<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ためる、たまる、よわる

みなさまこんばんは。
そして、おひさしぶりです。(最近よく使ってるな、このフレーズ・・・orz...

なんだかね、自分のことが某掲示板に書き込まれているそうで。
別に知ったこっちゃないんだけどさ。
気持ちいいもんではないですわな。
ま、書きたいやつには書かせときゃええんちゃいますかね。
勝手にどうぞ、と。


まぁ、それはいいとしまして。
最近、別に全然忙しいわけではないのですが。
なんだか、体調がすぐれませんでして。

というかですね、激太りなんですよ、この頃。
「やつれたよね」なんて言われることは、日常茶飯事でして。
別にそんなことないんだけどな、そう思ってたわけですが。

ですがね。
最近本当に自分の体がどこかおかしくなってくるのを肌で感じるわけで。
先週の水曜あたりから・・・ね。

まず・・・
アレが出ないんですよ、アレが。
便利屋が秘境に行ったまま、帰ってこないんすよ・・・
←頑張って平たい表現にしようとしたのをわかってくらはい。

そんなわけで。
ここ2日連続でコ○ラ○クのお世話になっております。
人生ではじめての経験ですよ。

てかね、使わないとやばいんですよ。
軽く臨月を迎えた妊婦みたいになりますからね。
食事をするだけで、ええ。
「いっぱい出た~」なんて、広末涼子も大喜びですよ。
そんな趣味なんてないと思うけど。
でもあのCMは誤解を招くと思う。ね、A川?(笑


それに加えて。
全身のむくみと倦怠感が取れないんですよ。
常に動いてないとダメ、みたいな状況でして。
動け、ってことなんですかね、運動しろと・・・

肝機能が弱ってるんですかね?
ストレスとか、不規則な生活とかがたたってるのでしょうが。
いちお、食物繊維とかヨーグルトとか、イオンバランスとか注意してみようと思いました。
一駅歩いてみるとか・・・ね。


キタナい話でスマソ。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-01-28 02:39 | は○しケンイチ的日常

就活とお受験

みなさんこんばんは。
お久しぶりでございます。

いやね、別にこの1週間忙しかったわけではなかったんですが。
やることなすこと、時間がかかりましてですね。
そういうのを忙しい、と言うのでしょうか?いや、ただ能率が悪いだけですね。

そのまんま東、宮崎県知事当確らしいです。


さて。
1月も中旬に差し掛かりまして。
昨日・今日とセンター試験だったとか、そうでないとか。
詳しくは知りませんが。
3年前なんて、今やもう昔ですわ。
なんで、もう興味もございませぬ。(笑)
別に、もうW塾でシフトに入っているわけではありませんしね。
4年になったら戻ってもいいと思うけれど。
今は戻る予定はございませぬ。

そんな1月中旬ですが。
週のうちに就活に費やす時間もそろそろ増えてまいりました。
この週も火曜日にJ○の面接と金曜はM商事の方にOB訪問。

J○の面接はですね、グループディスカッションでして。
「300円のタバコを500円で売るにはどうすればいいか?」っていう。
・・・どこの企業か、バレバレですわな。
ま、それでディスカッションをしたわけですが。
KO×3+僕。
みたいな構造でして。
途中から発言権を剥奪されまして。
そりゃそうだ、あのメンバーの中で社学系は1人だけ。
あとは経済系だもんな。理解されないのもしゃあない、といえばしゃあない。
そりゃあねぇ。アイデンティティがどーの、とかいってもね。
でも、社会学が一番人間的な学問だと思いますがね。
ま、それは社会学をやってる人間だからかもしれませんが。(笑

ちなみに。僕のグループでは「レクサスとのコラボ」を打ち出しまして。
ええまあ、ト○タです。

24日に結果が出るそうです。さぁて、どうなることやら。
う~ん、落ちたんだろうな。


水曜日は大学の企業説明会に出席いたしまして。
N新聞社とH堂。ま、どこかおわかりでしょうが。

最近ですね、どうしても就活と受験勉強が似ているように感じられまして。
特に。
N新聞社の説明会を聞いていたら、それを強く感じまして。
なんで、試験の問題傾向とかを強く説明するのでしょうか。
いや、それが気にならないと言えばウソになりますがね。
内定者の説明とか、聞いててすごくそう感じた。
「オレは受験戦争を勝ち抜いてきたんだ」みたいな。

でも、おかしいでしょ。
なんだか選ばれてるような気分になる。
もちろん、あっちにも選ぶ権利はあるんだけど。
同等に、いやそれ以上にこっちにも選ぶ権利はあるはず。

大学受験、高校受験、そして中学受験と受験をする意義はわからなくもないわけで。
そこで勉強をするための最低限の知識を見るわけだから。
ある意味、パッシヴな世界だからね、学校は。
でもそれと同じ世界ではないはず、企業は。
なんだかその延長線上にある、そういう感覚が何とも解せないわけで。
そう思うのは、あまりにも斜に構えた見方でしょうか?

