<   2007年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

お台場に行ってきた。

みなさまこんばんみ。

昨日、朝イチで聞いた曲が
負けないで
だったは○しけんいちでございます。
リアクションしづらい微妙なタイムリーさに、僕自身ビミョーではありましたが。

ちなみに、いつも飲んでいる水は
ナントカ還元水
ではなく、
日田天領水
であります。

そんな水の話をするつもりはなくてですね。
それにしても、まー、外野はなんとでも言えるんですなぁ。
・・・などと思ってしまうわけで。

政治家ってのは本当に頭がいいんだと思う。
そして、図太くないとやっていけないのでしょうな。
そう思いますよ。
大変だろうね、言いたい放題いわれても耐えなきゃいけないんだからねぇ。


ところで。
先日日曜日、お台場に行ってきました。
ノマディック美術館という、移動式の美術館が、いまお台場に来てるんですよ。
正直言って、内容はまったくもってわかりませんでしたが。
主題は、「人間と動物の共生」でしょうか?
違うと思うんだけどなぁ・・・

たぶんね、輪廻転生とかじゃないかな?とか思ったのは、僕だけかもしれませんが。
水辺→砂漠→海中という展開でしたからね。
ま、僕の想像ではありますが。

神秘的な雰囲気に酔いしれたい方はぜひ。
抽象度が高すぎてわかりにくいところも多いですが、その世界観は世界観で、面白いと思いました。
たぶん、その世界観を理解するには当分かかりそうな気がしたけれど。(笑

その後、観覧車に乗ってきました。
榮倉奈々のナレーションが妙にカチンときたのは僕だけでしょうか?
榮倉奈々と宮崎あおいの区別がつかないけれど、宮崎あおいのほうがすきなは○しでした。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-05-30 00:17 | は○しケンイチ的日常

乗せちゃった♪

みなさまこんばんみ。

タイトルの件ですが。
このタイトルどおり、
乗せちゃいました♪

乗せた、といってもですね。
僕の上に女性を乗せて
人間ロデオボーイという名の大運動会
を開催したわけではございません。
僕の上にNさんを乗せてですね、
普段は見ることのできない取り乱しっぷり
を見て愉しんでいたわけでも当然ありません。
もちろん、
体中の水分をフル稼動させるエクササイズ
にいそしんでいたわけでもありません。
これぞ本当のデトックスだとか、そうでないとか。

「乗せる」という言葉だけでここまで妄想を膨らませる僕は、そろそろ人間国宝に指定されてもいいんじゃないかと思うわけで。
そんなは○しけんいちにじゅういっさいおとこもうそうれきねんれいとおなじですどうもこんばんは。
妄想をおかずにして、白いご飯3杯はいけると思う。


・・・で。
そんな話をする気はさらさらなくてですね。
乗せちゃった、のですよ。
だから何を?

車を。

だから何に?

縁石に。


昨夜、お○べと辻という12クラ留年コンビ(予定)に拉致されまして。
陣馬高原のほうまでドライブに行ってまいりまして。
陣馬高原、東京都内ではありますが、星がきれいでした。
ソ○トバ○ク、圏外でした。

その途中、恒例となりつつあるお○べの暴走軽自動車ショーが開催されまして。
別名ジェットコースターともいいますが。
山道で80キロとか出すんですよ?
僕は後部座席で死にかけておりましたが。
辻、爆笑。
ここまでくると、もう笑うしかないのでしょうな。

その車内で、
「俺、お○べよりは安全運転の自信があるよ」
とか豪語していた僕。
陣馬高原を降りてから、聖蹟桜ヶ丘まで運転することになり。
それなりに安全運転できる自信はあったんですよ。
いや、本当に。

とかいいつつ。
最初からライト点け忘れてたり、ハンドル操作が危なっかしかったりしたわけで。
それでもどーにかこーにか、聖蹟桜ヶ丘到着。
そこから地球屋のロータリーに向かう坂道で、事件は起きたわけです。

アクセルふかしすぎた。
ハンドル切りすぎた。
意味不明な横すべり。

縁石に乗り上げる・・・

はい。
助手席と後部座席、爆笑。
はい、やらかしました。
まぁ、事故といえるのかどうかはよくわかりませんが。
accidentよりはhappeningの性格のほうが強いのでしょうが。

それにしても、口は災いの元ですな。
もっと練習します。
というか、お○べ、車乗せてくださいお願いだから。

テンパった僕は、地球屋前のロータリーを2周したなんて、口が裂けてもいえませんよ。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-05-28 04:05 | は○しケンイチ的日常

精神病患者は本当に凶悪か

みなさまこんにちは。

先ほどバイトから帰ってまいりました。
なんだかねー。
どうも仕込みに時間がかかるのは、慣れていないからではなくて
もはやセンスの問題
なのではないか、と思ってしまう自分がいます。
うん、たぶん飲食店には向いてないんだよ、きっと。
そう思わないとやってられないくらい、時間がかかりました。

内心キレてるんだろうけれど、根気強く使ってくれる店長には頭が下がります。
本当に申し訳ないです。
いやー、いかん、いかん、いかん・・・orz...

