<   2007年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

事実を知る、そして伝える

事実はひとつ、だけど真実は人の数だけ。
小学校だか中学校の頃だったか、そんな話を聞いたことがある。

元来僕は、知りたがり屋だった。
なんでも知っていないと落ち着かない性分だった。
だから何に対しても首を突っ込んでいた気がする。
人伝いに聞くのが、一番嫌いな人間だった。

それは社会に対しても、政治に対しても同じだった。
大人になったら、社会のあらゆるものを自分の目で見ることができる
そう思っていた中学・高校の頃。
自然な流れなのか、高校の頃の夢は、ジャーナリストだった。新聞記者だった。
その目で、耳で、肌で、その事実を体感することができるから。

けれど大学に入ってちょっとその考え方に疑問を持つようになった。
まったく事実が伝えられていないような気がしたから。
何もかもが、ゆがんで伝わっていく。
事実が歪んだ真実になる。
まるで、伝言ゲームのように。

怒りに任せたような報道。
元からセットされたような状況の中で伝えようとする、身勝手さ。
そして。
言いたい放題の口だけで、何も責任を取らない自称コメンテーター&ジャーナリスト達。
あいつら、自分の安全ばかり考えていやがる。
それ以来、報道という世界に興味を持てなくなった。
それまでは、聖職だと思っていたのに。


だけど。
事実を知りたい、という気持ちが強くなってきた。
そして、その事実を伝えたいという気持ちも強くなった。
伝えた時点で、それは事実ではなくなる。
真実になってしまう。
ならば、事実により近い真実を伝えようじゃないか。
現場に行って、見て、聞いて、肌で感じたことをそのまま伝えようじゃないか。
良い部分も、悪い部分も、そのまま。
それがどんなに危険な場所であったとしても、そうしたい。
沢田教一のように。一之瀬泰造のように。

そんな思いが強くなる、今日この頃。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-09-29 13:39 | は○しケンイチ的こころ

悲ⅢC

来週から大学が始まります。
成績が返ってきました。

登録24単位中、20単位取得。
はい。
留年決定ですがなにか?

頭ではわかっていたものの、やはり現実を受け入れるのは悲しいわけで。
フル単じゃなければ卒業できないバスケ部の彼はどうだったのでしょうか?
そんなわけで。
来年もよろしくお願いいたします、H大学さま。

そんなわけで久々に入った西本館。
某T田ゼミの3年生から、我らがM村ゼミに転ゼミしたいとの相談がありまして。
どうなのでしょうか、それって可能なのでしょうか?
僕は知りません。

ただ。
来年は4年生が3人というとてつもなくさびしい状況だったりするので、入ってもらいたいとは思ったりしますよええ。

これから同期を増やすべく、卒業が決まっていない方々には茶々を入れていく所存です。
覚悟しなさい、お○べとかI上ヒロミさんとか。


今日はW塾にてシフト。
できもしないのに数学、だったりする。
というよりもむしろ、あろうことかⅢCだったりするわけで。
軽くというよりもむしろ、
かなりの詐欺だったりする
そんな状況でして。
ま、人がいないんですよ、しょうがない。
ちょっとくらいは数学できます、なんて言ったがためにこんな状況に。
嗚呼・・・orz...

というわけで。
最近微分積分やら、導関数やら、無理関数やらがなんとなくわかってきたというこの状況。
悪いことではないかと。
ええ。

4年にもなって数理が足りないという悲惨な状況ですからね。
今度こそ大学で微積の授業を履修しようかと考えています。
周りは1年ばっかなんだろうね。
でもそんなの関係ねぇ。
はい、おっぱっぴー。
おーしゃんぱしふぃっくぴーす。
意味、わかんね。

というわけで、金曜のシフトは軽く地獄です。


食堂にて、お○べにタイのゴーゴーバーの良さを力説されたわけですが。
明らかに近くにいた女性の方々はドン引きしていたことと思いますが。
ある意味空気嫁よ的な空気が漂っていたことと思います。
あいつらまじKYだよとか言われていたんだろうね、知らないけど。

ゴーゴーバーの話で発情するほど病んではおりませんが。
そろそろ人肌が恋しくなる、そんな季節となりました。
クリスマスまで、あと3ヶ月だったりするわけで。
つまりは誕生日まであと3ヶ月だったりして。
ということは、2007年も残すところあと3ヶ月だったりする。
そんな季節。
もう、秋です。

