<< 振り返ればヤツがいる 人はそれをオカダ(仮名)語録という。 >>

加藤ローサの悲劇

みなさんこんばんは。
先ほどバイト先から帰ってまいりました。ただ今明日のゼミでの発表のためのレジュメを作成中・・・ちょっとひと休みで更新しております。
お久しぶりですね。

今夜は寝させない、そんな勢いです。まぁ、一応どんな内容の発表をするかは決めているのですが。
やっぱりレジュメの内容とかはそれなりにこだわりたいですしね。
内容がないよう、そんなノリにはしたくないわけで。
ええ、寒いですがなにか?


さて。ここで今日のバイト先でのお話。
今日もオカダさん(仮名)にいびられながらもどうにかやってたわけで。
さすがにあの人にコケにされるのは我慢ならないね。いつか蹴落としてやりますが。
つーか、負ける気はさらさらありませんが。
ただ、まずは結果ありきなんでね。口だけででかいこと言ってても仕方がない。

まあ、それは置いておきまして。
バイト中、かなりかわいいお客様が来店いたしまして。
4名様なのですが、特にその中の1人があり得ないくらいかわいかったわけで。
というか、他の3人はどうでもよかったんですけどね。

特に、自分とK氏のナイトエロガッパコンビの舞い上がりようは筆舌に尽くしがたかったわけで。使い方間違ってますが。
2人ともその時の目つきが嫌らしいことこの上なかったらしく・・・
オーダー取りに行く時とか、2人で無駄に競り合ってましたからね。
・・・そんなことはどうでもよくて。(よくないか。


そこで。
自分がオーダーを取りに行ったわけですよ。
その時の上目遣いが・・・ゼクシィのCMの加藤ローサにそっくりだったわけで。
キツめの目の女の子の上目遣いフェチの僕としては、たまらないことこの上なかったわけで・・・

ホールにいながら、そこしか意識は行ってなかったわけで。
同僚のK氏からも「オマエはエロい」とのビックリ発言も飛び出すほどの意識の飛びよう。
ええ、煩悩丸出しでしたがなにか?
何回お茶を取替えに行ったんだ、ってくらいそこを行ったり来たりしておりました・・・orz...


で。
そんな生半可な気持ちでやっていたら、どっかでツケが回ってくるわけで。
やってしまったのですよ・・・

ブッカケを。

あ、別に白くてネバネバした液体ではなくてね。
スーラータンメンをぶっ掛けてしまったわけです。強面のお客様の足に・・・orz...
なんとか大事にならずにすみましたが・・・
まぁ、やってしまったわけですよ。

これを加藤ローサの悲劇と言うのでしょうね。
こんなことしか考えられない自分って・・・終わっとる・・・orz...

本気であっちをぶっ掛ければよかった、なんて言いませんよ、間違っても。
[PR]
by rinnken1228 | 2006-10-24 02:37 | は○しケンイチ的日常
<< 振り返ればヤツがいる 人はそれをオカダ(仮名)語録という。 >>