<< 就活とお受験 オリとカメン >>

ただ、呼吸をしているだけなのに、どうして生きることってこんなに苦しいの?

みなさんこんばんみ。
久々に、今日バイトが休みです。
月曜はいつもバイトなんですわ。
なので、久々にあいのり観てます。
てか、入れられてなかっただけなんですけどね。
今月、収入いくらあるんだ?


さて。
今日、線形代数ⅠAの試験が返却されまして。
本当は前回の授業で返されたらしいのですが。
前回サボったので知りません。

で。
返されたわけですが。
ま、予想通りの結果が・・・

35点。

・・・50点満点かと。
100点満点なんですけどね。
本当に、数学苦手です。受験生の頃から。


受験生といえば。
あの頃は予備校の自習室で朝から晩までこもっていたわけですが。
3年前の今頃は。
懐かしいかぎりです。

そう、あの頃は勤勉だった・・・うん。
ま、今も勤勉ですけどね。
あの頃は自習室だったのが、今は大学図書館の閲覧室に。

そんなわけですが。
今やそこでの勉強時間よりもそこでの睡眠時間の方が長かったりしまして。
もう、ぐだぐだですね・・・orz...


そういうわけで。
今、思い返してみると、3年は長かったんだか、短かったんだか。
でも、もう3年経っちゃたんですね。
たぶん、この3年は早かったんだろうな。
今はそう思います。
もう少し経てば、その感覚は変わるのかもしれないし、もしかしたら変わらないのかもしらん。
それはわからないけれど。

就活で否が応でもそんな自分の歩みを思い返してみると。
なんだか、いろんなことがありました。
早いもんです。

学生として、一番成長できた時間・・・といえば、やっぱり3年生の頃でしょう。
けれど。
「自分」という人間そのものがもっとも成長した、否、激しく揺れ動いたのは2年生の頃だったように感じます。
思い返してみると。

今までの人生の中で、精神的にも一番脆かったころだと思う。
そんな経験が、自分の血となり骨となっているように思います。
もちろん、今思い返してみるとだけど。


なんだか、「生きる」ということが一番見えなくなった。
「生きている」という実感が全く湧かなかった。
挙句の果てには、「生きる」ということが苦痛に感じた。
そんな時期だったように思います。
特に、夏ごろが一番危なかった。

躁と鬱を一日単位ぐらいで行ったり来たりしてましたからね。
毎日毎日なんだかよくわからず生きてた。
ある日突然来るんですよね、そういうのって。
芯もなく、軸もなく、フラフラ~っとした感じで毎日を送ってた。
目の前のことに一喜一憂する、そんな精神的余裕すらなかった。
なんだかね、文字通り、日々坦々と生きる。
それだけだった。
暗中模索というか、五里霧中というか、ご臨終というか。

そしたら、いつの間にかこんな心境になっちゃうんですよね。
「このまま消えちゃってもいいかな」って。
ホント、思っちゃうんですよ。
別にいっか~、みたいな。
それくらい、軽い感覚。

気がついたらビニール紐を買ってたんですよね。
気がついたら、天井に紐を吊るしてた。
そして。
いつの間にか、首に紐をかけてた。
本当に、無意識のうちに。

今となれば笑い話だけど。


なんだかね。
紐が自分の重みに耐え切れずに切れた時、我に返ったんですわ。
何やってんだ、自分みたいな。
笑いながら泣いてたのをよく覚えてます。
もしビニール紐が麻紐だったら・・・たぶん、今の僕はいないでしょう。

その時は、自分は「死ねなかった」って思った。
けれど。
今は「生かされた」のかな、って思います。
そう思わないとやってけない、ってのはあるけれど。(笑

でも、それ以来生きていることに感謝できるようになったのも事実。
どうせ死に損ないなんだ、そう簡単には最後までやりきって死んでやろうか、みたいな。
前よりは情熱的になれた気はする・・・けどね。
変わってないか、そうですか。
ただひとつ言えるのは、ちょっとやそっとじゃ逃げない図太さは手に入れた、そう思う。
そうでもない?うるせ。


そんなこんなの一年でしたが。
でも、この人のためなら死んでもいい、そう思える女性にも出会えた。
本気で好きになった・・・と思う。
なんだかクサイこと言ってる気がしてならんが。
この人のためなら、火の中水の中どこでもいける、みたいな・・・
守ってあげたい、そう思える女性に出会うことなんて、もう二度とないと思うけど。

結局守ってあげられなかったんだけどね。
守れなかった、苦しみに気付けなかったのは、自分の一生の汚点だと思う。
もう2度と会うことはないのだから・・・
そういう女性に出会ったら、2度と同じ過ちは繰り返したくないです。
うん、絶対に・・・

一度は言ってみたいね。
「あなたのためなら死んでもいい」
って。
クサイか。
どうせロマンチストですよ、ええ。


そんなことを思ってしまった、月曜の夜でしたとさ。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-01-16 00:44 | は○しケンイチ的日常
<< 就活とお受験 オリとカメン >>