
それにしても、教習所通い始めてから、チャリンコで無茶な運転はやめようって思い始めましたね。
ありゃ怖いわ・・・どうせ卒業したら元に戻るんでしょうが。


そういえば・・・
旭通りのど真ん中でエンストしました・・・orz
初めてのエンスト、って言っても過言じゃないと思います。
それほどエンストとは縁のない男だったのですが・・・

いやあのね。駐車車両を避けようとしたら、対向車が来てそのままプスッ・・・と。
そんでもってエンジンがかからない・・・と。
よく見たらクラッチペダルが折れてるじゃないですか!orz
そりゃそうだよな、どうりでギアが硬いと思ったよ。
半クラにしたのに妙にスピードが出ると思ったよ。
発進がぎこちないと思ったよ・・・

でも、俺が悪いんじゃないんだよね?
なんだか見苦しいのでもう言わないことにします。

それにしても。
まだ免許取ってなかったのね、とお思いの皆様へ一言・・・

うるせ。
9月までに取ってやるってば。


さて後半は飛行機事故から見る国家についてでも。




ようこそ後半へ。

先日、ロシアの空港で飛行機事故が起きたのはご存知でしょうか?
事故自体については触れないけれど、その報道のなかでの「乗客に日本人はいない模様です。」って一言が、どうしても自分の中で引っかかるわけで。
それは飛行機事故に限らずそうだけど。例えば津波とかテロとか・・・

確かに、日本人が乗っていないことを知ることで、安心する人がいることはもちろんわかる。
例えばその国に家族が旅行してる人とか・・・もちろんそれはわかるわけで。

けれど。その一言が、日本人をその事故(事件)から切り離してしまっているようにも感じられるわけで。
それは日本人特有の島国心理から来るのかもしれないけれど。
けれど、それは偏った国家的アイデンティティの表象なんじゃないかな、って思ってしまうわけですよ。
本来ならば、そこでは強調されるべきではないはずの国家のつながり・連帯感といったものが一気に噴出してしまっている・・・そんな感覚。

それは。もしかしたら、普段ならば抑圧されている、敬遠されているものだからかもしれないけれど。
そこに日本人としてのつながりを見出そうとしているんじゃないかな?ってそう思うわけで。

だとしたら哀しいことなのだけど。
皆さんはどう思いますか?
[PR]
by rinnken1228 | 2006-07-13 04:43 | は○しケンイチ的こころ
<< ダブルデート それが再履クオリティ >>