<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

それでもやっぱり、死刑は嫌いだ

請求金額、67万円でした。
請求書って来るとなんだかね、現実味ってのが湧くねww

えー、カンパとかお願いするかもしれませんので、そのときは優しく対応してやってください。
いつか、恩返しはしますので。
たぶん。


朝、大学行く途中、チャリンコがパンクしました。
おかげで試験、遅刻しました。
ま、遅刻しようがしまいが、できなかったから変わりませんが。
へいへい。

今年は僕にとって中殺界なのでしょうか。
それ以上に、タイヤ殺界な気がしないでもありませんが。
なんだか不吉な予感がプンプンする。


今日、どっかの事件の裁判で、死刑の求刑がされたと聞きました。
そのたびに思うのです。
僕は、やっぱり死刑が嫌いだ、と。

確かに、遺族の気持ちはわかるんです。
家族を殺されたことなんてない僕からすれば、彼らの気持ちは1パーセントもわからないけれど、それでも痛いほどその気持ちはわかるつもりです。
でも、いや、だからこそ、彼らには死刑を支持してほしくないのです。

死刑とは、合法的な殺人といえるでしょう。
でも、犯罪である殺人と共通する部分がひとつあります。
それは、人の命を奪っているということ。
単純で当たり前ですが、根本的な事実です。
そこを見落としてはいまいか。

人の命を奪うって、とても理不尽なことです。
はっきり言って、大方の場合は殺す側のエゴですから。
もちろん、そうじゃない場合もあるとは思うけれど。
人間、いや生物全部、理不尽な生き物です。
自分が生きのびるために、他のものを殺す。
そして、食べる。
それが自然の必然、されど無常なものだと思う。

僕たちは日々、肉を食べます。卵も食べます。野菜も食べる。
それを体の中に入れることで、食物となった彼らの記憶さえも食べていると思うんです。
これまで、彼らが生きてきた道のりも全部からだの中に組み入れていってると思うんです。
だから生物は成長していく。
非科学的だけど、そう思いたい。

もちろん人間の肉を食べるわけにはいかないけれど、人を殺した人は、だからこそその人の分まで生き抜くべきだと思うんです。
それが、自分の志半ばで命を奪われたものに対する責任の果たし方だと思うんです。
だから、もっと強く生きなければならない。
もっと一生懸命に生きなければならない。
そう思うんです。


「人を殺した人間は人間じゃない、だから死刑にしていいんだ」
そんな論理があるそうです。
おかしくないですか?
「人間じゃない」から「殺していい」という論理。
誰が、どこで、どうやって人間かどうかの判断基準を設けたんだ?
死刑を肯定したいがために、自分も人を殺そうとしていることを隠そうとしているだけじゃないか。

そして。
「みんなが嫌がっているから、怖がっているから、死刑にしていいんだ」
そんなのもあるそうです。
これって、魔女狩りじゃないですか。
村八分もここまでくると、たいしたもんだ。
学校では、「死ね!」なんて言葉を吐いたら、よく怒られたものです。
でも大人の社会は違うみたいです。
「頼むから死んでくれ」と思えば、死刑にできるのですから。
どんないじめよりもたちが悪い。


人の命を奪うこと、それを意識したうえで死刑を支持するのならばわかります。
だけど、その重みを無視して支持する人には、僕は違和感を覚えて仕方がないのです。



ん。おあとがよろしいようで。
さて、ES書くか。
[PR]
by rinnken1228 | 2008-01-26 01:47 | は○しケンイチ的こころ

ろくじゅうまん

ただいま図書館にいるわけですが。
んー、ESが終わらん。
自分で書いて納得しても、周りの人から見たらツッコミどころ満載なんてことは、よくあるわけで。
痛いほど痛感しました。
自分でも自分で書いたものについてツッコミどころが腐るほどあるのですが、それ以上に出てくるわけで。

I矢さん、よろしくおねがいいたします、いろいろと。

んー。


で。
ろくじゅうまんの請求が来ました。
某レンタカー会社から。
ん。
やべーな。

ま、交渉次第の部分も大きいですが。
さてどうなることやら。
とゆーか、おかしくね?
17万くらいって言ってたのにさ。
それの約4倍って、ないでしょww
どんだけヤクザな商売なんだ、と思ったりしました。
悪いのは自分なんだけどね。

おそらく、交通事故として処理されなかったのでしょう。
そこが大きいと思われます。
あとは、営業に穴あけたか。
それとも、ピンハネ・・・か。

・・・
とりあえず着拒
とか使えないですかね?

