<< 桜の花びら散る前に。 4月5日 >>

てがみにまつわるえとせとら

みなさま、おはようごぜぇます。


松坂、メジャー初登板初勝利らしいです。
それ以上に。
また楽天のマー君の勝ち星がつかなかったことの方が、重要なトピックだったりするわけで。

・・・別に楽天ファンでもなんでもないですけどね。
どうしても一場とマー君がかぶって見えてしまうわけで。
どうでもいい、といえば、どーでもいいお的な話ですが。


さて。
昨夜何通かお礼状を書きました。
入院中にお世話になった方々に。
ゼミの先生、就活中にお世話になった方・・・
国立と実家を往復する生活にも、ある程度慣れてきたのでね。
というか、正直ヒマなんですけどね。
(※就活中の方、失礼あそばせ)

それにしても。
手紙を書くたびに感じるものです。
自分の字の汚さに。
漢字はどうにかごまかしがきくんですよ。
ひらがなも、どうにかなる。
ただね。

カタカナだけはどーにもならん!
・・・そーゆーわけで。

カタカナを書こうとすると、急に手が震えだしてしまうのですよ。
ヤク中か、禁断症状でも起きてるんじゃないか的な震え方をしだすのです。

そんな症状の病気があるそうですよ。
単なるあがり症ですがなにか問題でも?

はいはい。
・・・あぁ、シュール・・・orz...


それ以上に。
どうも自分はペン字というものが苦手らしく。
ペンで何かを書く、という作業が本当に苦手なのです。
鉛筆だったらいいんですよ。
シャーペンでもいいのです。

要は、黒鉛はいいけどインクはだめよという、M菱鉛筆マンセー的な展開になりつつあるわけで。
・・・わかりにくいですか、そうですか。

どうしてもペンはだめなんですよねぇ。
どう頑張っても、あの滑り方に慣れないのです。
滑らかなのは、女性の肌触りと羽二重餅くらいで十分です。

・・・セクハラか?

えてして。
自分がスベってるんじゃないか、という単純かつ的を射たツッコミは受け付けませんのであしからず。

鉛筆のほうが、味があっていいと思うのですが。
筆圧が濃いからですかね?
ようわからんが、やっぱり鉛筆がすきなのです。


そんな話はおいといて。
手紙の書き出しについての話をば。

普段は「拝啓」からはじめるのですが。
それでは芸もなにもあったものではないわけで。
もちろん、「拝啓、父上様」などと倉本聡もびっくりだよ的な書き出し方も無いわけではないのですが。
でも、それも芸がないといえば芸がないわけで・・・

それでは。
「前略、おふくろさま」みたいな書き出しも風流なものか、なんて考えてはみたわけで。
・・・といっても。
自分、母親に手紙なんて書かないし。
とか思ってしまうわけで。
でも、「前略」という書き出しにどこか惹かれてしまう自分がいるのですよ。
そう思いません?
はいはい、思わないですよね。

で。
それでは「前略」を使ってなにかいい書き出しは無いだろうか、と。

・・・・・・・
ん~、思いつきましたよ。
柳葉敏郎ばりのバック宙をやりながら思いつきましてん。



前略、道の上から

・・・一世風靡セピアかい。

はいはい、おわりおわり。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-04-06 11:17 | は○しケンイチ的こころ
<< 桜の花びら散る前に。 4月5日 >>