仕方ないので、そこらへんは
ヤル気、元気、井脇
でカバーするしかなさそうで。

そーいえば、あのオバチャン、めっきり見なくなったなぁ。
生きてるのかな、まだ。


ところで。
最近エログ度が激しいよね
という、クレームだかツッコミだか判別しがたいお言葉をよくいただきまして。
おそらく、それを読んで喜んでいる方々が多いのでしょうから、少なくともクレームではないのでしょう。
これを読んで、
神秘の泉が思わぬ大洪水
を起こしたとしても、それは僕の責任ではありません。
自己責任です。
イラクかよ。

しかしね。
あのお○べから突っ込まれた時にはどうしようかと思いましたよ。
お○べさん、あなただけには言われたくなかった。(笑
いい加減、ヨリ戻しちゃえよ。

そんなお○べが、今夜僕を拉致するそうです。
車で連れ去るそうです。
久々です、地獄の暴走軽自動車を体感するのは、倒置法。
さぁて、今夜はどこに行くんでしょうか。
お願いだから、奥多摩は遠慮していただきたい。



そんなわけで。
エログ、エログといわれるのも癪に障るので、たまにはマジメなことも書いてみようかと。
ま、そもそもこのブログは、自分の思ったことをそのままツラツラと書き連ねていくものですからね。
ビバ☆その場しのぎ
Viva☆刹那主義

で、話を戻しまして。
皆さんは、精神病ってそんなに特異なものだと思いますか?
精神を病むって、他の病気とは違うのでしょうか?
社会にとってはそう診断されたとたん、「異質なもの」となるのでしょうか?

僕にはそれがわからないのです。
なぜなら、自分がそういう病気にかかったことがあるから。
無駄な心配をかけたくないので、親にも言ってませんが。

ま、軽度のうつ病でしたから、これといったこともせずに治りましたがね。
でも、半年くらい病院には通いました。
途中から行かなくなった、というのが正しいのでしょうが。

で、だ。
最近、精神疾患だとか精神科への通院歴、といったワードをよく耳にします。
まぁ、刑事事件において被告人の精神鑑定を弁護人が請求するのはなんとなくわかる。
なぜなら、弁護士は被告の刑を軽くすること、もしくは無罪にすることが仕事だから。
精神鑑定でなんらかの精神の異常が認められ、それで刑が軽くなるのであれば、弁護士はその手を使うのは何ら間違っていることではないわけで。
それならば、なんとか納得はできるでしょう。


ところがどっこい。
精神科への通院歴、というのは、何度考えても納得がいかんのですよ。
なぜにいちいちそれを伝える必要があるのか、と。

会津若松では、高校生が自分の母親を殺したらしい。
横浜駅では若い女性が子供を刺したそうだ。

どうやら、どちらも精神科への通院歴だか入院暦があるらしい。
ことさら、そこの部分が強調されていたように感じたのは、僕だけではないはずで。

本当に精神病院に通っていた人間だから、このような犯罪を犯したのでしょうか?
もちろん、関係がないとは言い切れないし、言うつもりもない。
しかし、それ以上にもっと大きなファクターがあったはずです。

因果関係モデルに当てはめて考えてみたらわかりやすいと思う。
Aという因果要因があったから、Bという行動をおこした。
つまり、Bとは「母親を殺害する」、「子供を刺す」といった行動だわな。
じゃあ、Aはなんだったのか?
本当にA=「精神病院へ通う/通っていたこと」なのか?
どうもそこに行き着くには論理の飛躍があるように思えてならないわけで。

お台場にある某民放テレビ局の解説員なぞは、以前とんでもないことをのたわっていました。
「精神病患者を管理する方策が必要だ」
と。(byM輪解説員

おいおいオジチャン、正気ですか?
と、問いたい。
ということは、僕も管理される、ってことなんですかね?
ふつーの大学生やってますが。
善良な市民、やってますが、何か?
なんだかおかしいだろ。