無理かー。
orz...


こればかりは、ネタとして自分の中に落とし込むまで時間がかかりそうです。

分割払いって、できるのかなぁ・・・
限度額超えちゃうよぉ。
[PR]
by rinnken1228 | 2008-01-23 20:33 | は○しケンイチ的日常

某ゼミテンのメーリス

先ほど某ゼミテンからとんでもないメーリスが回ってきました。

この男、卒論の原稿回してきやがった。

ただ単純に添削を頼むという、この文面。
他のゼミテンを焦らせるという効果もお持ちです。
至極真っ当なこの内容、しかしながらそうであるがゆえにKYな内容だったりします。


・・・と、いいましてもね、僕自身はまったく関係がないわけでして。
だって、今年は卒業しないですからね。
みなさん、がんばってねー。

いいんですよ、残っても。
あきらめるという選択肢もひとつにはありますからね。
その選択が結果的に英断だった、って場合も十分ありえますからね。
目先ばかりにとらわれてはいけませんよ。
どーです?もう1年残りたいでしょ?
あと365日多くモラトリアムを過ごしたいでしょ?
ほら、ほら。


・・・これ以上言うと、タコ殴りにされかねないのでやめておきます。
ん。


でも・・・原稿が回ってきたってことはだ。
俺ら添削しなきゃいけないじゃん。
はい、24日ゼミ出席しますー。



某企業の説明会の帰りに、丸ビルに寄ってきました。
冷凍マンモスの展示会があったので。
冷凍保存する技術なんかは、正直すごいなーと思いました。
でもその反面、マンモスにとってはかわいそうなことだなーと思いました。
死体をいろんな人に見られていい気持ちはしないでしょう。
ま、死体に気持ちがあるのかどうかは別として。
いっそのこと、自然に分解されたほうが、彼としては良かったんじゃないかとか思ってしまうわけです。
科学っていうのは難しいね。
誰のための科学なのか、偽善じゃないのか、いろいろ考えてしまいます。
ん。
でも純粋に、技術の進歩は素晴らしいなとは思った。

それに加えて、自然の力も偉大なんだな。
すげーな。
それに挑む人間っていうのは、強いのか、それとも弱いのか。
難しいなー。
[PR]
by rinnken1228 | 2008-01-23 00:31 | は○しケンイチ的日常

新年会でいろいろ用意した件について

最近の気になることは、U山さんの結果だったりします。
紹介してください、お願いします。
それと、「ブラジャーは透けない」という理由で広末涼子のCMは差し替えられたのに、なぜ「合体したい」とか「気持ちいー」っていってるCMは差し替えられないのか、ということです。


新年会に行ってきました。
あ、塾のほうのね。

なぜか、4年の僕が幹事をするという、意味不明な展開だったのですが。
おかしい、絶対におかしい。
こういうのって下級生がやるんじゃないですかね、ふつう。
えーと。
なんていうのでしょうか。
んー。

威厳がないってことなのか?

同意したやつら、覚えてろよ。


参加者11人と、意外と集まりまして。
成人した4人には、プレゼントも用意しました。
グラスと、ミニチュアボトルのセット。
いいセンスしてるでしょ?
自画自賛もさせてくださいよ。

うむ。

ちゃんとねー、組み合わせも考えたんですよー。
全員違うカクテルになるようにしっかり考えました。
相談に乗ってくれた、K保田とDOLCEのマスター、ありがとうございます。
すげーだろ、うそです。
いい先輩だなぁ自分、もっとうそです。

いい先輩になろうとか、そういう気持ちはないのだけれど、雰囲気は良くしたいじゃないですか。
うん、喜んでくれればいいんです。
ほんとに。

とりあえず、働いていて楽しい、って思える職場にしたいですなー。
ん。
[PR]
by rinnken1228 | 2008-01-22 01:15 | は○しケンイチ的日常

