<< ああでもなく、こうでもなく① ひと夏の経験 >>

民族衣装で街中をほっつき歩いた件

タイトルのまんまです。
それは一昨日と昨日の2日間にわたるできごとでした。

先日、マレーシアを通った際に、民族衣装的なものを買ったのですよ。
KLを歩いていても、ちょくちょく見かけていて、いいなーとか思ってたんですよ。
日本でも着られると思ったわけです。
KLってのは、クアラルンプールの略です。
粋がってごめんなさい。

で、着てみたわけ。
それでバイト行こうとしたわけ(帰宅後撮影)。

b0044288_1250789.jpg



いや。

いや。

いや。

どう見ても女装でしょ。
(帰ってから気がついた)


家を出るまで、いや、駅に着くまでは大丈夫だろうと思ってたわけです。
日本でも着れるだろうと。
その認識が甘かった・・・

電車に乗り込んだとたん、周囲からの冷たい視線を浴びましたからね。
座ったら、両隣が席を立つという、悲しい展開。
やっとこさ、ことの重大さに気づいたわけです。

近くに座っていたおばあさんからはこんな小言も言われました。
「もう少し男らしい格好をしなさい」
と。
あの・・・これ男物です。
マレーシアでは・・・
釈明するのもめんどくさかったので、
「ごめんなさい、出来心です」
って答えておきましたww

女装をしようなんてつもりなど全くなかった分、ダメージもでかかった。
自爆、とゆーか、自らすすんで羞恥プレイを味わいに行くという荒行をこなしてしまったわけで。
これ、かなり修行になります。
精神力は鍛えられると思いまつ。

途中から、「日本の常識は世界の非常識なんだよバカヤロウ」ということを伝えるためにこんな格好してんだよ、と自分に言い聞かせていました。
うそ、言い訳してました。

この件で、服装はTPOをわきまえろということを学びましたね。
きっと、どこかで役立つはずです。

でも、またいつか着てみたいと思います。
べ、別に女装してみたいなんて言ってないんだからね!!
[PR]
by rinnken1228 | 2008-09-19 13:02 | は○しケンイチ的日常
<< ああでもなく、こうでもなく① ひと夏の経験 >>