カテゴリ:は○しケンイチ的こころ( 160 )

まっすぐな道で転んだとしても君の手を引っ張って離さない大丈夫さ

みなさまこんにちは。

チャットモンチーのシャングリラのPVがなかなかいいとです。
特に、イントロの部分の映像がいいです。
誰が作ったんでしょうね?
気になるとです。


NIKKEIプラス1の特集が面白いとです。
夫に言われて傷ついた一言ランキング。

1位は・・・
君も太ったね
だそうです。

うーん。
仕方ないんじゃない?事実だから。
・・・そう思うのですがダメなんですかね。
夜、上に乗せてみたら重過ぎて圧死したとか、シャレになりませんからね、ええ。

・・・そういう発想しかできない僕は問題なのでしょうか?
いや、それが正常なはずで。

毎日誰かしらに「太った?」と聞かれる僕はどうしたらいいのでしょうか?
別に幸せ太りとかしてませんから。
むしろ、今すぐにでも幸せって何だっけに出演してみたい。
細木数子女史のお言葉を頂戴したい。

T光さんにすぐにでも話をつけてもらいたいものです。

仮に。
僕がまさかのまさかで結婚したとしても。
そんなことは間違っても言わないでしょう。
というか、言えるような家庭環境ではないでしょうきっと。

もちろん。
Nさんなら太らないでしょうからね。
太ったNさんなんて想像したくもないわけで。
いや、想像できないわけで。

・・・はいはい。
未だに過去にしがみついておりまして。


ちなみに。
夫に言われてうれしかった一言は・・・
「おいしいね、ごちそうさま」
だそうで。

この結果を見て、K本教授はどう思うのでしょうか?
むしろそっちが気になりますが。


妻に言われて傷ついた一言、も調査しないのかなぁ、とか思っているわけですが。
そんな午後のひとときなわけですが。

明日は統一地方選の投票日だそうで。
毎日のように家の前を選挙カーが行ったりきたりすると、気が滅入ってくるわけで。
軽くネフローゼノイローゼ状態であります。
急いでいるのに握手を求められたり、核の見えない演説を聞かされて、気分が悪くならないわけがありませんわな。

とある候補者が手を振ってきたので、満面の笑みで手を振り返してあげたわけですよ。
そしたら・・・
ふつーに流されまして。

そんな残念な子にも清き一票を投じてほしいわけで。
M村ゼミ内でゼミ幹を選挙で選ぶとしたら、誰がなるのでしょうか?
その前に、僕には票が入るのでしょうか?


そんなわけで。
どんな人が立候補しているのか、みてみようと思いまして。
b0044288_1622097.jpg

↑市議会議員候補者のポスター
定員は知りません。
でも、結構多いですよね?

b0044288_16232971.jpg

↑市長候補者
なんだか、華がないように感じてしまうのは僕だけでしょうか?
やはり、前の市長は良くも悪くもインパクトが強かったですからね。
そのあとの市長ってのは、いろいろとプレッシャーがかかることでしょう。
誰がなったとしても。


その中で、なかなか面白いポスターを見つけたので、取り上げてみます。
b0044288_16252551.jpg

↑とある無所属候補のポスター
まぁ、いいたいことをわかりやすくは書いていると思いますが。
どうなんでしょうね、この二項対立的な書き方は。
勧善懲悪・・・とでもいうのでしょうか。

ただ、表現がどれも抽象的なんだなぁ。
なにをやるのか、が具体的に見えてこない。
抽象的なことを何個か並べるよりは、1つについて深く掘り下げた方が懸命だと思いますがね。
どこかごった煮的な印象は拭えない。


b0044288_16285766.jpg

↑イラストって・・・どうなんですかね?
「大好きな国立市の改革に挑戦!」ってことは・・・
失敗する可能性もありますよ
ってことを暗に言ってるともとれますよね?
揚げ足取りですか、そうですか。
でも、言い訳には使える。
というか、絶対に使ってくるはずだ、失敗したら。


ま、国立に住民票移してないから、投票はできないのですが。
さて、どーなることやら。

決戦は日曜日♪
[PR]
by rinnken1228 | 2007-04-21 16:37 | は○しケンイチ的こころ

乳がんとかピンクリボンとかボランティアとか

みなさまこんばんみ。


今日はゼミが早く終わりまして。
結構な人数でアフターができたという@はたご。
女性陣も結構来てくれてうれしかったという。
普段は男会になる確率が高いですからね。

女会にはどこか花を感じるのですが、男会には花というよりも汗臭さしか感じないのは気のせいでしょうか?

