<< 願わくば、我に七難八苦を与えよ 4月13日 >>

代理母という名のエゴ

おはようございます。


朝は、30分何もできないので、ヒマなことこの上ないわけで。
アクトネルって薬を飲むと、30分間絶対安静。
骨粗しょう症を防ぐ薬でして。
しかも・・・寝ちゃダメっていう。
ある意味悪魔の薬なわけで。
それでちょっとは生活のリズムが整えられるからいいんですけどね。

というわけで、ヒマなのです。
30分が。
長いったらありゃしない・・・orz...


やっぱりhotmail調子があまりよろしくないようです。
届いたり、届かなかったり・・・わけがわからん。
そろそろメーラー変えますかねぇ。
でも、めんどくさいなぁ。

先生に提出したレポート、届いてるのかな・・・?
聞くわけにもいかず、不明・・・orz...


さて。
最近また根津先生が話題のようで。
ええまあ、代理母ってやつですか。
自分は代理母については別に反対ではない。
だけど。
産まれてくる子供にしっかりとした説明責任を果せるのか。
法制度的な問題を乗り越えられるのか。
そういった課題を乗り越えた上で、という条件がつくけれど。
だから、現時点では反対、って言ったほうが正しいのかもしらん。

けれど。
つくづく人間とは身勝手な生き物だなぁ、などと思ってしまうわけで。
どうしてもこのトピックとどっかの厚労相の発言がシンクロしてしまうのですよ。
あれ、女性を産む機械に例えた、ってやつ。
明らかに代理母による出産って、女性を産む機械(=道具)としてしか捉えていないように思える。
しかも、かなり代償がでかい道具だろう。

片方で「女性は産む道具じゃない」と叫んでおいて、もう一方ではそれも仕方ないなどと容認してしまう。
なんなんだ、この自己矛盾は。
どうも自分には納得できないわけで。

ちょっと前に出てきた「冷凍精子」なんてのは、インスタントの味噌汁のもととなんら変わらないじゃないか。
命を創りだすって、そういうことなのかな?っていう単純な疑問はあって。
もちろん、それについては考え方は人それぞれだろうけれど。

代理母の問題はあらゆる視点から見ることができると思う。
例えば法制度、社会システム、経済、倫理、医療技術・・・
もっと細かく分類しようとすれば、できるはずで。
その細かくわけた項目ごとにOKという結果が出なければ、やるべきではないし、やってはいけないと思う。

これは夫婦だけの問題ではないし、産まれたからには社会全体、とは言わないまでもその子のいる地域コミュニティー内での問題にもなりかねない。

なんだかな。
今の議論を見ていると、倫理がどうのとか法整備がどうの、みたいな話は進んでいるけれど、その後の社会システムについての議論はあまりないような気がする。
自分が知らないだけかもしれんが。

少なくとも、親と一部の医者のエゴだけで決められるような問題では決してないわけで。
さて、どうなるか・・・
[PR]
by rinnken1228 | 2007-04-14 10:07 | は○しケンイチ的こころ
<< 願わくば、我に七難八苦を与えよ 4月13日 >>