そんなこと言うのは、内定もらってからにしろ、って話ですね。
ええまあ、そういうこと言うのは、そう言える立場になってからします。


先ほど、T出版社のESを提出してきました。
ま、Webエントリーですが。
さて、どうなることやら。
多分落ちたと思うけど、それはそれでどうにかなるさ。
・・・ならねぇか。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-01-21 20:30 | は○しケンイチ的日常

ただ、呼吸をしているだけなのに、どうして生きることってこんなに苦しいの?

みなさんこんばんみ。
久々に、今日バイトが休みです。
月曜はいつもバイトなんですわ。
なので、久々にあいのり観てます。
てか、入れられてなかっただけなんですけどね。
今月、収入いくらあるんだ?


さて。
今日、線形代数ⅠAの試験が返却されまして。
本当は前回の授業で返されたらしいのですが。
前回サボったので知りません。

で。
返されたわけですが。
ま、予想通りの結果が・・・

35点。

・・・50点満点かと。
100点満点なんですけどね。
本当に、数学苦手です。受験生の頃から。


受験生といえば。
あの頃は予備校の自習室で朝から晩までこもっていたわけですが。
3年前の今頃は。
懐かしいかぎりです。

そう、あの頃は勤勉だった・・・うん。
ま、今も勤勉ですけどね。
あの頃は自習室だったのが、今は大学図書館の閲覧室に。

そんなわけですが。
今やそこでの勉強時間よりもそこでの睡眠時間の方が長かったりしまして。
もう、ぐだぐだですね・・・orz...


そういうわけで。
今、思い返してみると、3年は長かったんだか、短かったんだか。
でも、もう3年経っちゃたんですね。
たぶん、この3年は早かったんだろうな。
今はそう思います。
もう少し経てば、その感覚は変わるのかもしれないし、もしかしたら変わらないのかもしらん。
それはわからないけれど。

就活で否が応でもそんな自分の歩みを思い返してみると。
なんだか、いろんなことがありました。
早いもんです。

学生として、一番成長できた時間・・・といえば、やっぱり3年生の頃でしょう。
けれど。
「自分」という人間そのものがもっとも成長した、否、激しく揺れ動いたのは2年生の頃だったように感じます。
思い返してみると。

今までの人生の中で、精神的にも一番脆かったころだと思う。
そんな経験が、自分の血となり骨となっているように思います。
もちろん、今思い返してみるとだけど。


なんだか、「生きる」ということが一番見えなくなった。
「生きている」という実感が全く湧かなかった。
挙句の果てには、「生きる」ということが苦痛に感じた。
そんな時期だったように思います。
特に、夏ごろが一番危なかった。

躁と鬱を一日単位ぐらいで行ったり来たりしてましたからね。
毎日毎日なんだかよくわからず生きてた。
ある日突然来るんですよね、そういうのって。
芯もなく、軸もなく、フラフラ~っとした感じで毎日を送ってた。
目の前のことに一喜一憂する、そんな精神的余裕すらなかった。
なんだかね、文字通り、日々坦々と生きる。
それだけだった。
暗中模索というか、五里霧中というか、ご臨終というか。

そしたら、いつの間にかこんな心境になっちゃうんですよね。
「このまま消えちゃってもいいかな」って。
ホント、思っちゃうんですよ。
別にいっか~、みたいな。
それくらい、軽い感覚。

気がついたらビニール紐を買ってたんですよね。
気がついたら、天井に紐を吊るしてた。
そして。
いつの間にか、首に紐をかけてた。
本当に、無意識のうちに。

今となれば笑い話だけど。


なんだかね。
紐が自分の重みに耐え切れずに切れた時、我に返ったんですわ。
何やってんだ、自分みたいな。
笑いながら泣いてたのをよく覚えてます。
もしビニール紐が麻紐だったら・・・たぶん、今の僕はいないでしょう。