オープンゼミ

昨日飲みすぎたせいか、起きたら昼を回っていました。
Dolceというバーに、K保田と最近よく出かけます。
ここの「ハル」というオリジナルカクテルが好きです。

極端に辛いか、極端に甘いカクテルは個人的には好み。
舌がピリピリするような、ドライのものが好きです。
甘口だったら特に、アマレットを使ったものが好きです。
あとはガリアーノ・・・か。
フレンチコネクションが美味しかったです。

マカオのカジノでの話ですが、あまり海外ではドライスタイルのものが知られていないように思います。
そのときは、ドライマンハッタンを頼んだのですが、出てきたのはマンハッタンでした。
「ドライにしろ」と言っても、「ドライなんてものはない」と返される始末。
イラッときたので、2杯目はジンフィズを頼んでやりました。
でも、それが意外と美味かったんだよなー。
今まで飲んだ中で、一番美味しいジンフィズだったと思います。


昨日はオープンゼミでした。
来年からゼミに入る2年生のためのゼミ見学会です。
20人くらい来たんじゃないでしょうか。
10人も来れば万々歳だろうと思っていた僕としては、意外でした。
狭い部屋にぎゅうぎゅう詰めになってしまったから、もしかしたら居心地悪かったかもしれません。
ごめんなさい。

それよりも意外だったのは、女の子が異常に多かったこと。
本当に驚きました。
男女比7:3で女子が多い、といった感じだったと思います。
妙に華やかに感じたのは僕だけでしょうか。
おそらく司会のN村があがってたのも、ここにあるはず。

とりあえず、来年のゼミ選考が楽しみです。
留年するっていいなーなどと、本気で思った今日この頃。
軽くキャバクラの面接官の気持ちを味わってみようと思います。
んー、無理かな。


とりあえず、ゼミ名でこのブログがヒットすることが多いそうですから、あまり危ないことは書かないようにします。
とりあえず、手出しはしませんから。
自分色に染めようだなんて、考えてもいませんから。
ご安心を。

要するに、来年はDolceに一緒に行けるような、そんな後輩が入ってきてくれたらいいなってことです。男女問わず。
[PR]
by rinnken1228 | 2008-01-18 23:20 | は○しケンイチ的日常

周りの目

夜、大学にチャリンコを取りに行ったら、ドラマの撮影をしていました。
スタッフに何のドラマか聞こうと思ったのですが、怖くて聞けませんでした。
大学図書館が妙にライトアップされていて、すげーきれいでした。


とある商社Mの会社説明会に行ってきました。
「商社受けねー」とかなんとか豪語しときながら、結局説明会行っちゃってる自分。
ああ、どーせ自分はコンニャクの意思だよ。ははは。

でもま、知り合いとかも作れたし、いっかー、ってことで。

基本的にグループワークだったのですが、グループワーク中の自分は怖いそうです。
顔は笑っていても、目が笑っていないそうです。
別にそんなつもりないんだけどな。
ゼミでも僕ってこんな感じでしたっけ?
でも、じぶんではそういうつもりはなくても、周りからはそう見えているんだろうな。
とりあえず、気をつけなきゃー、とも思いました。
とかいいつつ、すぐに修正できるほどの器用さなんて持ち合わせていないから、このまま行くのでしょうが。
そんなとこで自分を偽ってもしょうがないし、偽ったとしてもすぐにメッキははがれてくるだろうから、そのままで行こうと思う。
でも、そう見られる可能性があるんだぞ、ってことは常に意識しておかないといけないんだろうな。
んー、難しいぞ。ははは。


そういうわけで、ちょろっと周りの目ってのを意識した1日でした。
あ、協調性ないですか、そうですか・・・orz...
[PR]
by rinnken1228 | 2008-01-16 01:01 | は○しケンイチ的日常

せいじんの日

ガソリン税率を引き下げることにどういったメリットがあるのかわかりません。
基本的に民主政治というものは衆愚政治だと思えて仕方がない今日この頃です。
彼らには10年後、20年後の社会の姿が見えているのでしょうか。


