<< 4年ぶりの再会 鉄は国家なり >>

卒論「食」

昨日はあろうことか、すべての授業が休講でした。
授業に行こうと思ったら休講。
授業を休もうと思ったら、出欠取る。

なんなんですかね、このタイミングの悪さは。
ええまあ、授業に出ろということでしょうか。


バタイユの「宗教の理論」を読んでます。
卒論の内容とリンクしてるから、とたすく氏から借りました。
が。
またーくわかりません。
つーか、難しすぎます。

ちなみに、卒論では「食」をテーマに扱おうかと思っております。
決まってるのは、まだそれだけ。
さて、どうなることやら。
辺見庸の「もの食う人びと」に似た感じになるのだろうとは自分では思っておりますが。
それとはまた違った視点から、「食べること」を捉えてみたいもの。
病人、勝者、敗者、料理人、農家、漁師・・・
様々な人の食べる姿を見て、「食べること」を炙り出していけたらなー、と。
うーん、難しい!
だれか、アドバイスください。

ちなみに。
先日、す○家の
メガ牛丼
なるものを食べました。
バレー部のさ○たさんも食べてましたからね。
ご飯は大盛り、具の牛肉は3倍盛り、らしい。
さっそく食べました。
んー。

んーーー。。。

んーーーーーーー・・・・・

牛肉大杉じゃね?
ごはん、大盛りじゃなくね?
ふつーに胃もたれ起こしました。
そのあとのシフトが苦痛なことこの上なかったす。
そんな今日この頃。


これから某外資系企業に行ってきます。
いわゆる、
記念受験
てやつですかね。
こんな自分が内定もらえるわけないじゃないですかー。
内定もらったところで、働けるわけないじゃないですかー。ww
そもそも株が何なのか、ってところからわかってませんからね。
株と聞くと、小渕首相しか連想できません。

そんな、情報棟での出来事でした。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-10-30 11:54 | は○しケンイチ的日常
<< 4年ぶりの再会 鉄は国家なり >>