<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

世間が歪んでいるのは 僕のせいかもしれない

みなさまお早うございます。
なんだか、先週末の天気が思い出せなくなるくらいの晴天ですね。
リーグ戦の結果については次回にするとしまして。


さて、題名はチェインギャングからの一節です。
このアイロニカルな歌詞がすごく好き。
普段はポジティブだのプラス思考だの言ってるわけですが、自分の根底にはペシミストの血が流れてるのかもしれません。(笑)

さて。最近は朝の情報番組を観るのがとても苦痛なわけでして。
どこも同じ内容を扱ってますからね・・・
最近のテーマは「教育」なんだと思う。
教育改革・美しい国・いじめ・履修不足・・・
そこらへんがキーワードになってくるんだと思う。

ま、履修不足の問題なんて、「何を今さら」という思いが強いわけでして。
うちの高校でもやってましたからねぇ。
僕には地理の知識も世界史の知識もございませんが何か?
だから大学に入ってから苦労しているわけですが。(笑)

その分無駄に理科だけは3科目やらされてましたがね。
化学・物理・生物・・・orz...

昔に比べておもしろい先生が減ったんだと思う。人間的に・・・ね。
どっかの番組でとあるコメンテーターが言ってたけれど、自分もそう思う。
それは団塊の世代が一気に減るからなんじゃないかな、そう思うわけで。
教育の場にも2008年問題の足音は日に日に大きくなりつつあるわけで・・・

やっぱり、学生運動を経験している人たちだからこその人生の重厚さ、に触れることができなくなったからじゃないかな、そう思うわけで。
なんだか無菌培養された人間ばっかりじゃないですか。なんだか人間味に乏しいわけで。
もちろん、社会がそういう人間を求めているのであれば、それでいいですが。
けれど、どこかそこには虚無感が付きまとってしまうわけで・・・


教育組織の内部事情については全くもって興味がない、というか知識が皆無に等しいので何も言えませんが。
最近は「聖と俗」の境界線がどんどんと曖昧になっているんだと思う。
デュルケームの言葉を借りると・・・ね。

教職とは、ある種聖的な部分を多分に持ち合わせている職業なのだと思う。
どこか普通の人ならば近寄りがたいような、そんなアウラが・・・それが昔の教師なのだと思う。
近寄りがたい。そんな半可視化された権力がそのアウラに内在されているからこそ、教師を教師たらしめていたんだろうな、そう思うわけで。

それがどんどんと俗化されているわけで。
俗化とは、平たく言えば一般大衆化、ってこと。
要するに、どこにでもいるような下衆野郎どもと一緒の分類に成り下がってしまった。
物を教えること、それは実は高貴なものであったはずなのに。
高貴であり、それは崇高なことであったはずなのに。

けれど、それが俗化してしまった。
それは教育のみに言えたことではなくて。色々な部分で聖的なものが俗的なものへと転化しているんだと思う。
それは・・・交通事故の現場、そして墓地、そして最後には葬式までがテレビで中継されるようになったことからもうかがえると思うわけで。
これらは全て、聖的なものの象徴であったはず。もちろんそこには場所性の問題が絡んでくるけれど。
けれど最近は、聖なる場所がどんどんと俗なものへと変わって・・・いや、変えられてきているわけで。


そこの背後には「マクドナルド化」の波が吹き荒れている部分は否定できないわけで。
要は・・・合理化ですよ。マックス・ウェーバー風に言えば。
様々な面で合理化がなされるために、聖なるものは俗なるものにどんどんと毒されているわけですよ。
だって、合理化は精神性を否定するでしょ?

教育の聖性が復活したとき、おそらく教育は威厳を取り戻すのでしょう・・・

だから・・・世間が歪んでいるのは僕のせいかもしれないんだ。
[PR]
by rinnken1228 | 2006-10-31 10:11 | は○しケンイチ的こころ

決戦前夜

ただ今、白子の宿舎におります。明日から、リーグが始まります。
現役部員にとっては初めての5部の舞台、それぞれの部員が思うところがあるでしょう。それは部員19人、19様の。
その思いをみんながぶつけたら、それは最高のリーグになるのでしょう。

明日は勝ちに行きます。
合い言葉は「のびのび」。
[PR]
by rinnken1228 | 2006-10-27 21:59

振り返ればヤツがいる

みなさんこんばんは。
先ほどバイト先から帰ってまいりました。ただ今、洗濯中・・・
ヒマなので更新してます。
他にやることあるだろ、とか言うな、そこ・・・
はいはい・・・やりますって。テープ起こしとかテープ起こしとかテープ起こしとか・・・orz...