その時は、自分は「死ねなかった」って思った。
けれど。
今は「生かされた」のかな、って思います。
そう思わないとやってけない、ってのはあるけれど。(笑

でも、それ以来生きていることに感謝できるようになったのも事実。
どうせ死に損ないなんだ、そう簡単には最後までやりきって死んでやろうか、みたいな。
前よりは情熱的になれた気はする・・・けどね。
変わってないか、そうですか。
ただひとつ言えるのは、ちょっとやそっとじゃ逃げない図太さは手に入れた、そう思う。
そうでもない?うるせ。


そんなこんなの一年でしたが。
でも、この人のためなら死んでもいい、そう思える女性にも出会えた。
本気で好きになった・・・と思う。
なんだかクサイこと言ってる気がしてならんが。
この人のためなら、火の中水の中どこでもいける、みたいな・・・
守ってあげたい、そう思える女性に出会うことなんて、もう二度とないと思うけど。

結局守ってあげられなかったんだけどね。
守れなかった、苦しみに気付けなかったのは、自分の一生の汚点だと思う。
もう2度と会うことはないのだから・・・
そういう女性に出会ったら、2度と同じ過ちは繰り返したくないです。
うん、絶対に・・・

一度は言ってみたいね。
「あなたのためなら死んでもいい」
って。
クサイか。
どうせロマンチストですよ、ええ。


そんなことを思ってしまった、月曜の夜でしたとさ。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-01-16 00:44 | は○しケンイチ的日常

オリとカメン

みなさんこんばんみ。
1月13日でございます。
別に何の記念日でもないのですが。

そんなわけで、この日何があったのか調べてみました。
おもしろいね、約400年前の今日、東大の赤門ができたそうです。

・・・へぇ~。
それだけ。


さて。
今日は某T織機のセミナーがあったのですが。(午前中)
起きたら12時半。
・・・ヤル気あんのか、就活、と。
・・・将来のこと本気で考えてんのか、と。

軽く自己嫌悪・・・orz...

今度からは気をつけます。(←口だけ
それにしても、T織機とN不動産は相性とタイミングが悪いと思う。

ま、そういうこともあるのかな。
しゃあない、しゃあない。(笑


ところで。
今日スタバに行ってきました、久々に。
店員さん、完全に自分のこと忘れてらっしゃいましたが・・・orz...

そこにT田おさむ大先生がいらっしゃいまして。
大学院のゼミ生らしき人と話してました。
あのデカい声どうにかなりませんかね。(笑
T田先生、アナタの気配は300m先くらいからわかります。声で。

そのスタバにて。
おもしろい光景を目にしました。
3人がテーブルを囲んでしゃべっていたのですが。
おじいさんとおばあさん(おそらく夫婦)と学生(2人の子供じゃなくておそらく留学生)。
その3人が。
英語と日本語で受け答えしてるんですよ。
おもしろいもんです。
自動翻訳しちゃってますから。
一歩先を行くコミュニケーションスキルですな。(笑

感心して見ていたら(何だこの上から目線)、後ろから聞こえるT田助教授の声・・・
萎えるわぁ・・・orz...


そういえば。
最近の社会のキーワードは、バラバラだそうで。
特ダネで藤巻さんが言ってました。
うちの大学でも教えてるそうですね、あの人。
何の授業だか知らんが。

最近騒がれてる、バラバラ殺人事件に始まり。
そこから繋がっていくバラバラな家族の現実・・・
それは社会そのものにも投影できるような気がしますが。
人間そのものが、オリの中に入れられているような感じがする。
もちろん、個別で・・・
オリの形態は、人それぞれで違うけれど。
鉄でできた留置所のような鉄格子だったり、ビロードのようなオリだったり、もしかしたらゴムで出来たオリかもしれない。
それはわからないけれど。

けれど。
すぐそばまで、すぐそこに見えるにもかかわらず、触れ合うことが出来ない。
いや、触れ合おうとしないんじゃないかな。
あくまでも、その遠巻きからしか見ようとしていないんじゃないか。
そう思うわけで。
だから、人間が遠くからしか観察される対象に過ぎない。
それ以上の何ものでもない。

そろそろ、「人」っていう字が変わる日が来るかもしれません。
そんなこと、あってほしくはないけれど・・・


もしかしたら。
そこには因果関係はないかもしれないけれど。
なにもかもが「ある」ことがそうさせているのかな、そう思うわけで。

希望だけがない

そんなこと言ってなかったっけ、村上龍が。


この世の中は、何もない、と思うんです。
確かに。
たくさんのモノは溢れかえっている。
商品だって、情報だって。

けれど、何もない。
人と人の関係性がないから、つながりだってない。
もちろん、その表層としてあることにはあるけれども。
だから、何か歪んだものがあると思うんですわ。
こんな、成熟社会だからこそ。
混沌としない世界だからこそ。

