2006年 02月 03日 ( 3 )

歓喜の歌

やったー!カテキョで自分が持ってた子が第一志望の中学に受かりました!!

いやはや、肩の荷がすーっと降りたわ。まぁ、自分がどれくらい貢献できたかはわからないけれど。(笑)ふぅ、よかったよかった☆

でも・・・もう2度と家庭教師などやるものか。自分は「先生」なんて呼ばれるほど人生経験豊富ではないぞ。
[PR]
by rinnken1228 | 2006-02-03 21:11 | は○しケンイチ的日常

限られた時間の中で、借りものの時間の中で

新宿の中心からこんにちは。ただ今新宿のNetCafeにて更新中です。(笑)これから例のProjectのMTGなのさぁ。2月までの期限付きです。あと1月。まぁ、終わらないだろうな。それまでにきっちりと引導を渡すつもりでおりますが・・・

Projectの連中に、ゼミのレポートを見せてみました。普段から僕は彼らのことを信用してるし、それにゼミの作業においても色々と助けてもらったし。グループでは出なかったような、新しい見方ももらったりして。

さて・・・感想は。
色々と言われました。(笑)けっこーキツいことも言われたけれど、詳しくは書きません。(笑)でも「グリーフケアってのがあるのを紹介したのが良かったんじゃない?」って言われた時、救われたような気がしたとです。一番最低限度の目標は達成されたと思って。マジでよかった~。
完成した解放感から、この報告書を客観的に見直してみると、また新たに見えてくる”穴”もある。「あ、ここら辺の考察が足りないじゃん」とかそういうのが。やってる最中はそんなのは見えずらいんだろうけどね。

以前、「自殺って社会問題なの?」って聞かれたのは未だに印象に残っていることでもあります。「あー、個人でもその事象に対する印象は違うんだなぁ」って。僕らは「自殺の増加」が社会問題であることは自明のこと、ぐらい思ってたのかもしれないけれど、他方でそうも思わない人がいる。突き詰めてみれば、他もそうなんだろうね。「高齢化」にせよ「環境問題」にせよ。だから地域によって差が出てくる。それは地域における、それに対する捉え方の違いなんだろうな。それが自分達の生活に影響を及ぼすところであれば社会問題になるし、そうでない所ではならない・・・と。
ま、ふつーに考えれば簡単なことなんだが。

でも、それって現場に実際に出向いてみないと解らないことなんだな、って思ったとです。やっぱり俺は現場主義です。フットワークの軽さを活かします。そして・・・大学院行くかもです。成績最底辺だけど。観光業にどう役立てていくか、っていうとまたちょっとわからないけれど。

ただ単に・・・就職したくないだけかもです。もちろん場所は京都です。ただ住みたいだけです。どうしようもないね、こりゃ。


・・・・・・・・・・

そう考えてみると、自分が本当にやりたいのは観光業なのか?っていうささやかな悩みも生まれてくるわけでして、ええ。何がやりたいのかわからない、って訳じゃないんだけど。あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい・・・とまさにBLUE HEARTS状態なわけですよ。真島さんです。マジーじゃないよ。(笑)
ヒトと関わる職業につきたいし、そして誰もが笑顔になれるようなことがしたい。そして街がすきなんだ。だからヒト、笑顔、まちづくり・・・と考えてみると、やっぱり観光業なのかな、って思う。
これからは絶対に観光の時代が来るし、観光業は唯一の平和産業なんだ。人に笑顔にさせることのできる、唯一の仕事。

けれど、それだけじゃあどこか空虚な感じがするんだよなぁ。自分に刺激がなくなっちゃうような気がしてならぬ。別に絹素肌とか言われなくていいから、刺激が欲しい。バカになりたい(?)。

自分は「何かを知る」って探究心を失った時、絶対に自分がダメになることがわかってる。それは自分に限らず、全員がそうだけども。だから自分の命が続く限り、あらゆることを知りたいんだな。全てを知った、と満足した瞬間、自分は自分でなくなるんだと思う。僕が僕であるために、勝ち続ける必要はないけれど。

だけどさ、自分が知りえた知識を、考察をさ、今度は社会に還元したい、って思っちゃうわけですよ、今度は。自己満足だろ、と言われても仕方ないけれど、それが他の人が興味を持つことに繋がったら・・・もっと社会自体が良いものになっていくかもしれない。自分が思った疑問が、社会全体の問題として提起する機会になれたら、って思う。
そうしたら、もっと住みよい街を作ることができるんじゃないかな、って思うわけです。ま、理想論だし、どんだけ上から目線で見てんだよ、って話ですけど。(苦笑)

そうなると・・・報道とかになるのかなぁ?でも、「都市」「まちづくり」って視点だけは失いたくないよ。自分が一番好きなのは、まちづくりです。

あー、何がなんだかわかんなくなってきたぞ。あばばばばば・・・・

・・・・・・・・・

でもな、観光業をやりながらそういうこともできるしなぁ。自分の中でのベースメントは「観光」です。あ、自分が旅を続けながら、文章を書いてく、ってこともできなくはないぞ??