ちなみに・・・明日は木曜ゼミです☆
いつもは発表の準備とかでいつも直前になって焦っているのですが、今日はそんな必要もありません。
だって、発表終わっちゃったもん☆
明日は上から目線でみんなの発表を聞いていられます。
ええまあ、アゲアゲですよ。アゲ♂アゲ♂EVERY騎士ですよ、サタデーナイトフィーバーですよ。
ところで・・・さたでーっていつだ?(←A:土曜日です


さて。
そろそろ11月が始まります。そろそろ就活とかゆー、イベントが始まるんだそうで。
はっきり言って、そんなことおかまいなしに日々過ごしておりますが・・・
「就活ってなに?おいしいの?」みたいな、食いしん坊万才の松岡修造的なノリなわけで。


そういえば。
先日、SPIなるものがあることを知りました。
何の略だか知らんが、どうやら企業の学力試験の1つらしく・・・
残念ながら、全く知らんのですわ。だって・・・マイナビ見たの昨日が初めてだし。

・・・というよりも、
S:スタンガンで
P:パコパコ
I:いっちゃおう

などと、蒼井そらもびっくりなアグレッシブなプレイを個人的には想像してしまったわけで。
スタンガンプレイってどうなんだろうね。やったことないけれど。

最近は女性の読者も増えてきてるとかいう話なので、ここら辺で一度ドン引きさせてやろうかなどとたくらんでいる今日この頃ですが。
あ・・・普段からしてますか、そうですか。


さてさて。話が横道にそれましたが。
まあ、そんなわけで。まったくもって就活に対して危機感がないわけですよ。
第一、23歳から働くなんて早すぎなのですよ。
まだまだ知らない世界がいっぱいあるわけで。それを知らずにオトナの世界に飛び込むのは、どこかもったいない気がするわけで。

「君はボスポラスの海を見たか」なんて、エセーニンは言ったけれど、そんな人の一生を簡単に捻じ曲げてしまうような光景を見てみたいわけで。
怖いもの見たさというかなんというか・・・別にボスポラスじゃなくてもいいんだけどさ。
いちお、近いうちにトルコを旅しようとは思ってますが。
あ・・・別に脱がないよ、江頭2:50じゃあるまいし。

そんなピーターパンシンドローム真っ只中の僕でも、将来に対しては一抹の不安を抱えているわけでして。
将来、どんな生活を送っているんだろうとか・・・そういうね。
将来どんな職についてるのか、とか、結婚しているのか・・・とかね。
漠然としてるけど、そういうの。
まあ、不安に思ってはいるけれど、基本的に楽観視しておりますが。
だってさ、下を向いたってしょうがないじゃない、たった1度の人生だもの。みつを
注:相田みつをがそんなこと言ったかどうかは知りません。

だから、基本的に就活も楽しもうかな~、なんて思ってます。
まだ何も始めてないけれど。セミナーなんて、行ったこともないけれど。
インターンも行ったことないしね。いちお、東急不動産のインターンに応募はしてみるけどさ。
だけど、それも就活を意識してのことじゃない。
デベロッパーが、街の開発についてどう捉えているのかを知りたいだけ。
だけど、勝手に内部に入れてくれるのは嬉しいことだからね。でも、それだけのこと。
課題のモデルケースも読ませてもらったけれど、全く魅力は感じなかった、残念なことに・・・
あんなもん、一過性のもんだ。面白みのへったくれもない。
インターンに受かったとしても、そこで今のゼミの人や高校時代の文実の連中に勝る人と出会えるなんて、期待すらしておりません。
あれは・・・自分の中では完全に伝説ですよ。

でも、就活って自分を見つめなおすいい機会なんだと思った。
だから、自己分析なんてのをするんだろうな。やったことないけど。
OB訪問とかして、自分の人脈も広げていきたいと思う。結果的に人間にとっての魅力はその人の幅の広さなんだと思うし。
・・・というわけで、最近自分のブログを読み返しています。
色んなこと書いてきたなぁ・・・