最近の話の中心は、やっぱり就活で。
就活ドロップアウト組の僕にはよくわからない話も多く。
ま、来年に活かそうとか思いつつ聞いているわけで。

でもね。
「もう1年いようぜ~」
などと空気読んでない発言とかもしたくなっちゃうわけで。
読めないんじゃない、読まないんだよ。




だって。
だって・・・








かまってほしいんだもの。


ウサギは淋しくなると死んじゃうんだよ?
byのりぴー

というわけで、誰か、かまってください。
誰でもいいです。
フリーダムです。
SHINJOです。


・・・・・・

とあるブログで紹介されてたツンデレ度チェック
早速やってみた。
久しぶりだね、こういうのやるの。


rinnkenさんのツンデレ度は、 90 度です。

ランク:A (A~E)

偏差値:62.2

順位:28,464位 (284,220人中)

総評 :ツンデレすぎです。ツンデレのせいで嫌われずに気を付けてくださいねッ。
・・・余計なお世話だ!

rinnkenさんのラッキーアイテム:ピンクの小物・
・・・なぜに瓦???ピンクの小物など、持ってません。
でも、最近エセ爽やか志向なので、ピンク系にも手を出そうと思います。



さて。
昨日はとあるボランティアスタッフの面接に行ってまいりました@代々木八幡。
Run for the Cure FoundationというNPO団体。
ピンクリボンに代表されるような乳がんの啓発活動や、いろんな方法で寄付金を募って病院にマンモグラフィーを提供する団体なんです。
3000万円とか集めちゃう団体だから、結構大きな団体でして。

日本における乳がん発症の増加率は世界一だそうです。
毎年、日本人女性のうち、25人に1人が乳がんと診断されるそうです。
毎日、26人の日本人女性が乳がんで亡くなるそうです。
欧米諸国では60~80%の女性がマンモグラフィ検診を受けていますが、日本では3%だそうです。
検診率を欧米諸国並みにすれば、もしかしたら乳がんでの死亡率を減らせるのかもしれません。

それらの原因はいろいろあるのでしょうが、啓発活動を行うことで乳がんの認知度を高めることが大事なのかもしれません。


入院した経験から、医療関係には多少なりとも興味があって。
もちろん、医療関係といっても漠然としてはいるのだけれど。
ただ、医療の現場に実際に足を踏み入れてみることで、そこから自分自身、感じることもあるだろう。
そう思って応募してみたわけです。

僕自身は臨床で貢献できるスキルはないのだから、バックアップ的な仕事でもいい。
とにかく、その現場で起きているモヤモヤみたいなものを、解決できるのに少しでもお役に立てればいいのです。


というわけで早速、来週から働くことになりまして。
もちろん無給ですが。
週に1度だけ、小田急線ユーザーになります。
いきものがかりです、ええ。

仕事の内容は事務の補助など。
電話の受付とか、メールの確認とか、最初のうちはそんな雑用が主だそうで。
今の時期はヒマ、だそうです。
乳がん月間の10月直前は物凄く忙しいらしいのですが。
それが近くなれば、企画のスタッフにも入れてくれるそうです。


ですが。
英語がしゃべれないといけんのだそうで。
たしかに、事務所外人多かったよなぁ。
英語Ⅰ再履修レベルの僕に、つとまりますかどうか。
英文なら読めるでしょうよ。
でも、英会話なんてむり、無理、ムリ・・・orz...
Katに英会話のレッスンしてもらおうかしらん。

