人気ブログランキング |

2005年 05月 23日 ( 3 )

プロモーター企画

先日、自分のやりたいことについて書いたことがあったけど、そのことについてI矢くんと話してきました。夕食@物好奇(”ものずき”と読みます)食べながら。コース料理が出て、1200円ナリ。安いでしょ?

あらあら、話がそれちゃった・・・僕の中では、せっかく社会調査を学んでいるのだから、それを生かしたことをやりたいな、って思ってる。そして世間に公開(前の記事では”還元する”って表現したのかな)したい、それができるようなことをしたい、っていう思いも変わらないわけで。
だけどI矢くんにも言われたけれど、それをド素人の大学生がやるのは難しいんじゃないか?ってことに。それはスキル的にもヒヨっ子同然だし、時間的・経済的な制約もあるしね。社会調査なんてそう簡単にできっこないのはわかりきったことなのにね、そんなことすら考えが及ばなかった・・・もちろん、主体的にぶつかっていくことで得られるものって大きいんだろうけれども。

僕が考えているのは、仲間と一緒に何か組織をつくってそれを企画・運営していく。そしてその活動を通して、社会に何かを「還元できれば」よいと考えてる。いや、還元するというよりも、社会に向けて「何か」を発信したいんだろうな。ただそれだけなんです。採算なんかもちろん度外視ですわ。だって学生ですもん。お金稼ぎよりももっと大切な何かがあるはず。(こんなセリフ、ASYS時代の自分からは考えられないことですよね・笑)
そんなこんなで、社会であまり知られていないようなことを実際に体験してみて、それを発信していくのはどうかなぁ、って・・・参与観察法ってやつです、社会調査でいう。それを公開して、いろんな人たちに知ってもらう、そして興味を持ってもらう(後者が重要)。要は”プロモーター”みたいなことをやるって訳です。

なんだか燃えてきたぞぉ~。たった一度の人生、無駄にしたくないですからね。I矢くん、ありがとね。あなた、絶対に引き込むんでよろしく!!
H谷も一緒にやろうぜぃ~。
by rinnken1228 | 2005-05-23 22:17 | は○しケンイチ的日常

値段鑑定

あんまりにヒマなもんで、ちょっくらやってみました。自分の値打ち鑑定。(笑)

結果は・・・
あなたのお値段は8910万5617円です。階級は「スーパーアイドル級」です。
・内訳
心 2881万3840円
才能 1499万3750円
境遇 249万6210円
人徳 2222万2050円
運 2057万9767円
合計 8910万5617円
・総合評価
あなたがもっている最も高い財産は「心」です。多くの人に愛を与え、思いやりにあふれるあなたの行動はきっと多くの人の心までなごませることでしょう。さらに才能も備わっているともあれば、あなたに与えられた使命は少なくはないはずです。力も愛もすべてを振るって、世に多くの幸せを生むことが望まれます。
ジャンル別評価
心:Sライセンス
あなたの心はとてもキレイで、きっとあなたの笑顔に何人もの人が救われることでしょう。愛し愛される、そんなキレイごとだけでも生きる価値はぐっと高まります。どうかそのままで。
才能:Bライセンス
平凡な才能です。がっかりする必要はありません。努力を重ねることで凡才を大きく超え、「達人」になることは可能です。努力あるのみです。
境遇:Dライセンス
あなたは全く恵まれていません。自分の力で人生を切り開くしかありません。しかしながら、それこそが人生の醍醐味と思い直すことができれば、この逆境は恵まれていると感じられるでしょう。
人徳:Aライセンス
かなり人徳があります。何もかも投げ出す覚悟であなたを支えてくれる人もいるはずです。ただしそのカリスマ性は一方で重責を担います。見込まれた以上は期待に応えられる実力も備えましょう。
運:Aライセンス
運がいいです。金運も恋愛運もいいです。ただ、世界がうまく自分の思い通りに回転しても、自分の才能だと思いこまないでください。運の力を過信していると、その運気は突如として逆転するものです。

うん、ちょっと過大評価してる感じがする・・・(笑)嬉しくないわけではないっすけど。

それにしてもヒマ人ですね。図書館にでも行ってきます。
by rinnken1228 | 2005-05-23 10:46 | は○しケンイチ的日常

未来を議論する国

おはようございます。いつもより早い起床。(笑)授業は3限るからなのにね。1、2限もありますが。出る必要がないのですが。いや、1限はもう切ったのですが。(笑)

今週号のNEWSWEEKに、おもしろいコラム(byリチャード・サミュエルズ)があったので紹介します。小泉外交について(どちらかというと)評価した内容。確かに小泉首相の外交政策は、それまでの首相のそれと異なり、積極外交を展開しているように感じます。それまでの「受け身的」な外交政策と違ってね。いまだに「アメリカの犬」って批判する人もいるけれど、そういう人もが政権握ったとしても無理でしょうな、こういった政策を展開するのは。
イラクへの復興支援の際も憲法(特に9条だよね)の解釈を拡大させて、イラクに自衛隊を派遣するも然り、積極的に国連安保理の常任理事国入りを主張するのもまた然り。同じく常任理事国入りを目指すブラジル・ドイツ・インドとともに、首脳会談を行ったしね。そのようなところからも、「受け身からの脱却」を感じます。それまでの歴代首相では考えられないことだよね、そういうのは。

今物議をかもしている竹島の問題や、靖国参拝、そして教科書の問題についても、それまでは韓国や中国からクレームをつけられたらすぐに尻込みしていたように感じます。だけど今は違う。以前「他国の歴史問題に首を突っ込むものではない」みたいなこと言ってたけれど、それは当然なことだよね。だって隣人が自分の家庭の食事とかに首突っ込むのはおかしなことでしょ?レベルは違えど同じことなはず。
靖国参拝の問題だって、なぜ他国が口出しをするのかがわからない。自国の歴史を築いてきた人々に、敬意を表して何がいけないのか?韓国だと李舜臣を祀るのと同じことでしょうに。同時に日本国内でそれを批判する人の神経も全く理解できません。なんで先人をけなしますかね?先祖をけなすような国は、滅びますよ。そんなのはそれまでの歴史を見てもわかるでしょうに・・・
みなさんはどう思いますか?

ちなみにコラムはそれから「日米同盟」(安全保障条約)との関係へと及ぶんだけど、それはまた今度・・・
by rinnken1228 | 2005-05-23 09:45 | は○しケンイチ的こころ