思えば遠くにきたもんだ。
足跡は・・・着実に残る・・・いや、それは消え去ってしまうものなのかもしれぬ。
振り返ればヤツは・・・いるのだろうか?
[PR]
by rinnken1228 | 2006-10-26 03:54 | は○しケンイチ的日常

加藤ローサの悲劇

みなさんこんばんは。
先ほどバイト先から帰ってまいりました。ただ今明日のゼミでの発表のためのレジュメを作成中・・・ちょっとひと休みで更新しております。
お久しぶりですね。

今夜は寝させない、そんな勢いです。まぁ、一応どんな内容の発表をするかは決めているのですが。
やっぱりレジュメの内容とかはそれなりにこだわりたいですしね。
内容がないよう、そんなノリにはしたくないわけで。
ええ、寒いですがなにか?


さて。ここで今日のバイト先でのお話。
今日もオカダさん(仮名)にいびられながらもどうにかやってたわけで。
さすがにあの人にコケにされるのは我慢ならないね。いつか蹴落としてやりますが。
つーか、負ける気はさらさらありませんが。
ただ、まずは結果ありきなんでね。口だけででかいこと言ってても仕方がない。

まあ、それは置いておきまして。
バイト中、かなりかわいいお客様が来店いたしまして。
4名様なのですが、特にその中の1人があり得ないくらいかわいかったわけで。
というか、他の3人はどうでもよかったんですけどね。

特に、自分とK氏のナイトエロガッパコンビの舞い上がりようは筆舌に尽くしがたかったわけで。使い方間違ってますが。
2人ともその時の目つきが嫌らしいことこの上なかったらしく・・・
オーダー取りに行く時とか、2人で無駄に競り合ってましたからね。
・・・そんなことはどうでもよくて。(よくないか。


そこで。
自分がオーダーを取りに行ったわけですよ。
その時の上目遣いが・・・ゼクシィのCMの加藤ローサにそっくりだったわけで。
キツめの目の女の子の上目遣いフェチの僕としては、たまらないことこの上なかったわけで・・・

ホールにいながら、そこしか意識は行ってなかったわけで。
同僚のK氏からも「オマエはエロい」とのビックリ発言も飛び出すほどの意識の飛びよう。
ええ、煩悩丸出しでしたがなにか?
何回お茶を取替えに行ったんだ、ってくらいそこを行ったり来たりしておりました・・・orz...


で。
そんな生半可な気持ちでやっていたら、どっかでツケが回ってくるわけで。
やってしまったのですよ・・・

ブッカケを。

あ、別に白くてネバネバした液体ではなくてね。
スーラータンメンをぶっ掛けてしまったわけです。強面のお客様の足に・・・orz...
なんとか大事にならずにすみましたが・・・
まぁ、やってしまったわけですよ。

これを加藤ローサの悲劇と言うのでしょうね。
こんなことしか考えられない自分って・・・終わっとる・・・orz...

本気であっちをぶっ掛ければよかった、なんて言いませんよ、間違っても。
[PR]
by rinnken1228 | 2006-10-24 02:37 | は○しケンイチ的日常

人はそれをオカダ(仮名)語録という。

みなさまこんにちは。

金曜日は、部活の時間まで完全にオフです☆
木曜日はゼミなのでね。それを翌日に持ち越したくないので。(笑)

その通り、昨日はゼミでした。
ゼミ合宿を通して得た興味関心とか、今後の方向性を発表しあったりして。
色々と考えていったんだけど、実際にはあまりしゃべれなくて・・・orz...
まだボヤーッとしてて、まとまっていないというか・・・
けれど、自分の中でこういう方向にいくんだろうな、といった予想はできるようになってきました☆
でも、同時に三商ゼミもやらなきゃ!

ゼミの後は4年ゼミとの懇親会@だまだま。
いやはや、飲みました、飲みました。
おそらく・・・ですが、下ネタ全開であったろうと思います。
あんま記憶にございませんが・・・orz...
ただ、ずーっと同じことを言い続けていたと思われ。
男性陣の前だけで。
うん、ひどかったよな、自分。
他にも、約一名ファイターズの優勝に歓喜していた男がおりましたが。
A川氏、ですよね!?