そんでもって。
Excelの技術に多少の不安があるので、できるシリーズを買おうと思います。
Book OFFにあるでしょ、きっと。

・・・と思ったら事務所のパソコン、Macだったよ・・・


今の心境、どこか高校2年の頃に似ています。
何もしていなくて悶々としていた時に出会った文実とASYS。
今は、それが神楽坂とこのNPOであって。

今まで溜まりに溜まったフラストレーションを、思い切りぶつけられれば、と思っていますが。
どれだけ力になれるかどうか・・・
でも、環境がガラリと変わったから、可能性も広がった、と思いたい。
いや、そう信じたい。
いやいや。そう信じてる。


自分の力で何かを巻き込んでいけたらいいな。
少しずつ、そして着実に・・・
[PR]
by rinnken1228 | 2007-04-19 22:00 | は○しケンイチ的こころ

代理母という名のエゴ

おはようございます。


朝は、30分何もできないので、ヒマなことこの上ないわけで。
アクトネルって薬を飲むと、30分間絶対安静。
骨粗しょう症を防ぐ薬でして。
しかも・・・寝ちゃダメっていう。
ある意味悪魔の薬なわけで。
それでちょっとは生活のリズムが整えられるからいいんですけどね。

というわけで、ヒマなのです。
30分が。
長いったらありゃしない・・・orz...


やっぱりhotmail調子があまりよろしくないようです。
届いたり、届かなかったり・・・わけがわからん。
そろそろメーラー変えますかねぇ。
でも、めんどくさいなぁ。

先生に提出したレポート、届いてるのかな・・・?
聞くわけにもいかず、不明・・・orz...


さて。
最近また根津先生が話題のようで。
ええまあ、代理母ってやつですか。
自分は代理母については別に反対ではない。
だけど。
産まれてくる子供にしっかりとした説明責任を果せるのか。
法制度的な問題を乗り越えられるのか。
そういった課題を乗り越えた上で、という条件がつくけれど。
だから、現時点では反対、って言ったほうが正しいのかもしらん。

けれど。
つくづく人間とは身勝手な生き物だなぁ、などと思ってしまうわけで。
どうしてもこのトピックとどっかの厚労相の発言がシンクロしてしまうのですよ。
あれ、女性を産む機械に例えた、ってやつ。
明らかに代理母による出産って、女性を産む機械(=道具)としてしか捉えていないように思える。
しかも、かなり代償がでかい道具だろう。

片方で「女性は産む道具じゃない」と叫んでおいて、もう一方ではそれも仕方ないなどと容認してしまう。
なんなんだ、この自己矛盾は。
どうも自分には納得できないわけで。

ちょっと前に出てきた「冷凍精子」なんてのは、インスタントの味噌汁のもととなんら変わらないじゃないか。
命を創りだすって、そういうことなのかな?っていう単純な疑問はあって。
もちろん、それについては考え方は人それぞれだろうけれど。

代理母の問題はあらゆる視点から見ることができると思う。
例えば法制度、社会システム、経済、倫理、医療技術・・・
もっと細かく分類しようとすれば、できるはずで。
その細かくわけた項目ごとにOKという結果が出なければ、やるべきではないし、やってはいけないと思う。

これは夫婦だけの問題ではないし、産まれたからには社会全体、とは言わないまでもその子のいる地域コミュニティー内での問題にもなりかねない。

なんだかな。
今の議論を見ていると、倫理がどうのとか法整備がどうの、みたいな話は進んでいるけれど、その後の社会システムについての議論はあまりないような気がする。
自分が知らないだけかもしれんが。

少なくとも、親と一部の医者のエゴだけで決められるような問題では決してないわけで。
さて、どうなるか・・・
[PR]
by rinnken1228 | 2007-04-14 10:07 | は○しケンイチ的こころ

留年ごときで命を絶つやつがおるらしい

おはようございます。


気持ちのいい朝でございます。
昨日の雨は何だったのでしょうか?
完全に濡れて帰りましたが…

もう、あっちもこっちもヌレヌレだぁ
などと、官能小説によくあるフレーズを使ってみるとです。
・・・朝から何を言うか。

とか言いつつ。
また雨が降るとか降らないとか。
・・・洗濯機かけちゃってるんですけど。
ま、昼に一度帰ってくるでしょうからその時考えよう、ということで。


いつになく、こんな朝早くに目が覚めてしまったわけで。
4時には起きてましたからね、もう。
それもそのはず、寝たのが昨日の9時過ぎですから。
あ、もちろん夜の、ですよ。