さて。
髪を切りました。
久々に髪を切りました。
結構、短くしました。

昨日はTOEICでした。
ま、できんかったー。
仕方ないです、勉強してないし。
自分の弱点とかが見つかったという意味ではいい経験でした。
でも、そう思ったことを活かすかどうかは自分次第。
なので、それ以上のことは言いません。
とりあえず590点越えは無理そうです。


今日は成人の日だったそうです。
それよりも何よりも、今年はねずみ年なので、いろいろとチューチューしたいとかなんとか思ってしまいました。
脈絡ありませんが何か問題でも?
[PR]
by rinnken1228 | 2008-01-15 00:33 | は○しケンイチ的日常

明日のTOEICを思いながら、なんとなく書き出してみる

やっぱりTOEICの勉強はしてません。
目標は、自分の記録更新。
300点越えです。
まずはハードルを低めに設定。
それが僕の生き方です。
うそです、かなり矛盾してます。

そんな話を塾にてしていたところ。
某J大学医学部の後輩Tが、
「TOEIC500点以上取らないと進級できないんですよ~」
とかなんとかほざきだし。
空気を読め、空気を。

で。
「でも僕は590点取りましたけどね。」

・・・黙れ。

とゆーわけで、急遽目標は590点越えに決定しました。
おいおい、290点の壁はでかいぜ。
でもあれです、こっちにゃ4年としてのプライドってのがあります。
1年には負けてられません。
罰ゲームは、昼飯おごりだそうです。
意外と、軽いっていう。


シフトがあったので、塾に行く途中、シフト上がりの後輩とバッタリ会いました。
いきなり2ショット写真を2枚も撮られたけれど、両方ともうまく撮れなかったそうです。
でも「時間ないからいーやー」と颯爽と去っていきました。
意味がわかりません。


久々に中本でラーメンを食べました。
受験時代はよく行ったものです。
入試前日はいつも食べてました。
懐かしい。
胃腸があまり強くない僕は、蒙古タンメンも結構苦手。
普段は味噌タンメンに定食をつけるのですが。
それすら食べられなくなってきている自分。
年齢が上がると共に、胃腸の衰弱っぷりが激しくなってきています。
誰か、正露丸をください。


先日、今期の就活で初めて都心へと出かけました。
相変わらず、企業のセミナーってのには違和感がありますが、とりあえずその波に乗ってみようと思います。
ここでひとりで吠えててもしかたないので。
入ってから変ればよい。

グループワークで一緒だったR大学の女の子がかわいかったです。
途中まで一緒に帰りました。
というか、あっちが帰り道を合わせてくれました。
優しいね。僕に気でもあるのでしょうか?

お茶にでも誘ってみようか。
たぶんくっついて来るだろう。
じゃあ、ついでにあっちの方もいただいてしまおうか。
リクルートスーツだって立派なコスプレじゃないか。
嗚呼、こんなときに限って立川でシフトが・・・

とか妄想しつつ話しているうちに、連絡先も聞くことなく池袋でした。
お別れの時間です。
人生、そんなもんです。


とりとめもなく書き出してみましたが、要するに、どうしようもないってことです。
そんなこんなですが、やっぱりTOEICの勉強はしません。
ぶっつけ本番で臨もうと思います。
どうにかなるでしょ、たぶん。

明後日は髪切ろうかしら。
[PR]
by rinnken1228 | 2008-01-12 23:59 | は○しケンイチ的日常

やさしさに包まれたなら

前回の記事で、一箇所訂正がありまして。
K氏は浴衣好きではないようで。
実際は、婦警らしいです。
すごいね。

浴衣だったら後ろから飛びつきたい衝動にも駆られますが、婦警はムリだわ。
即、逮捕でしょうな。
前歴じゃなくて、一気に前科持ちになりそうです。


先日、病院の診察に行ってきました。
薬、処方されなくなりました。
ついに、0mg達成です。
やったね。

正直、かなりペースは順調だったと思う。
自分でも驚くくらいに。
逆に、1年前の今頃のあの出来事は何だったんだろう、とか思うけれど。
今は純粋にうれしい。

でも、入院してからずーっとお世話になっている先生方をはじめ、いろんな人にお世話になったなぁ。
支えてもらわなければ、ここまでくることはできなかったと思う。
そこまで体調管理をしっかりできていたとは到底思えないけれど、ここまでこれたのは本当に周りのおかげじゃないかな。
支えられているんだ、っていう実感を初めて持てた出来事だったと思う。
価値観はがらりと変わった・・・かな?