2次会はカラオケでした。
なぜか六甲おろしとか歌ってた気がする。(笑)キャサリンいたのにね。


そういえば、先日TBSで僕の出身高校が取材されてたそうで。
なんだかね、アドベンチャープログラム(!?)なるものをやってるとかで。
詳しくは知らんけど。少なくとも僕がいた頃にはやってませんでした。
で、その取材があって。

なんかね、2人一組で綱渡りをする、みたいな内容らしいのですが。
そんな林間学校に毛の生えたような、そんな内容。(笑)
それでね、剣道部顧問のB場が出てたんですよ。
昼休みに保健室で明るい家族計画をたててたあのB場が。
教育者として・・・いや、なんでもない。


最近、揚州は週2で入っております。月曜と水曜の2日だけ。
時間もちょっと前倒しにして、翌日に響かないようなシフト組みを心がけておりまして。
その分、上がり作業がグリストなんですけどね。

そこにオカダさん(仮名)というお局様がおりまして。
残念ながら、そのお方にたいそう気に入られておりまして。
なぜか、シフトもかぶるようになってしまいまして。
まぁ・・・その方、人間的にたいそう問題があるわけで。
やたらといびられる訳ですよ。本当に、これでもかってくらい。
理不尽きわまりないです、本当に・・・

それでは、ここでいくつか紹介いたしましょうか。

●シチュエーションPart.1
<オカダさん(仮名)が作った卵ライスが汚いと、Y内Mgrに注意され・・・>
「ハヤシくん(仮名)、綺麗な卵ライス作ってよね。」
・・・・・・俺、この日キッチン入ってねーよ!!

●シチュエーションPart.2
<杏仁豆腐のオーダーが溜まっているのに、杏仁豆腐を用意しないオカダさん(仮名)に用意するようにキッチンから頼んだ時に・・・>
「私忙しいんだから、あなたがやって。」
・・・・・・おい、俺キッチンだよ。あんた、明らかにヒマだったろ。おいおいおい・・・

●シチュエーションPart.3
<店長から勤務態度について注意されて、オカダさん(仮名)がひとこと>
「私、店長とは違った気持ちで仕事に臨んでますから。」
・・・・・・すごいな・・・ヌケヌケとそんなことが言えるのか。ある意味、感動だわ。

ま、そんなお局様にいびられる毎日です。誰か助けて。
ま、もうじきランクでぬかすんですけどね。
[PR]
by rinnken1228 | 2006-10-13 12:33 | は○しケンイチ的日常

僕の髪が~、肩まで伸びて・・・

君と同じになったら・・・結婚しようよ。

なんて、別に結婚する気も全くないんですけどね・・・(笑)
第一、まず実感わかんし。

・・・というわけで、ただ今髪を伸ばしてます。
みなさまこんばんは。
就活が始まったら、どうせ切るのでしょう。
いちご白書をもう一度ばりに。


さて。バイト先の友達が先日結婚いたしました。
いや、正確に言えば籍を入れただけなのだけども。
彼、僕と同い年(21歳)です。奥さまは19歳
なんだか、淫靡な匂いすらただよいそうでありますが・・・(笑)

両方とも僕と知り合い。だって、2人とも職場仲間ですから。
なんだかね、複雑な心境です。いや、おめでたいことなんだけども、もちろん。

もう、結婚できる年齢になったんだな~、なんて思ってしまって・・・
もちろん、自分は結婚したいと思ったことがほぼ皆無に等しいですがね。


結婚とは、束縛なんだと思う。
責任という名の束縛が。
すべてにおいて、責任が生じるわけで。
家族を養うという経済的な、時間的な束縛が。他にも沢山あるだろうけれど。

う~ん、自分には無理だなぁ。
だから、自分は誰も幸せにはできないんだと思う。
そして、幸せになることもできないんだと思う。

まぁ、そんなもんだ。


でも、本当におめでとう。
[PR]
by rinnken1228 | 2006-10-08 22:25 | は○しケンイチ的日常

図書館より

みなさんこんばんは。

ただいま図書館でございます。
つーか、さっきまで取材先にお礼状を打ってました。
相当稚拙な文章になってると思うけど・・・orz...

