<< @雑誌棟2階 「批判」し続けること >>

そんな時代もあったねと いつか話せる日が来るわ

エクセルの使い方がわかりません。
ピポットテーブルって、何ですか?
どうやったらグラフが描けるんですか?
むしろ、セルの中でどうやったら改行できるんですか?
今さら的な質問ですが、わかりません。
いや、まじで。

大学でLAN接続できるんですね。
最近、世の中の急激な変化についていけなくなりました。
社会に取り残されたように感じ始めると、思想が保守的になるんですね、わかります。
get wild and toughなんかにゃなれそうにないっす。
そろそろゲートボールでも始めようかしら。

ここ3ヶ月、髪なんて切ってやいないのに、「髪切りました?」ってよく聞かれます。
ですよね、薄くなってますもんね。
なんて家計にやさしい私の頭髪。

卒論が終わりません。
今週中に、資料そろえるとか何とか豪語しましたが。
たぶん、前言撤回。
新聞の言説分析になる予定です。
広告なんて、入れてる余裕はないです、しょーじき。
ですが、どこまで深められるのか。
想像力との勝負です。

昔の新聞は面白いですね。
もっそい感情的だし。
容疑者の名前が呼び捨てだし。
むしろ、子供が「坊や」と「お譲ちゃん」だからね。
しかも、「たんぱく質をとりましょう」って書いてるけど、何に含まれてるのか書かれてないし!!
ふつーに死体の写真が写ってるしさぁ。
なんつーの、自由だね、自由。

フリーダム!みたいな。

でもさ、こーゆー時代もあったなぁ、とは自分は生きていたわけじゃないから実感することはできないけれど。
ただ、昔の新聞をみると、確実にその時代に、生活があって、思想があって、対立があって、恋があったんだなぁ、って実感するし、だからこそ自分もいまをいきてるんだなぁって思う。
逆説的にというか、なんというか。

ちょっぴり、人間の歴史というものも、雄大なものかなぁとか何とか思ってしまいました。
そんな歴史に自分たちは作られ、そんでもってこれから作っていくんですねぇ。
[PR]
by rinnken1228 | 2008-11-08 13:43 | は○しケンイチ的日常
<< @雑誌棟2階 「批判」し続けること >>