まぁ・・・文才ないですけど。長々と駄文失礼いたしやした。MTG行って、池袋行ってきまーす。アタルに会うかな?(笑)
[PR]
by rinnken1228 | 2006-02-03 13:15 | は○しケンイチ的日常

The Long and Winding Road

この曲、Beatlesの曲の中で一番好きな曲だと思う☆

えー、水曜日の焼酎がまだ残っております。(笑)アルコールの消化が悪いのは、コレステロールが高いこととなにか関連があるのでしょうか?教えてください。

水曜日、冬学期僕を苦しめたゼミの発表会でありました。僕の睡眠時間を削ったゼミ、僕のコレステロール値を極限までに上げたゼミの・・・(笑)でも楽しかったけれど。忙しいことに快感を感じるドM、はやしです。

今回のゼミはグループ調査。3つのグループに分かれて、それぞれ「夜間保育について」・「浦安市とオリエンタルランド」・「自殺者遺族に対する精神的ケア」について調べたわけですが。うちのグループは、「自殺者遺族に対するケア」について調べたとです。
自殺者の遺族に対するケア、といっても、メインはグリーフケアについて。行政だとかそういうのについてはスポットライトは当てませんでした。だってそこから導き出される結論はありきたりだ物、自分はそう思ってた。「ケア」という観点から見て、行政は引き合いに出したくなかった。行政側の「ケア」というものに対する意識はとてーも低いですからねぇ。(苦笑)それはどこの国でも変わらないけれど・・・最近は「福祉国家」っていう概念は流行らないようです。

さて、発表。それなりに上手くいった気がします。途中、自分のファイルを見られる、っていうハプニングはありましたが。美竹涼子無修正・・・あぼーん。さすがに中身は見られてないけど。勝手に見てたら人格疑います。(笑)
ちょっと発表に時間をかけすぎて、質問時間が削られてしまったかなぁ・・・といった反省はあるかな。パワポを使いこなすのはまだまだ難しいね。まぁ、こういうのは場数を踏んでいかないと上達しないかも。
でも、パワポを使ってプレゼンをする機会は何度も経験してきたつもりなんだけどな。それは大学の内外問わず。

今回のグループワーク、自分の中での反省点もかなりありますよ。正直言うよ、もっとできたね。自分の足を使ってもっと調べられた、はず。もっと本も読んで知識も深められた、はず。グリーフケアの現場も見ようと思えば見れた、はずだよ。講演会の情報も、もっと早くにキャッチしておけばよかったさぁ。畜生、悔しいね。
けれど、それくらいしかできなかったのが、現在の自分の実力なんだよな。所詮、そこまでの男だってわけです、今の自分は。しょっぺーなー、俺。ははは・・・

それにしても、磯矢ちゃんと岡部は道連れにこのゼミに引き込みたかったなぁ。これは正直な感想です。一緒に単位で苦しみたかったよ。ええ。(笑)

他の2つの発表も、凄く興味深くて面白かったですよん。その発表を聞きながら、自分で仮説を立ててみたりして。
「夜間保育」だったら新大久保って街との関連性を調べてみるだろうし、「浦安市とオリエンタルランド」だったら「観光」って観点から調べてみるんだろうな。絶対に浦安の発展とオリエンタルランドの関係はあるはずだよ。わかんねーけどさ。
ま、前者を調べる時は磯矢ちゃんの知識を骨の髄までしゃぶりつくしますよ。K住懇とか。(笑)そうやったらまちづくりのほうにリンクしてしまうのかな?

発表会の後は、飲み会→オール。焼酎のみ過ぎました。あれ、そんな飲んでないか。ドン引き発言しまくって、ごめんなさい。

A long long time ago
Don’t leave me waiting here
Lead me to your door
Yeah, yeah, yeah, yeah........


最後に・・・本当にゼミでの調査は楽しかったです。本当にありがとうございました。
[PR]
by rinnken1228 | 2006-02-03 09:35 | は○しケンイチ的日常