<< ミッドタウンにいってきた 代理母という名のエゴ >>

願わくば、我に七難八苦を与えよ

みなさんこんばんみ。


今日はなかなかの洗濯日和でして。
そんな日に限って、ロクに洗濯物を干してないような人のことを、
空気の読めない人
とでも言うのでしょうか。

・・・ま、僕ですけどね。

やっぱりhotmailが使えません。
なんですか、届いたり届かなかったりって。
受信したりしなかったりって。
わけわかめですわ。
大学のメールに変えました。


ここ数日の朝食は納豆ごはんと味噌汁でございまして。
近くのコープにて、10食98円という破格の値段でして。
SHOP99より安いんでねぇか、これ。
いや、知らんが。

今日はちょっと変えてみようと思い。
キムチ納豆にしてみたとです。
・・・あんま変わってないとです。
べつにいいとです。

キムチ納豆、初めて挑戦してみたものの、意外といけるんですねぇ。
びっくり。
これから定番にしようと思っておる次第であります。
これに卵とかあればいいんだろうけどね。
苦手な料理がゆで卵の僕には、卵の扱いは非常に難しいのですよ。

・・・筋肉マンもビックリだよ!

ちなみに夕飯は豚キムチ焼うどん。
・・・結構攻めたけど、意外といけた。
色は毒々しかったけどね。
じぶんのしたがおかしいわけではありませんあしからず。


さて。
今日は同じネフローゼの患者さんとお会いしてきました@国立。
僕と同じ年齢で発症して、4年目(合ってますよね?)の女性。
ask a giraffe近辺で僕のことをフライデーしたって、何も出てくるものはありませんよ。

たすく氏に薦められた、邪宗門にしようとも思ったのですが。
大学通りの桜が見れたほうがいいかもと思い、ask a giraffeに。
もう、半分葉桜なんですけどね・・・orz...

色んな話を聞けてよかったと思います、正直。
やっぱり、百聞は一見に如かず、なーんていいますしね。
医師の先生や看護師さんからのアドバイス以上にやっぱり重みってのがある。
経験者の言葉には。
正直なはなし、右も左もわかってませんから、どうやってこの病気と付き合っていこうかなんて。
ひとつの個性として受け容れていこう、とかなんとか思ってみようとしたり、口では言ってるけれど。
やっぱり踏ん切りのつかない自分もどこかにいるわけで。

実際に同じ病気と闘っている方と会って話してみると、どことなーく安心するわけで。
勇気付けられる、というか、背中をポンと押された気分になる、というか。

それにしても。
やっぱり再発はするもんだ、って考えておいた方が良さそうなようで。
もちろん、個人差はあるけどね。
何度も再発する人もいれば、全くしない人もいて。
当然、後者になるに越したことはないんだけど。
後者になる確率は30%程度。
7割の確率で再発・・・と。
ま、それも宿命か。

お酒をガバガバ飲む人でも肝臓ガンにならなかったり、
タバコをスパスパ吸う人でも肺ガンにならなかったりするように、
どんなに不摂生をしていても、再発しない人もいる。
逆にどんなに規則正しく生活していても、なる人はなる。
そればかりは自分でどーにかなるものでもなく。
うん、それは神のみぞ知ること。

ただ。
やっぱり無理をしすぎないことが一番大切、とも言われまして。
そのとおり、だと思う。
頭ではわかってる、頭ではわかっているのだけど・・・

どうしても我慢ができなくなっちゃうんだな。
隣の芝は青く見えてしまうんでしょう。
バリバリ働いている姿にも憧れるし、なんせ自分が将来やりたいことっていうのは、そういった仕事だから。
でも、少なからず制約がついてくる。
僕の場合は。

どこかに自分をセーブしなきゃいけない部分が必ず出てくる。
食事もそうだろうし、もちろん仕事についても。
そこの折り合いをどうやってつけるか・・・
そういうことは頭ではもちろんわかっているわけで。

でも、できない・・・
もちろん、それは誰もが通ってきた道だろうし、同じことで苦しんできたのだろう。
誰もが時間を掛けて、自分なりの答えを落としたのでしょう。
だから、自分も時間を掛けて自分なりの答えを出そう、とは思っておる次第ではありますが。
まさに、願わくば我に七難八苦を与えよ、ですな。
山中鹿之助かい、と。

苦しませていただきますよ、ええ。
・・・ドMですから。


でも、本当に色々と話せてスッキリしました。
そしてもう1つ気がついたこと。
やっぱり自分は恵まれてるんだ、ってことに。
当然のことだけどね、はい。

じゃあ、ずいぶん前のインタビューのメモおこしをして、寝ますかね。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-04-14 22:53 | は○しケンイチ的日常
<< ミッドタウンにいってきた 代理母という名のエゴ >>