やだねぇ、ホテルとかに泊まろうと思ったら、
「あなたは精神科へ通っていた過去があるので宿泊できません」
とか言われたら。
人権のへったくれもあったもんじゃない。
それを承知で言ってるんですかね、あのおじさんは。

そもそも、精神を病んでいたから凶悪犯罪を犯す、という論理そのものが怪しすぎる。
精神病を患う、患っていないに関わらず、犯罪自体が異常行動だろう。
そもそも犯罪者の中に精神科へ通っていた人間の割合はどれくらいあるのか?
そのデータを提示した人間がどれくらいいる?
凶悪犯罪を起こすのがそういう人間だっていうのじゃなくて、
耳にする機会が多いのが、そういう事件だ
ってことでしょ?

そういう報道がなされるウラには、社会心理学でいう「自己正当化」の論理があるように思えるわけで。
「精神病患者が凶悪犯罪を犯すのよ(だから普通の私たちはしない)」
              ↓
「精神病患者って危険よね(だから私たちは危険じゃないの)」

この論理、それこそ危険じゃないだろうか?
冷静に考えれば、こんなの単なるフレーミングのひとつに他ならないのだけれど、妙にしっくりきてしまう。
要するに、「私たち」が危険ではないことを証明するために、正当化しているだけなわけですよ。
それが意識的なものなのか、深層心理で起こっていることなのかは知らないけれど。

「普通」の定義についての話もできるけれど、ここでは置いておいて。
そう考えると、このような報道はとても一方通行なものに感じます。
自己を正当化すると、他者を否定することになる。
否定される他者は、大概「社会的弱者」だ。

これ、関東大震災の時の「朝鮮人虐殺事件」に似てるよね。
それをもう一度起こしたいのかね、彼らは。

伝える側ももちろんだけど、伝えられる側もそこをしっかりと意識しなければならない。
そして、正当化したことを伝えるとどうなるのか。
その影響もしっかりと見なければいけないんでしょうなぁ・・・


あ~、長くなっちまった。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-05-26 14:32 | は○しケンイチ的こころ

夏が来る、イッパツのナツがクル。

みなさまこんばんみ。

I's、あと13巻と15巻で全部揃います。
家近くの古本屋はだいたい当たってみたのですが、見つからないんですよね~。
だれか、持っている方は譲ってください。
何でもするから。
あんなこと、こんなことしてあげるから(はぁと)

個人的には泉ちゃんが好みなのですが。
いろいろとムチャクチャにされてみたい、といった願望を持っている自分はアブナイのでしょうか。
小悪魔みたいな女性に、
人生かき乱されてみたい
とかなんとか思ってしまうのです。
白昼堂々、喫茶店のど真ん中で熱い接吻を見せつけてやりたいのです。

そんな純愛とはほど遠い男女関係って、大好きです。
ドロドロした肉体関係って、大好きです。
もっとも、サッパリした肉体関係なんて存在しないだろ、とか思っておりますが。
そんなことばかり考えているから、僕には春が来ないのでしょうか?

そんなは○しけんいちにじゅういっさいおとこかのじょいないれきもうすぐいちねんですどうもこんばんは。
春よー 遠き春よー まぶた閉じればそこにー
季節は春を通り越して、そろそろ夏です。
今年こそは、海へ行って砂山に埋められてみたいものです。


さて。
我が家になぜかクモの巣が張っておりまして。
人が住んでいるはずなのですが。
なんで張りやがったのでしょうか、クモのやつは。
わけがわかりません。

目が覚めると、いつもクモの糸が僕の顔に絡まっているわけで。
神様が僕を地獄から救い出そうとしているのでしょうか。
だったら、Nさんを連れてきていただきたい。
文字通り、昇天してみせますから。

GO TO へぶん

してやりますから。


ところで。
昨日はゼミでした。
少しずつではありますが、進路が決まった人も出てきて、個人的には嬉しいです。
遅くとも6月末にはどんな形であれ、決まっているはずでしょう。
つーか、決めてくれ、お願いだから。

再来週までに、ゼミ論の初稿を完成させようと思いつつ・・・
いまだに「はじめに」しか書けてない自分はどーなんでしょうか?
フィールドワークしなきゃ、取材行かなきゃ。
いーや、もう取材なんて行かねぇよ、夏。