その気持ちを忘れないようにしないと。
うん。
自分って、幸せ者だなぁ、とつくづく思う。


おとといのゼミの新年会で、ちょっと遅めの誕生日のプレゼントをもらいました。
葉巻をもらいました。
ケネディが愛用していた葉巻らしいです。
でも、吸い方がわかりません。
管理のしかたがわかりません。
あれ、シェイカーは?

他の人へのプレゼントの値段やら包装の仕方と比べると、僕に対するM村ゼミの扱いのひどさがなんとなくわかるような気がしますが。
でも、そんなの関係ねぇ。
プレゼントは値段じゃなくて心なんだ(・・・と信じたい)。

うそです、本心では本当に嬉しいと思っています。
本当に感謝しています。
ありがとう。

ちなみに去年は、ブラ○コ・オ○ーソの貯金箱でした。
何かのはずみでちょっと割れちゃったけど、健在です、まだ。
合わせて本当にありがとう。


とりあえず、明日はTOEICです。
何も勉強してません。
どーにかなるっしょ。
目標は300点越えです。
現在のハイスコアは300点です。
がんばろう、うむ。
[PR]
by rinnken1228 | 2008-01-12 12:43 | は○しケンイチ的日常

一部にコスプレ好きといわれる件についての反論

なんだか無性にアルコールを体内に入れたい、そんな今日この頃。
大学情報棟の隣の席では、3年生がESを書いてます。
S生堂のようです。
もー、そんな時期ですねー。
自分は就職できるのだろうか。
ま、どーにかなんべ。
いや、どーにかすんべか。

最近、
リクルートスーツに萌える人の気持ち
がわかるようになりました。
でも、そんなプレイはしたくありません。
うそです、1度くらいは経験しておきたい。
せっかくだし。


被服の心理学、なんて本を生協で見かけましたが、人間ってなぜに服装に気を使うんですかね。
人は服装によって相手を見分けようとするし、そのカテゴリの中に進んで入っていこうとする。
コスプレを好むという行為も、結果的にはそのカテゴリ自体を嗜好するってことだと思うんですよ。
たとえばNさん(27歳・看護師)を例にとって考えてみましょうか。

1.僕はNさんがすきである
     ↓
2.Nさんと付き合う
     ↓
3.Nさんにナースのコスプレをお願いする
     ↓
4.だから、ふられる。(3回目で)

つまりですね、まーあれだ。
ここまでくるとですね、自分がNさんを本当に好きだということに疑いが生じてくるわけですよ。
もしかしたら、看護師=ナースというカテゴリ自体を嗜好していた可能性が生じてくるわけです。
無意識のうちに。
結局、そのカテゴリの象徴として表層に浮かび上がってくるのが、ナース服だったりするわけです。
女子高生のセーラー服とか、スッチーの制服とかと同じでさ。

要は、そのカテゴリの中にいる人、つまり看護師としてのAさんを好きである疑いが生じてくるわけです。
だから、そういう行為において、そういう服装を要求したりしてしまうわけですよ。

だから、あれだ。
うん。
自分が変態とかそーゆーことじゃなくてですね。
そのカテゴリを嗜好するがゆえの自然な行為だったりするわけです。
だから、僕はコスプレ好きではないのです。
んー、反論になってないが、証明終了。

コスプレってのはあくまでもオプションだ、オプション。
MAT○DAのプレマシーとおなじですよ。
そうそうロリータロータリーエンジン。


今度、ゼミで卒業旅行をするそうですが、近場の温泉となりそうです。
なんだか淫靡な匂いも漂いつつありますが、そんなのは気にしないようにしようと思っています。
なに、女性の浴衣は7割増し?
そんな妄想するなよ、K氏w
[PR]
by rinnken1228 | 2008-01-08 13:29 | は○しケンイチ的日常