いやね、眠いんでね、まともな思考回路じゃないんですよ、うん。
なんかね~、最近疲れが取れん。
というか、頭痛がひどい。
ま、原因はわかってるんですけども。


図書館の大閲覧室で、『都市/建築フィールドワーク』(INAX出版)なる本を読んでおりました。
うーん、なぜこの本にもっと早く出会わなかったんだろう、自分・・・
フィールドワークの方法論が、詳しくそしてわかりやすく書いてあります。
ホント、後悔・・・orz...

もちろん、方法論だけで頭でっかちになってても仕方ないんだろうけどね。
だけど、あまりにもやり方を知らなすぎた・・・
もうちょっと方法論を頭の中に入れておけば、今までやってきた新宿歩きで得ることができた部分も多かったのかもしれない。

まぁ、今頃泣き言を言っても・・・ねぇ?
やるしかね、やるしかね、やるしかね。

これから岡部と会ってきます。
夜遅くに呼び出されているので。(笑)
[PR]
by rinnken1228 | 2006-10-06 21:26 | は○しケンイチ的日常

ドブネズミの唄

みなさんこんにちは。

金曜は休みです。僕の中では。
あ、間違っても自主休講なんかではありませんよ。
そんな単位の余裕がないんだよ、こんちくしょう。
金曜を休みにしたら、まぁ色々と楽になるわけですよ。
少なくとも午前中は空くわけやから。


今週から大学が始まりました。
・・・といっても、僕は水曜から始まったわけだけど。ゼミ合宿があったからね。
ええ、本郷ですよ。といっても、基本的に日中は外に出て取材、取材、フィールドワークの嵐だったので、ほとんど宿にはいませんでしたが。(笑
本当に色んなとこ歩き回ったと思う。そして、色んな人に会ってきたと思う。
夜は夜で、定点観測を実行したり、ビデオカメラ持って新宿中を歩き回ったり。
ニューハーフに追っかけられたけどね。30mくらい。
大変だったけど、すごく楽しかった。もちろん、そんな薄っぺらい言葉じゃ言い表せないけども。

国土交通省の役人の人にも取材したし、デザイン会社の社長とも会ってきた。
韓人会って組織の会長にもお話を聞きに行ったし、多文化共生を目指している運動家ともお会いした。
それぞれ異なった視点から、そして筋の通った話を聞けたし、自分の視野が広がった気分やった。
もちろん、今後それをどうつなげていくかが問題やけど。
特に、あるプロジェクトを共同でやっていたとしても、捉え方は様々なんだな~、ってすごく感じました。いいか悪いかは別として。
でも、なんだか社会の悪い部分を見てしまったような、妙な不快感がそこには残って・・・


新宿って、ドブネズミの集まる場所なんだと思う。
ドブネズミがウヨウヨと自分勝手に動き回っている、そんな場所が新宿なんだと思う。
一見、どこも繋がっていないように思えるけれど、そこで繋がっているんじゃないのかな。
誰からも拘束されない場所、それが新宿なんやと思う。
その猥雑さ、そして無国籍であり無法地帯なイメージが、新宿を新宿たらしめているのだと思う。
それが魅力なのだろうな。もちろん、変わってばかりで安心感のへったくれもないけども。

人間をミッキーマウスに例えた、なんて話があるけれど、最終的にはそうなりつつあるのかもしれない。
半人間化されたネズミ達が、そこを這い回っている姿こそが、新宿そのものなのだろう。
だから、ホテルセンチュリーサザンタワーから眺めた新宿は、幼い頃に見た床下の光景に似ていた。
そして彼らは思い描いているんだと思う、浦安のネズミ達の世界を新宿に・・・
もちろん、それは滑稽であって哀れなことであるのだろうけど。
笑えそうで笑えない、そんな感じ。

だからこそドブネズミは、美しく見えるのだと思う。
だからこそドブネズミに、憧れるのだと思う。
土砂降りの中も、身を焦がされるような太陽の下でさえも、ドブネズミは走り続けていく。
そこに何かを見出すのだろう。

もっとのめり込みたい。
金も欲望も、男も女も、全てがまるで魔女の鍋のように淫靡にかき混ぜられたあの街に。
抜け出せなかったとしてもいいのだ。
のめり込まなければ、何のインスピレイションも得られぬ。

今こそ、ドブネズミ達の歌を聴くときなのだ。
歌え、ドブネズミ達よ。
ドブネズミ達の歌を聴け。
[PR]
by rinnken1228 | 2006-10-06 12:57 | 都市