JR新宿駅長にアポ取りして、2回断られたし・・・
もーいーや、ぜってー行かねー。

そんなゼミ論の話をするんじゃなくてですね・・・
ゼミの後、食事に行ったわけですよ。いつものごとく@もじ蔵。
H井氏の見事なまでのコテさばきを肴に、キャンプにでも行こうかという話になったわけで。

いーですねー、キャンプ。
ぜひ、行きたいものです。
どっかね、ログハウスとか借りてやってみるのも悪くはなさそうです。

なんといっても・・・
一晩中騒げるのも、なかなかないですからね。
酔った勢いあまって・・・気がつけば
寝袋で同衾
していた、なんてのも悪くはないオプションかもしれません。
・・・十分悪いですね、すいません。

そんなわけで。
一気に話が盛り上がったわけですよ。
あれいいねーとか、こういうのおもしろそう、とか、
あんなこと、こんなことしちゃおうか(はぁと)
みたいな。

で。
一発芸をやろう、という話になりまして。
一発芸・・・イッパツゲイですよ?
まぁね、中にはA川氏などモノマネが得意な方も多いですからね。

ですがね。
僕ができるのは
ヌギ芸
くらいですよ?

モノマネで笑わせることはできてもですね。
ヌギ芸からは
引きつった笑いと冷たい視線
しかきませんよ。

もういっそのこと、燃やすなりなんなりして。
ドン引きのきわみまでいってやろうか。

あー、どーしましょ。
どーしたらいいのでしょうか。
誰か、何か面白い芸を伝授してくらはい。

もう・・・イッパツヤッてしまおうか。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-05-25 23:19 | は○しケンイチ的日常

水上、そして万座へ

みなさまこんにちは。


だんだん暑くなってきました。
夏が来るー、きっと夏は来るー
とばかりに、夏の足音が近づいてまいりました。

だんだん暑くなってきました。
すとっぷ・ざ・しーずん・いん・ざ・さん
とばかりに、乾いたココロを潤してみたいものです。
とゆーか、潤してくれる誰かを募集中。
ついでに乾いたカラダも潤してもらいたい、ということで
ちょいちょい・おん・ざ・びーち
とか付き合っていただけるかた募集。

逆にミネラルがなくなりそうですが、そんなこたあ知りませんよ僕は。


もうすぐ夏です。
あと1ヶ月くらいありますが、もうすぐ夏です。
半袖が似合う季節です。
Tシャツが着たくなる季節です。
当然、露出度が高くなる季節です。
Tシャツ・キャミソール・ノースリーブ・上裸
男の妄想と加虐心が何をせずとも膨らんでいく、そんな季節です。

そんな季節だからこそ。
白いブラウスを着ている人に惹かれてしまうわけで。
声かけられたら、ホイホイ着いていくでしょうな。

あの清潔な感じ、
汚してしまいたい衝動に駆られる
のは僕だけでしょうか。

そんな、太陽の季節です。
・・・石原か。


さて。
週末、水上温泉と万座に行ってまいりました。
A田さんと男2人でドライブ。
2泊3日。
自分にとっての快気祝いも込めて、楽しんできました。


1日目
所沢I.C.→水上I.C.→谷川岳(一の倉)→宿

b0044288_1421205.jpg

↑一の倉、めちゃめちゃ水が冷たかった~。

温泉、3回は入りました。
露天風呂もなかなか良くて。
料理も良かった!


2日目
水上→草津(通過)→万座

b0044288_14424031.jpg

↑途中、通った吾妻峡。
緑が映えますね~。
新緑の季節でござい。

b0044288_14265779.jpg

↑宿から見える、万座温泉の源泉。
窓を開けると、硫黄の匂いが入って来るんだよなぁ・・・
でも、暑いから開けてましたがw

時間が余ったので、軽井沢まで一走り。
プリンとバームクーヘンを買うためだけに行くっていう。
浅間山、綺麗でした。
うーん、綺麗というよか、雄大でした。

でっかくなっちゃった
みたいな。
アレ、じゃなくて、気持ちがね。


万座プリンスホテル、いいとこでした。
受付の新人の女の子がかわいかったらしい。(A田氏談
僕はかわいいとは思いませんでしたが。
ま、人間いろいろ、趣味もいろいろ、好みもいろいろ、
性癖もいろいろですからね。

ですがね。
あの、混浴の表示のない露天風呂
ってのはどーなんですか?
オバチャンにはかるく犯罪者扱いされましたしね。
どっちが犯罪だよ、と。
タオルぐらい巻いて入ってこいよ
って話です。
見たくないもの見ちゃったじゃないですか!
神秘も時間が経てば醜悪に変化してしまうようで。
嗚呼、無残・・・