W塾I袋校でお世話になったK嶋さんから、女の子を紹介してくれるとのお誘いが。
相手の子、18歳だったりする。
年の差、(まだ)3歳だったりする。
うん、許容範囲やね。

そして・・・
18歳は自分にとっての鬼門だったりするのは気のせいでしょうか。
まるで、阿部内閣の農水相のように。

ま、適度に期待することにします。
はいー。


結局明日はI袋のシフトに入るのでしょうか?
連絡ありません。
音信不通です、はい。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-09-29 02:10 | は○しケンイチ的日常

緊張感を持ちつつ、自分も楽しむ

夜中に何度も電話をかけてくるのは、非常識極まりないと思いますが、どうでしょう。
そう思うのは僕だけでしょうか。
ま、いいや。


やっとこさ、シ○ィカードから承認をいただきました。
やっとこさ、使えるようになりました。
A田さん、ほんとすいません。


涼しくなってきました。
肌寒く感じることも多くなってきたような気がします。
そろそろ秋冬物の出番だったりするわけで。
先日アウトレットで買った長袖を着ちゃったりしました。
W塾T川校の同僚3人組で軽井沢行ったときの。

そういうイベントを企画する側になったのだなぁと、しみじみ感じております。
これまではついていく立場だったので。
ま、企画するの大好きですし、いいかなとは思いますが。
ちなみに僕が車を運転すると、
必ずやなんらかに巻き込まれるのは
気のせいでしょうか。
悪天候やら大渋滞やら。


ボランティア先の方から、ネクタイをもらいました。
もちろん、ピンクの。
今度のイベントで使います、うん。
10月が一番ボランティアが忙しいらしいです。
なんだか文化祭の運営をやっている気分。
うん、楽しもう。
なんだか高校生のころに戻った感じです。
やっぱそういうのが好きなのかもしれません、僕は。

緊張感を持ちつつ、自分も楽しむ。
それが一番。
そんなことを学んだ、高校の文化祭。
よし、楽しもう。


日曜、F1を観にいきます。
もちろん、富士スピードウェイだったりします。
楽しみだったりします。
というわけで、土曜もバイトけってい。

ところでお○べさん、お金は大丈夫?


明日は大学生活7回目の成績発表。
自分の人生が決まります、おそらく。
(おそらく)留年が決定いたします。
まだ決まったわけじゃないよ。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-09-28 01:50 | は○しケンイチ的日常

どうぞ、寝返ってください

b0044288_129139.jpg

日比谷駅で偶然みかけたこの広告。
なんかいいね、と思わず撮っちゃいました。
さすがコンチネンタル航空。ランキング上位にくるだけありますな。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-09-26 12:09

ま、そんな毎日です。

今までなんだかんだで逃げ回っていた、新聞代金の支払いでありますが。
ついに支払うハメになっちゃったわけで。
まさかね、
家の前で待ち伏せはないでしょう。

仕方ないので支払いました。
8000円はイタイ。


面倒くさいことになると、その存在を完全に無視することがクセのワタクシではありますが。
とりあえず着拒
が一部の間で名言扱いされるのは、いささか驚きではあります。
自分でもあまりよろしくないとは解っているんですがね。
面倒なことになると、そういう行為に走ったりします、たまに。


先日実家に帰った際に、おそろしく顔が浮腫んでいたらしく、母親にひどく心配されました。
自分の中では特に変わっていませんでしたからね。
太っただけだとは思いますが。
いろいろな方々にご迷惑をおかけしながらも生きております、どうにか。
少なくとも就活が終わるまでは再発しないでいただきたい。
できることなら、一生再発しないでいただきたい。


ゼミの調べ物のために図書館に行ったのですが、あろうことかずっとyoutube観てますた。
ずーっとエヴァンゲリオン鑑賞してたのは、何を隠そうこの僕です。
ついでに、下駄をカランカラン鳴らして歩いていたのも、この僕だったりします。
どうもすいませんでした、お勉強中の方々。

HEROなんかよりも、劇場版のEVAのほうが興味がある、そんな今日この頃。
中秋の名月が、家からじゃ全く見えません。
団子を買いました。みたらし団子を。


自分のボランティア先開催のイベントまで、あと1ヶ月をきりました。
いまだに英語はほとんどしゃべれません。
通訳してもらって、どうにか会話が成り立っているというこの現状。
TOEICは今受けても、おそらく300点台でしょうね。
それが僕です。

ちなみにそのイベント、三田のウェスティンでやります。
れっきとしたパーティーだったりします。
当日のボランティアの方も募集中だったりしますので、ぜひ。
詳しくは、こちら