それは・・・
「仮面」だと思うけど。
息苦しいんだよね。どこか、羽を伸ばせない感じがすごくする。

それが先にも書いたように、オリであり仮面なんだと思うんだ。
どっちも一緒に論じるのはずれているのかもしれないけれど。


だけど、そんな世界。
なんだか生まれてくる時代が間違っていたような気がするなぁ・・・
もっと世界が混沌としていら・・・

そんなの、ないものねだりなんだけどね。


あ・・・そういえば。
うちにもバラバラなものがありますよ。
バラバラに散らばったパズルのピースがね。

そう。
完成間近でひっくり返しちゃいました。
アクシデントが・・・orz...
[PR]
by rinnken1228 | 2007-01-14 00:03 | は○しケンイチ的こころ

Zoo

いらっしゃいませこんばんみ。
お久しぶりでございます。


来週末はついにセンター試験だそうで。
あまりよくわからないんですけどね。
受験もちょっとずつ変わってきてるみたいですし。
ま、3年前の今頃は、一番テンぱってたと思う。

でも、受験の頃は本当に全力を出し切ったなぁ、なーんて思ってます。
別にさ、受験戦争に飲み込まれてるなぁ、なーんて自覚はどこかしらにはあったけど。
でも、それを逆手にとってた部分はあったかもしれない。
なんだか、ガツガツしてたところはあったように感じます、いま思い返してみると。

そう思うと、以前に比べて丸くなったなぁ、なーんて思ってみたりみなかったり。
何をもって、「丸くなった」かははなはだ疑問ですが。
けれど、そう思う。
でも、その当時の「丸くなる」は「つまらない人間になる」だったからなぁ・・・
どんどんつまらなくなっていくのでしょうか。
それだけは避けたいわけで。

そういえば。
先日髪を切りに行ったときのこと。
美容師さんに「は○しくんも結構スレたよね~」なんて言われまして。
僕を大学1年の頃から知ってますからね。
うれしいんだか、哀しいんだかよくわからなかったけれど。
「こうやって大人の階段を登っていくんですよ」
な~んて冗談を言っておきました。
そう、僕はまだシンデレラなのさ。
・・・どこか気持ち悪いな。


そういえば。
某K汽船から手紙が届きまして。
そういえば、資料請求をしていたんだっけ。
毎日のようにどっかしらの会社から手紙がくるので、訳がわからなくなってます。
軽くキャパオーバーしております・・・orz...

タンカーは大丈夫だったんですかね?
あまりよくわからないんだけどさ。
けれど、そういうことからもワールドワイドで世界が動いているようにも感じて。
そういうダイナミックな仕事がしたいな~、などと漠然と思ってみたり。
まだ自分の将来像が漠然としてる・・・さすがにやばいね。


今日は朝から田町まで行ってきました。
うん、KO大学に行ってきたんですよ。
うそ。
H堂にOB訪問してまいりました。
そう、平成たぬき合戦ぽんぽこのお堂の略です。
・・・うそだよ。

ESも添削してもらったりしまして。
ケチョンケチョンに言われたけれど。
でも、自分自身、ESを甘く見てたな~、って思って。
でも、今からでも遅くない・・・はず。(笑


そういえば。
最近、「見る、見られる」の関係性にとても興味があって。
その時のキーワードが「動物園」・・・
またそれについては今度書きますわ。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-01-13 01:06 | は○しケンイチ的日常

西へ、西へ

みなさんこんばんは。
年が明けて、パソコンから更新するのは、今日が初めてなんじゃないか・・・と。
改めまして、あけましておめでとうございます。
今年もよろしゅうお願いいたします。

年明けはバスの中で過ごしました。
おそらく富士山の麓あたりにて。
年が明けて、牧の原のSAにて年越しそばを食しました。

紅白は色々あったようでして。観てないのでよく知りませんが。
あんなことで苦情を言うやつの気がしれん。
あんなん、他の局でもやってるやんか。

どうせ。
公共性がどうの、とかいう問題にでもなるのでしょう。
その前に、その放送機関を使う時点で、かなりの公共性にフィルターがかかっているような気がしますが。
なんでもあり、ある意味それが本当の公共性なんだと思う。


そういえば。
去年の話になりますが、フセインが処刑されたとかしないとか。
「ウソだろ」って思ったのが、正直な感想です。

よくある論調に乗っかるようだけど、フセインってどこか作り上げられた人間のような気がします。
もちろん、それはメディアを通した像であることには変わりないけれども。
どこか、オリエンタリズムの興味のままに引きずられてしまった気がする。
そして・・・最後にはそのまま轢き逃げされてしまったような・・・
ある種、悲劇的な人間のようにも感じるのです。