目が見えることを一瞬後悔した瞬間でした。

ちなみに。
万座は日本で一番高い温泉だそうで。
夜は、星がとても綺麗でした。

幾千の星に抱かれてー  君は確かに震えてたー

震わせてみたいよ、LUNA SEA。


3日目は軽井沢にて。
とーぜん、アウトレットで買い物~。
Gジャンを買いました。
前から欲しかったんだよね。
7000円と、なかなかお手ごろなお値段で買えました。


山の天気は変わりやすかったけれど、天気にも恵まれて楽しい旅行でした。
どの道も、走り応えありそう。
また走ってみたいものです。

いつか、X-Trailとか乗って、運転してみたいとです。
もっと先には、チェロキーとか乗りこなしてみたいとです。

その前に、もっと練習しなきゃー。
おかべー、車出して☆
[PR]
by rinnken1228 | 2007-05-22 14:46 | は○しケンイチ的日常

万座温泉

ただいま万座プリンスにおります~。
水上温泉からこっちにきました。
白根山、相も変わらず独特のにほひを発しております。
さぁ、温泉入るか~。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-05-19 13:54

ただいま工学院

ただいま、工学院大学にいます。
もっと詳しく言えば、学食にいます。
完全アウェーな状況で、ゴーヤチャンプルー食べてます。
苦味が身にしみます。

この大学は、どうしていかつい感じの方が多いのでしょうか?
見た目怖い方が多いのでしょうか。

さっさとフィールドワークの振り返りを終わらせて、帰ります。
だって、怖いんだもの。

以上、現場から東海林でした。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-05-15 18:23

食塩=ナトリウム×2.5

みなさまこんばんみ。

風呂場の排水溝が完全に詰まりまして。
シャワーを浴びるたびに洪水が起きるという、
スプラッシュマウンテンの水飛沫を浴びるくらいの不快感
を毎度味わっているわけで。

ディ○ニー○ンドなんて、無くなってしまえばいいのに、夏。

というわけで。
某化学品メーカーの排水溝ぬめり取りなるものを買ってきて、早速使ってみたわけですが。

・・・

・・・


・・・


・・・・・・


・・・・・・


・・・・効かない!!


風呂場が塩素臭くて入れたもんじゃありませんよ。


僕の老廃物(というか、毛)は、そんなに頑丈なつくりをしているのでしょうか。
おそらく、
ターミネーターレベルの不死身度
を発揮しているのでしょう。
一度、理化学研究所あたりで調べた方がいいかもしれません。
つーか、そんな特殊能力、欲しくなんかありません。


今日は午前中の授業に出席した後、1ヶ月ぶりの外来でした。
政治史、出席とりました。
法社会学、絶対に途中で寝ます。

で、外来について。
今回も尿蛋白は陰性でした。
経過は順調なようで、また水曜から減薬です。
今までの18mgから、16mgへ。
順調です、自分でも怖いくらい、倒置法。

日焼けというのは、意外と体力を消耗するものなんだそうです。
あまり好ましくはないとは言われましたが。
まぁ、たまにはいいのでしょう。
でも、これまで普通にやってよかったことに制限がかかると、多少なりともイライラします。
それをどこにぶつけたらいいのかわかりませんからね。


そういえば。
元広島・ヤクルトの小早川選手も僕と同じ病気だったそうです。
ということは。
ゆくゆくは、僕もがっつり運動してもいい、ってことなのでしょうか。
同じ病気の人がプロの世界で活躍していた、っていうだけでも、勇気づけられますね。

同じ病気つながりで。
病気になってから、食品の栄養表示を気にするようになりました。
特に、塩分表示を。
だいたい、そこには「食塩」って表記されるか、「ナトリウム」って表記されてるんですよね。
どっちも同じだと思っていたわけですが。

ところがどっこい。
ナトリウムを食塩換算するためには、2.5倍せないかんことが判明。
つまり、ナトリウム800㎎ってことは、食塩2gに相当するわけです。
2gですよ?
僕の1日の量の約3分の1ですよ?
普通の人でも、1日の基準量の5分の1です。
つい最近まで騙されてました。
ふつーに。

それも、もしかしたらひとつのフレーミングなのかなぁ、などと思ってしまったのですが。
いや、都合の悪い部分を隠している、というようにも受け取れて。
塩分は多くない方がいいですからね。
知ってなきゃわからないわけですから。