今年はそれを成功させることに力を注いで、なにかを得たいと思ったりもするわけで。


ま、どうにかこうにか生きています、ってことです。


福田新首相のマスコミ評を聞いて、民意というもののなんたる馬鹿げたものかを感じる今日この頃。
そんな毎日です。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-09-25 23:42 | は○しケンイチ的日常

Cool Head, Burning Mind

脳内メーカーとかあるそうですが、体内メーカーなるものもあるそうで。
とゆーわけで、やってみた。

「は○しけんいち」の体内 - 体内メーカー

ちょwww
腎臓が「辛」ってなによ?
ちょっとリアルすぎて困りますた。

ちなみに病後は順調だったりします。
蛋白がちょろっと出たり、足にむくみがでたりなどとヒヤヒヤの連続ではありますが。
そう考えると、まだ万全ではないのかもしれませんが。
ま、天災は忘れたころにやってくる、ということで。
気をつけねばいかぬようです。


さて。
昨日は実家に帰りました。バスケ部のO野と一緒に。

そして今日。
バスケの試合を観に行きますた。

一橋vs東大@江戸川大学

東大には高校の同期もいるし、一度は観に行きたかったのですよ。
結果は、東大の勝ち。

バスケに関してはド素人の僕も、十分楽しませてもらいました。
なんでファールになるのかよくわからないシーンもたくさんあったけれど。w
玄人からのとはまた違ったように僕には映ったんだと思います。
白熱した試合だったと思う。


スポーツって、やっぱり人を熱くさせるね。
観るのも楽しいし、もちろんやるのも楽しい。
そして、体を思う存分動かせない自分がもどかしくなったりもするけれど。

でもその熱さって、スポーツ以外に対してもいえることなのかも、とも思ったりする。
その熱さを心の中に満たして生きていけたら、本当に幸せなんだろうな。

それが
Cool Head, Hot Mindってやつか。
いや。
Cool Head, Burning Mind
なのかな。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-09-24 00:33 | は○しケンイチ的日常

相手の気持ち

やっぱり小島よしおのどこがおもしろいのか、わかりません。
おっぱっぴーって、どーゆー意味ですか?

はて。


今週は妙にW塾のシフトに入ったりしています。
自分でも意外なくらい。
うん。

月曜:立川
火曜:池袋
木曜:池袋

明日・明後日と立川のシフトに入るわけで。
まー、今月いっぱい休みですからね。
荒稼ぎさせてもらいますよ。
とか言いつつ、あまり稼いでませんがね、実際は。

先週、久々に池袋に入ったら、
「おめー、貫禄ねぇなぁ」
と言われました。
スタッフに。

おめぇに言われたかねぇよ
と思いましたが、はたしてどうか。
ま、貫禄がないのは今に始まったことではないのでよいのですが。
そういわれると微妙に悲しかったりします、こんな僕でも。
すこしぐらいは貫禄というものがついてほしいものであったりします。
無理なら無理で、しょうがない。

やはりー、立川のほうが居心地いいし、好きだったりします。
んー、池袋は池袋で、それなりに良さがあるのかもしれんが。
僕にはわかりません、残念ながら。


火曜日は移動が大変でした、池袋までの。
新宿で山手線が止まったとのアナウンス。
「振り替え輸送をしています」
とのことだったので、総武線で飯田橋まで出て、そこから有楽町線を使うルートを選択。

飯田橋に着いたころには、どうやら運転再開していたようなのですが、
振り替えの切符をもらおうと駅員に尋ねたら、
「再開してるんで出せません」
の一言。

ちょっと待て、と。
振り替え輸送してるって言ったのはどこのどいつだ、と。
同じJ○の職員だろが、と。
電車止まってるからそこまできてるのに、無駄金払わせるんかい、と。
唖然としましたわ。
戻るのも癪だったので、払いましたが。

そういう手続きをとるのは面倒なのかもしれん。
だけど、どっかのそういうことを言った職員がいる以上は、振り替えさせろよ、と思うのは間違っているのでしょうか?
ま、あっちにはあっちの言い分があるだろうけれど、そこらへんの気配りができなかったら、どんどん客は離れていくと思う。
それてもインフラであるがゆえのおごりみたいのがあるんだろうか?
よくわからんが、多少なりともいやな気分になりました。
インフラであると同時に、サービス業であるんだからさ。
そこらへん考えないと、イメージはどんどん悪くなりますよ、と。