ただ、非常に有能な人間だったんだろうな、そう思うわけで。
経済制裁の前の経済成長や、複雑な民族事情を抑えての統一をするところは、やはり非凡な才能を持っていたんだろうな、と感じさせるわけで。
中東のことはよくわかんないけどさ。
たぶん、今回の処刑で困る人は多くいるんじゃないだろうか?
まだ、結審してない罪状もあるわけですからね。
当然ながら、いい気分じゃないでしょう。


さて。
申し遅れましたが、帰ってきました、西から。
ただ今実家なり。
車中泊、野宿を含めて、5泊6日の旅でした。

こんなルートで旅をしてきました。
●12月31日:1日目
TDL → (夜行バス) → 広島

●1月1日:2日目
広島 → 宮島 → 岩国 → 新山口

●1月2日:3日目
新山口 → 厚狭 → 長門市 → 仙崎 → 萩 → 益田 → 浜田 → 出雲市

●1月3日:4日目
出雲市 → 松江 → 米子 → 鳥取 → 浜坂 → 城崎温泉 → 豊岡 → 福知山 → 園部 → 京都

●1月4日:5日目
京都 → 米原 → 名古屋

●1月5日:6日目
名古屋 → 豊橋 → 浜松 → 三島 → 熱海 → 東京 → 自宅

※乗り継ぎ駅も全て含みます

全て鈍行での旅。
青春18きっぷをフルに使って、よい旅となりました。

今回の旅行のテーマは・・・
「西へ、西へ」

別に”Discover West”でもよかったんですけどね。
・・・竹内結子ですか?
なんだかね、自分の見たことないものを見てみたかった。
自分の理解の範疇を超えたものを観てみたかった。
そんなかっこいいことを言ってはみたけれど。
そこにお金があったから。
そこに時間があったから。
そこに魅力があふれてたから。

以上、それが理由です。
旅行記のほうは、もひとつのブログのほうで詳細を・・・


今回の旅行は、最初のバスと初日の旅館以外、完全ノープラン。
だから、どこに泊まるかはおろか、どこに行くかも決めてなかった。
流されるままに行ってみるのも、おもしろいかなと思って。
そういうほうが、自分にとってもあらたな発見になっただろうし。

個人的には、仙崎と城崎温泉がよかったです。
仙崎は、いわずと知れた金子みすずの故郷。
心が洗われるような気がする、そんな街でした。
どこか、優しい気持ちに包まれている、そんな感じの街で。
中心街のあらゆるところにみすずの詩が書かれていて。
玄関、郵便ポスト、そしてゴミ箱まで・・・
温もりで溢れていて。

みすずの詩が生まれてくるのも、解かるような温かさ。
みんなちがって、みんないい・・・


城崎といえば・・・
やっぱり志賀直哉でしょうか。
外湯をめぐって、人々の世間話を聞きながら、活気を肌で感じて。
遊技場で射的を楽しむカップルを横目に、手ぬぐい片手に下駄を履いてかっ歩して。
浴衣で歩く女性に、ただならぬ色気を感じて。
やっぱり、女性は浴衣が似合うと思う。

どこか忘れ去られた、日本の色気みたいなものを感じました。


ま、詳しくは旅行記のほうで。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-01-06 18:25 | は○しケンイチ的日常

豊橋にて

電車30分待ちです。なんだか今回の旅は、乗り継ぎがよろしくないようで。
それ、いろんな意味できついわ。

今夜のうちに東京には着く…かと。熱海で降りてる余裕はなさげでして。

そういや、名古屋で某ゼミテンに会いました。かなりの偶然だけどね。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-01-05 15:19

鳥取にて

近いっていうから鳥取砂丘に行こうとしたら、サクッと迷いました。ええ、サクッと。
そんな中、今度はあられが降ってきました。
いろんな意味でイタイです。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-01-03 15:16

さらば出雲

ただいま出雲市を東へ爆走中であります。そろそろ宍道湖が見える…はず。
あろうことか、出雲大社で手袋落としました。新年早々、つかむとは…orz...
それでは出雲よ、さらば。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-01-03 10:10

なんで30分待ちなんだよ。

おはようございます。ただ今、厚狭(あさ)ってとこにいます。これから日本海の方へ抜けようかと。
それにしてもね、30分待ちってのはどうかと。しかも1両。きわめつけはワンマンって…
今日のうちに米子まで出れるかどうか、不安でやんす。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-01-02 09:45