ゼミ論の中間報告書を書いていたのですが、途中でちょっと布団に横になったら・・・
そのまま爆睡、と・・・
夢の中へ、夢の中へと井上陽水にいざなわれてしまいましたよ。

・・・よくあるケースやね。
中間報告書、どうにか仕上げました。
内容?かなりひどいです。
内容がないよう、とか言っちゃいそうです。
さむいですかそうですか。

もう朝食も食べてしまいまして。
コンソメスープ(昨日の残り)と納豆ご飯。
野菜が大量に残っていたのでね、簡単に言えばごった煮ですよ。
というわけで、大学の時間までヒマなわけで。

そろそろ「表徴の帝国」も読み終えなきゃいかんなぁ、と。
同じ章を何度も読み返しているだけで、先に進みません。
だって、意味わからないんだもん。
いい加減、ボードリヤールやら田中康夫も読まなきゃいかんし・・・
あぁ、自分の理解力のなさには辟易するわけで…orz...
どうしましょ、K保田助けて。


ところで。
某T経済大学で自殺者が出て、どーのこーの、って話になってるとかなってないとか。
なんだかね、テレビでやってる内容しかしらないからよくわからないけど、その教授も人間的におかしいとおもうけど、自殺した生徒もその程度の人間だったんでしょ?って思っちゃう。

学生が悩んでいるのであれば、その悩みを少しでも減らすことができるようにするのが教育者としてのあるべき使命だとは思う。
そういう意味では、大学側の「教育的配慮に欠けた」っていう懲戒解雇の理由はなんとなくうなずける。
いま報道されているメールのやり取りだけじゃなくて、「留年するぞ」なんて毎回プレッシャーをかけ続けるのはある意味アカハラの域に達しているわけで。
もうちょっと他の指導の方法もあったはずで。
そういう意味では人間的にどうなのこの先生は、とは思うわけで。

ただ。
悪いのは本当にこの人だけか?っていったらちょっとそれは疑問がある。
なんでそんなことで自殺するんだ?
その自殺した本人にとって、もう1年大学に残ることがそんなにリスキーなことだったのか。
どういう人生設計をしていたのかは知らないけれど、留年がそこまでリスクを背負うことになるとはあまり考えられないわけで。
それとも、そんなに大きく影を落とすものだったのか。
だとしたら、自分も相当なリスクを背負っているわけですが。
留年決定ですからねぇ。

その学生自体に自分はそれ相応の落ち度があったように感じてならんのですわ。
いや、落ち度っていう表現が正しいかどうかは知らんが。
そんなにナイーブで社会に出てやっていけるのかなぁ?なんて思ってしまう。
要するに心が弱かったんだろ?
違うのかな?
普通、メールで自殺しますなんて送りますかね。
送られてきた方にとっても、なにかの冗談だって思うのが普通でしょうきっと。
ただ単にかまってほしかっただけだろ。
甘えてるだけじゃん。
死んだ人を批判するのは良くないんだろうけど、同じような立場にいる人間からみると、バカバカしく思えてくるわけで。

大学側の対応もおかしい。
免職にするのは他にも理由がありそうだから置いとくとしても。
学問に高度もクソもあるものか。
これより上は大学院レベルで、これより下は大学で教えるレベル、っていう具体的な線引きはないだろう。
そうしたら、ゼミなんてやっていけなくなると思うけれど。
そーゆー考え方があるからいけんのだよきっと。
だったら、大学で何教えたらいいんですかね?
あの大学では、アダムスミスは教えちゃいかんらしい。
バカバカしいね。
社会学部の自分でもわかりますよ、少しくらいは。

上手い対応をしたように思っているのかも知れないけれど、結果的にそれは自分の首を絞めていることに気付いてないのかな。
大学の品格、ってやつか。
なんだかなぁ。


うちのゼミも、
ゼミ論書けなかったら即留年
とかないですよね?