それは極端な例かもしれんが、相手の気持ちを読み取るのって、重要だと思う。
満員電車でつり革持たずにゲームしてるやつとか。
あんま好きな言葉じゃないけれど、さすがに空気嫁よって思った。
それは自分にも言える言葉だがね。
僕も空気読めません、あまり。

それって、恋愛にも通じるのかもしれん。
ろくな恋愛したことない自分には、よくわからんが。

難しいなーと思いつつ、でも必要なんだろうなーと思った、残暑厳しい9月のこと。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-09-21 01:43 | は○しケンイチ的日常

海城ライフ

「ライフ」観ますた。
ん~、福田沙紀かわいーね、やっぱし。
あーいう顔、けっこう好きだったりするわけで。
んー、北乃きいもかわいーかな。
どうせ面食いですが何か問題でも?

最終回のあの終わり方は、賛否両論あると思うけど、あれはあれでよかった気がする。
ハッピーエンドで終わりましたー、とかだったら、そりゃそれで現実離れしすぎだと思いますし。
だからといって完全にバットエンドでも、未来に希望が持てなくなる。
それくらい叩き落してもいいのかもしれんけどね。
原作読んでないからよく知らんけども。

男よりも女のほうが陰湿だとはいいますが。
本当にあんな感じなのでしょうか。
中高男子校だったので、そういう部分に触れたことのない自分は、またーくわかりません。
ま、いじめの取り巻きってのは、なんとなーくわかる気がするがね。
誰もがサディスティックな感情を持ってるんだよ、たぶん。
だけどその感情の矛先を、自分に向けられたくないだけ。
だから「いじめ」って行為は、ある意味合理的な行為なんだと思う。
別に肯定する気はさらさらないけれど。
それそのものを否定するんじゃなくて、そういう選択肢を取らせないようにすることを考えたほうが、生産的な気はするけれど。
残念ながら、いじられたことは多々あるけれど、いじめられたことがないのでよくわからん。


そんな高校時代を過ごした僕です、どうもおはようございます。
昨日はK城高校の文化祭に行ってきましたー。
with I川。
来週が文化祭だと思っていたので、少しびっくりしましたが。
本当はラクロスの試合を観にいくつもりだったのに・・・
ごめんよー。

んー。
高校生。
若いね。
あの熱気には、もうついていけません。
でも、当時を思い出して、ちょっと懐かしかったなー。
あのころは、若かった。
そしてそれなりに輝いていた気がする。
・・・いまは?

そしてー。
うちらの代よりも、女子高生が多かったことに驚きましたよ、うん。
2日で1万7千人程度を見込んでるらしいです、来場者数。
確か、うちの代で1万5千弱だったか。
それでも、当時は歴代最多だったんですよ。

つーか、
皆様化粧濃くね?
って思ったのは僕だけでしょうか。
気合はいってんねー。
ま、いいのではないでしょうか、それはそれで。

でもって。
制服見ただけで高校名がわかってしまうあたり、まだ自分も捨てたものではないようです。
どんだけ変態なんだよ、じぶん。

今日は行けないけれど、文実のみなさん、思いっきり暴れてくれい。
K城の最寄り駅は、JR新大久保駅なので、ぜひ寄ってみてくださいな。


高校をあとにして、馬場で一杯・・・
というところで、
山さん
に遭遇。
何たる偶然。
山さんと彼の後輩とで4人で飲みました。
まー、濃いキャラだから相当変な話で盛り上がりましたがね。
特に将来この国の防衛を担うI川は際立っていたと思いますが。
まぁ、きわどい状況に立たされているとは思いますが、この国の将来、任せたよ。
かなり不安だが。

こういう場に行くと気づかされるけれど、K城ってかなり優秀な人間が集まってたんだと思う。
いや、優秀っていうよりも・・・
バイタリティがあるというか、なんというか。
いい意味で人間くささがあるんだよね、みんな。
それが魅力になってると思う。
いまさらながら思うこと。

あの高校に通えてよかったな。
感謝。


飲んだ後、Y谷(家?)と合流してラーメン食いました。
高校時代、まったく交流なかったけどね、彼とは。


これから車運転します。
軽く二日酔い&焼き鳥が残ってて気持ち悪いす。
年には勝てん。
がんばろー。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-09-16 06:57 | は○しケンイチ的日常