ちょっと、せこいなーと思ってしまったわけでしたとさ。
ま、そんなもんか。

今日は久々にゆっくり寝れる☆
お疲れさまー。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-05-14 23:35 | は○しケンイチ的日常

Nさんとの関係についての回答

みなさまこんばんは。
たびたび連投、失礼いたします。

国立に戻ってすぐ、髪を切りました。
といっても、長さはほとんど変わりませんが。
もう、ラインを入れたり、モヒカンにするような余裕も自信もなくてですね。

長い髪を短く切った時、「もう若くないさ」とばんばひろふみは言い訳したそうですが、
僕もまた似たような心境でございまして。
では、僕は誰に言い訳すればいいのでしょうか?
Nさんでしょうか?
そうかもね。

つーか。
ツキアッテネーヨ。
連絡先シラネーヨ。

・・・角野卓三ジャネーヨ。

Nさん、お願いだから合コン開いてください。
明日病院行きますんで。


ところで。
先日、ゼミで飲んだという話は書きましたが。
その時ですね。
一部の方々から鋭いツッコミをいただきまして。

ひとつは、
「は○しケンイチは本当に変態なのか?」
ということであり。
もうひとつは、
「は○しケンイチにとって、Nさんとはどういった存在なのか?」
ということであり。


前者のほうは、全会一致で「変態じゃない」という結論に至ったわけですが。

間違っても
看護婦さんから下着の色を聞きだすようなスキル
なんて持ってやいませんからね。
ヒロミ兄さんじゃないんだから。

で。
後者のほうは議論が紛糾いたしまして。
僕の記憶によると。

当然のことながら、ネタじゃないといえばウソになるわけでして。
では、ネタかといえば、それもまたそうとも言い切れない。
一緒に寝たかどうかは必死に否定できますが、ネタであることは必死に否定はできないわけで。
まわりくどくなりましたが、簡潔に言いますとですね。
一緒に寝たことを否定するほどの必死さで否定することのできない絶妙なネタさ加減の存在なのです。
僕にとってのNさんは。

すると、各方面から批判の矢面に立たされまして。
医療関係者の方々からは、
「看護師をナメてるのか?」と糾弾されそうですし、
女性保護団体からは、
「男の風上にもおけない」などと福島○ずほあたりから辛らつなコメントをいただくのでしょう。

(別に、風下でもえーよ)

身近なところでは、ゼミの女性陣から
「どうしようもない子」という痛々しい視線
を投げかけられるわけです。
僕の記憶が確かならば、鹿賀武史。


そうなるとですね。
僕自身、男としての説明責任を果さねばならなくなるわけですよ。

だからですね。
僕とNさんの関係はですね。
いうなれば、
「めぞん一刻」の音無さんと浪人生的な関係
なわけです。


はいはい、おあとがよろしいようで。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-05-13 23:44 | は○しケンイチ的こころ

口だけ星人とーじょー

みなさまこんにちは。
ただいま実家でございます。


外来行ったら、
担当医が高田一夫だった
という夢を見て飛び起きました。

T田K夫なんかに診てもらいたくありません。
薬の処方とか、ちょーてきとーだし。
つーか、なぜかプレドニンを静注されたし。
・・・意味不明

縁起悪いことこの上ないのですが。


昨日、リーグの応援に行っていたため、めちゃくちゃ日に焼けています。
しかも、顔の上半分しか焼けてない、っていう。
・・・マスクしてたからね。

今さらながら、ヒリヒリしてちょっと痛いとです。


リーグ戦1日目は東京学芸大と東海大と、文教大の途中まで。
学芸、東海共に負けてしまって、今のとこ0勝2敗です。
でも、惜しい試合内容だったように思いました。
決して、先を悲観するような内容ではなかったと思うし。

同期とか後輩が頑張っているのを見ていると、なんだか、体の芯からアツい何かがこみ上げてくるのを感じました。
すげーよなぁ、みんな。

彼らに対して、自分は頑張っていると胸を張っていえるかどうか。

まだまだー
やね。

当然、フィールドは違うけどさ。


あー、情けねー
つーか、完全に口だけだわ~

自分に腹が立つね。
ゼミ論すら仕上がんないとか、ホントありえんから。

あ~、口だけ星人だ~。
終わっとるー。


明日は外来です。
今日だと思ってたら、実は明日でした。
今日、日曜だもんね。
尿蛋白、出ませんよーに。
プレドニン、減薬できますよーに。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-05-13 15:39 | は○しケンイチ的日常