勘弁してね、そういうの。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-04-12 08:34 | は○しケンイチ的こころ

終わってるな、じぶん。

正直思います。

あ~、自分て周りの人を気遣うことができないな~、と。
困っている人、悩んでいる人を助けてあげることができないな~、と。
空気を読むってのは大嫌いだけど、相手の気持ちを考えられないのは嫌だ。

相手の目線に立って考えることができないんだよな。
だからアドバイスしても自分本位。
相手に介入しすぎるんかな。

でも、どうしても自分を抑えることができん。

こうすればもっといいのに
とか思うと、どうしても言ってしまう。
そして・・・予想通りの結果。

ひ~。
また、今日も誰か傷つけてしまったかもしれん。
自分は良かれと思っても。

あぁ、なんだかなぁ。
自己嫌悪。

どうやって治せばいいんですかね、こーゆーの。
もう治らんのかね。
誰か、教えてくらはい。

プレドニンでどーにかなるかな?
ならねぇよ。
・・・はぁ、シュール・・・orz...

はぁ・・・
ゼミ論書こ。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-04-09 23:21 | は○しケンイチ的こころ

てがみにまつわるえとせとら

みなさま、おはようごぜぇます。


松坂、メジャー初登板初勝利らしいです。
それ以上に。
また楽天のマー君の勝ち星がつかなかったことの方が、重要なトピックだったりするわけで。

・・・別に楽天ファンでもなんでもないですけどね。
どうしても一場とマー君がかぶって見えてしまうわけで。
どうでもいい、といえば、どーでもいいお的な話ですが。


さて。
昨夜何通かお礼状を書きました。
入院中にお世話になった方々に。
ゼミの先生、就活中にお世話になった方・・・
国立と実家を往復する生活にも、ある程度慣れてきたのでね。
というか、正直ヒマなんですけどね。
(※就活中の方、失礼あそばせ)

それにしても。
手紙を書くたびに感じるものです。
自分の字の汚さに。
漢字はどうにかごまかしがきくんですよ。
ひらがなも、どうにかなる。
ただね。

カタカナだけはどーにもならん!
・・・そーゆーわけで。

カタカナを書こうとすると、急に手が震えだしてしまうのですよ。
ヤク中か、禁断症状でも起きてるんじゃないか的な震え方をしだすのです。

そんな症状の病気があるそうですよ。
単なるあがり症ですがなにか問題でも?

はいはい。
・・・あぁ、シュール・・・orz...


それ以上に。
どうも自分はペン字というものが苦手らしく。
ペンで何かを書く、という作業が本当に苦手なのです。
鉛筆だったらいいんですよ。
シャーペンでもいいのです。

要は、黒鉛はいいけどインクはだめよという、M菱鉛筆マンセー的な展開になりつつあるわけで。
・・・わかりにくいですか、そうですか。

どうしてもペンはだめなんですよねぇ。
どう頑張っても、あの滑り方に慣れないのです。
滑らかなのは、女性の肌触りと羽二重餅くらいで十分です。

・・・セクハラか?

えてして。
自分がスベってるんじゃないか、という単純かつ的を射たツッコミは受け付けませんのであしからず。

鉛筆のほうが、味があっていいと思うのですが。
筆圧が濃いからですかね?
ようわからんが、やっぱり鉛筆がすきなのです。


そんな話はおいといて。
手紙の書き出しについての話をば。

普段は「拝啓」からはじめるのですが。
それでは芸もなにもあったものではないわけで。
もちろん、「拝啓、父上様」などと倉本聡もびっくりだよ的な書き出し方も無いわけではないのですが。
でも、それも芸がないといえば芸がないわけで・・・

それでは。
「前略、おふくろさま」みたいな書き出しも風流なものか、なんて考えてはみたわけで。
・・・といっても。
自分、母親に手紙なんて書かないし。
とか思ってしまうわけで。
でも、「前略」という書き出しにどこか惹かれてしまう自分がいるのですよ。
そう思いません?
はいはい、思わないですよね。

で。
それでは「前略」を使ってなにかいい書き出しは無いだろうか、と。

・・・・・・・
ん~、思いつきましたよ。
柳葉敏郎ばりのバック宙をやりながら思いつきましてん。



前略、道の上から

・・・一世風靡セピアかい。

はいはい、おわりおわり。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-04-06 11:17 | は○しケンイチ的こころ

嗚呼、うつくしき履修計画哉

おはよーごぜぇます。

入院中以上に、ブログの更新を頑張っているような気がするのは気のせいでしょうか?
だって、それ以外にやることないんだもん。(←うそ。

ええまあ、怠けているだけですがなにか?