9月13日

先日、初めて「イケメン♂パラダイス」をみて
妙に癒されました
はい。そんな今日この頃でして。

それにしても。
城田優が琴欧州にしか見えない
のは気のせいでしょうか?
残念ながら、そうなのです。


某W塾にて、久々に池袋校のシフトに入りました。
9月いっぱいは入る予定であります。
やはり雰囲気は立川のほうが好きだったりしますが、果たしてどうか。
別に口出しする気はないけれど。


髪をばっさりと切りました。
久々に短髪です。
やはり短いほうが好きかもです。
当分は伸ばしません。

ついでに染めました。
あまりにも黒々としていたので気持ち悪かったものですから。
今度は茶色が目立ちすぎて、困っております。
どーしましょーかね。


某日本国の首相が辞任したそうです。
辞めようが辞めまいが、この後誰が首相になろうが、知ったこっちゃあありません。
選挙行ってないし。

ただね。
その様子を見て、権力>国政と判断する見方は、どうもおかしいと思う。
なぜならば、権力を握らなければ、国政を担うことができないから。
権力を握ってこそ、思うような政治を行うことができると思う。
まーいーや、言いたいやつには言わせておけばいいんじゃない?
それこそ、政治の本質なのかもしれんけども。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-09-14 01:23 | は○しケンイチ的日常

天国と地獄→輪違屋糸里→生きる

最近の気になるCM。
これ。
Soweluを使ってるところもいいけれど、商品のイメージをうまく伝えきれているのではないでしょうか。

逆にこのCM
久々にイラッときました。
大泉洋はいいんだけどさ。
むしろ好きなんだけどさ。
なんか腹が立つ。
でも印象に残るから、戦略的には成功なのかもねー。


みなさまこんばんみ。
テープ起こしの声が全く聞こえません。
まぁ、仕方ねーか、頑張ろうじぶん。
どーにかしないとねー。

とかいいつつ観ちゃいました。
天国と地獄のリメイク版。

んー。
んー。
うーーーーん。

感想。
ひどかったね、以上。
観ただけ損した。
何がって、演出が最悪。
原作の良さがまったく活かされていないというか。
あの作品は終わりの部分にこそ良さがあるのであって。
面会のシーンで終わらせるのことに意味があったはず。
もちろん解釈の仕方は人それぞれだろうから、なんとも言えないけれど。

現代風にアレンジしたがゆえに難しい部分もあったのだと思う。
携帯電話もなかなか不自然だったし、マスコミが一致団結した部分も、今の感覚ではどうも解せない。
どこかちぐはぐな印象がありました。

犯人側の心理描写もよくわからない。
もっと竹内銀次郎(妻夫木)の屈折した感情を表に出しても良かったのだと思う。
最初から犯人の顔を出すのは意味がわからないし、残念ながら、犯人役を演じるには、妻夫木の顔は綺麗すぎる。
そんななかでも、それなりの演技はしていたと思うけれど。
ただ、底辺の人間を演じるには、お洒落すぎるかな。暗さがまったく伝わらない。

そして・・・
共犯者の心理描写をする必要がどこにあったのか。
犯人の側にも人間的な部分があることを見せようとしたのか?
それならば、最後に「死刑」の見出しを出す意味がまったくもってわからない。

リメイク版を観ても、「天国と地獄」というタイトルがどうしてもしっくりきません。
何が「天国と地獄」なのか。
もっと、原作を深く読み取るべきだったんじゃないのかなぁ?
詰めの甘さというか、表面だけさらっている印象がぬぐえませんでした。

泉谷しげる演じる清掃員のおっちゃんと、伊武雅刀演じる刑事がいい味出してましたが、それ以外は・・・
やはりあの作品はモノクロだからこそ、良かったのでしょうな。


翌日の「生きる」も、そして「輪違屋糸里」もひどかった。
「生きる」は、志村喬だからよかったのでしょう。
松本幸四郎では、ちょっと切れ者の印象が強いかな。
深田恭子もちょっとミスキャストではなかっただろうか?
ちょっとフワフワしすぎではないでしょうか?
ユースケ・サンタマリアや渡辺いっけいは良かったと思う。
渡辺いっけいが演じた役は原作でも一番好きな役。
確か原作は左卜全が演じていたはず。

「助役とはっきり言え!」
と言ってた役ですよ。

ん~。
今だったら誰が渡辺勘治を演じられるだろうか。
思いつかんなぁ・・・


輪違屋糸里・・・
ありゃあ、演出以前の問題だった。
目に力が入ってないってば。
中村獅童はよかったけれど。
[PR]
by rinnken1228 | 2007-09-10 11:41 | は○しケンイチ的日常