さて。
いま、「表徴の帝国」(ロラン・バルト著)を読み始めまして。
なかなか、難しいのですよ。
初ロラン・バルト。
零度のエクリチュールとか、読んだことないけど。

ちなみに、ロラン・バルトの日本文化論、らしい・・・
入院中に某ゼミテンが持ってきてくれた差し入れで紹介されてて、読んでみることに。
内容、まったく理解してませんが。

すげーよなぁ、日本文化論とかやってる人はこういうの簡単に理解しちゃうんだろうからなぁ。
すげぇ、本気で尊敬。誰か、今度解説してくらはい。

・・・入院中より、読書量が極端に落ちてるな。
新聞もあまり読まなくなったし。
・・・そんなもんか。

昨夜、先生に手紙を書こうとか言っていたのですが。
結局書かずに、今年の履修決め・・・orz...
まぁ、こんな感じでいこうかと考えておる次第なわけですよ。

・・・ではごー。

●月曜
1限:政治史(吉田裕)
はは、鬼門ですよ鬼門。僕にとっての。
「は○しケンイチ=吉田裕を落とす」という負の方程式をそろそろ払拭したい今日この頃。
授業サボった日に限って、出席とるんだよなぁ、この人。

2限:国際社会学Ⅰ(伊藤るり)or法社会学(河合幹雄)
どっちにしようかまだ迷い中ですが。
ガイダンス行ってから決めようか、と。
法社会学のほうが可能性は高いかな。
でも伊藤るりが美人だったらそっちにするかも。
・・・そんなわけで、ガイダンス次第。

●火曜
完全オフ

●水曜
完全オフ

●木曜
1限:社会調査論(濱谷正晴)
いや~、よかったよかった。ここまでチョンボ残しておいて。
1限・・・多分起きれるでしょう、きっと。

2限:雇用関係Ⅰ(西野史子)or計算機概論(角田博保)
これは計算機概論の抽選次第。
4年になってまで、数理で苦しんでおります。
もう数学は・・・諦めましてん。

3限:家族社会学(木本喜美子)or計算機概論(角田博保)
これも抽選次第。
ま~、3限は家族社会学しかないでしょ、ここは。
木本教授は、レポート出せば通るし。(←レポートが届かなかった人・笑

4限:ゼミ

●金曜
3限:社会心理学Ⅰ(安川一)
この先生、知らないけど取ってみようか、と。
実は心理学系って取ったことないんですよね~。
なんて。
あ、1年のときに取ったか。ほとんど出てないけど。

4限:企業の社会的責任(松本恒雄)or現代労働組合論(浅見靖仁)
いまはやりのCSRってやつです。
法学部の授業なのね・・・うーん。どうしましょ。

5限:医療産業論(須磨忠昭)@東京医科歯科大
え~、お茶の水デビューしちゃいます。
一人で行くのは嫌なので、岡部を連れて行きますが。
医者の卵をつかまえといて、逆玉の輿なんてのも悪かないでしょ。

●集中講義
健康増進政策論・医学総論(河原和夫)
ま、今年(夏学期)のテーマの1つだしね、医療は。
やってやろうじゃないの、と。

こーんなかんじでいこうと思います。
4月病じゃなければいいけどね。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-04-05 09:56 | は○しケンイチ的こころ

1年の計は4月にあり

おはようございます。

今日提出の履歴書が書けんとです。
別に就活まったく関係ないですが。
ええまあ、最近はやりのインターンシップなるものを見てみようと思ったわけですよ。
・・・あんなに小馬鹿にしてたのにね。
すいません。

ま、食わず嫌いも良くないだろうと思い直し。
実際に体験してみて、そこから最終判断をすればよいか、と。
どーせ、1年間丸々空いたんだからね。
やりたいよーにやらせていただきますよ。

ま、金が稼げればいいんですけどね、つまるところは。
ただ、ロジカルな考え方とかはそれなりに身につけたいな、とは思っていたり。
あくまでも、学業の延長上。中心は大学だからね。

いろんな方から「無理するな」って言われるけれど、言われれば言われるほど焦るわけで。
気持ちは、本当にありがたいんですけどね。
すごく心配してくださることに、感謝・感謝・多謝。
でもさ、これからは無理しないこと自体ができなくなってくるわけだからさ。
否が応でも体をいじめなきゃいかん。遅くとも2年後には。
で、それで再発したら、自分はその程度の人間だった、ってこと。
それ以上でもそれ以下でも、ないわけで。

それで。
今日面接があるんですよ@西新宿。
なんか、マッチングの面接、とか言われたけどよくわからん。
なんか、インターンのハローワークみたいなとこらしい。(←勝手な解釈
で、履歴書書いて持ってこい、と。
フォーマットは指定されていて。
なんだか色々と書かせられるみたいですよ。

・・・なになに?(以下箇条書き)
・一番印象に残っている思い出
・今まで挑戦したことでの成功
・今まで挑戦したことでの失敗
・熱中していること
・組織内の役割と気をつけていること
・長所と短所
・業務を通じて身に付けたいこと(スキル面・ヒューマン面)
・将来のキャリアプラン
・自己PR

・・・なるほどね。
まぁ、成功体験なんてほとんどありませんからねぇ。
逆に失敗ならたくさんありますよ。
合コンのお誘いに3回失敗したとか、お持ち帰りできなかったとか。
合コン以外でも色々ありますけどね。

警官10人くらいに囲まれて、強行突破を試みるも、あえなく御用。

・・・いちお、挑戦でしょ?だめ?
ま、頑張って書いてみようと思ふ。

そんなわけで、4月です。
少しずつ、4月病にかかりつつあるようで。
5月病にならないうちに、今年の目標を5つ掲げてみますか。
ではごー。

1.写真のある生活
前の、レンズにカビが生えたからな~。
もう、いい加減使えません。(←保存状態が悪かった
中古だったら10万弱で買えるだろうし。
キャノンのEOSかオリンパス、ニコンあたりにしようかな。
EOSの7sとか、デザイン的にはよさそう。
今日、新宿ついでに覗いてみます☆

2.医療
今年のテーマでもあり。
医療関係の授業もいくつか取ってみようか、なんてね。
もしかしたら、金曜は医科歯科大の授業を取ってるかもしれません。
誰か、取らない?

医療関係っていっても、その範囲は広いわけで。
病気腎だってそうだし、はたまた薬害とか医療ミスなんてのもそう。
ガン研究だってそうだろうし、保険なんてのも医療のトピックに入るんじゃないかな。
その中でも、特に「食」ってテーマで見てみたいと思って。
その中でも、「QOLと食」みたいな・・・(QOL=Quolity of Lifeの略)
ちょー漠然。

でも、生き方と食べ物って一番密接に関わっているような気がするからね。
だって、「食べる」と「生きる」って、≒の関係でしょ?ほとんど。
まずは、もうちょい本を読んでみるか。
インタビューとかは・・・できねーだろーな。

3.書を捨てよ、街へ出よ
寺山修二か、と。
本を捨てる気なんて、さらさらありませんが。
ふらっとどっかの街に行って、ふらっと写真を撮ってきたい。
ただ、それだけ。

都会の風景でもいい。公園で遊ぶ親子の姿でもいい。
はたまた、六本木ヒルズのパーティーの様子でもいい。(←行けるわけないけど
下町で日向ぼっこする猫でもいい。

そんな日常の姿を、フィルムに収めたいだけ。
どこにでもあるような日常でも、どこにもないような日常でも。

4.四国、そして死国
はい、なんなんだ、この縁起でもないキャッチコピー。
四国行きます。
お遍路します。歩くのはだるいから、車で。
ついでに、1周したら逆お遍路も決行します。
誰か霊界から舞い戻ってくるんじゃないか?
丹波哲郎あたりが。

O部、例の軽で練習させてください、運転の。
事故ったら、ごめんね。

5.九州戻るのもわるかない
ってなわけで、九州行こうかと。
たぶん、九州の企業も来年は受けると思われ。(笑)
K電力とかJ○九州とか。
そんなわけで、九州も旅行したいですねぇ。
九州出身なのに、博多とかほとんど行ったことないし、大分以南は行ったことない。
車で行きます、車で。
ヒロミ兄さん、運転頼んだ。

まー、このうちいくつが頓挫することか。(←全部頓挫する疑惑あり
はぁ、履歴書書こう・・・
[PR]
by rinnken1228 | 2007-04-04 11:13 | は○しケンイチ的こころ

結婚のご報告の件

皆様おはようございます。

本日は、大切なお知らせがございまして。
ええ、大切なお知らせが・・・



改めまして。
皆様おはようございます。
昨夜の春の嵐が嘘のように、よいお天気でございますね。
こういうのを五月晴れ、とでも言うのでしょうか。
1ヵ月後だったらそういうのでしょうきっと。

おっと、本題から逸れつつあるようで。
えっと、なんだったか・・・

そうそう、大切なお知らせでした。それをしなきゃいかんのでした。
もったいぶるなよ、と?
・・・そうですか。


え~、わたくし、は○しケンイチ、21歳
結婚を前提にお付き合いをさせていただいている女性がおります。

お相手は、Nさん(26歳)、職業看護師です。


彼女とは入院中に患者と看護師として知り合い、わたくしの一方的な猛チャージの結果、このような運びとなるにいたりました。
先に釘を刺しておきますが、できちゃったとかそういうことはありませんのでご心配なく。
そういった、不適切な関係は御座いません。
というよりも、そのような夜の大運動会、強いてはケーキカットに次ぐ2人(またはそれ以上)の共同作業ができるほど、体力・精神力ともに回復しておりません。

・・・いやはや、取り乱し、失礼いたしました。
学生結婚というわけで、色々と苦労する部分も多いですが、お互い助け合っていく所存です。
明るく笑顔の耐えない絶えない家庭を築いていく所存ですので、よろしくお願いいたします。


まずは、取り急ぎご報告までに。

More
[PR]
by rinnken1228 | 2007-04-01 10:31 | は○しケンイチ的こころ

親と子のつながり

おはようございます。

明日で退院でございます。
もちろん、今日の検査で引っ掛からなかったら、って話ではありますがね。
桜が咲く前に出られる、ってのはうれしいもので。
梅には間に合わなかったけれど…

今日は天気もいいし、外出しようか、と。
風呂にも入れる、と。
なかなかどうして、浮かれ気分なわけですがしかし。
ひとつ厄介な、そして非常に大きな問題がひとつ…

ええまぁ。
Nさんに挨拶してねぇ…
ちーん。
結局何もできなかったへたれですがなにか?
こういうの、切り替え苦手なんですよね、自分…

さて。
昨日は北陸のほうで地震があったようで。
結構、大きかったようで。
今朝の朝刊で知りました。
最近テレビをほとんど観てないからなぁ…
情報に疎いのであります。(笑)

そのせいで。
最近楽しみにしている新聞連載が休みでして。
ふざけるなよ、と。
なんであんなにデカデカと…
うーん、わからぬ。

それよりも。
代理母出産についての最高裁判決はある意味意外で。
止むに止まれぬ事情を汲んで…って判決になるんだろうと思っていたけれど。

判決の要旨を見る限りだと、親子の身分関係を社会秩序の基本とする部分をひどく強調しているように感じたわけで。
なるほど、そうである以上、事例ごとの個別救済にはなじまない、というわけか。

確かに、それは納得がいくわけで。
けれど認めなかった以上、両親は日本人・子供はアメリカ人。
そのちぐはぐな状況は、どのように説明するのだろう?
問題提起はしたけれど、その解決策が明確に提示されたわけではなく。
どのように法整備がなされるのか。
養子、という制度を使うのだけでは不十分な気がするけれどな。

さて、どうなることやら。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-03-26 10:43 | は○しケンイチ的こころ