忘れてしまいたいことやどうしようもない寂しさに包まれた時男は酒を飲むのでしょう (2006/03/01) の記事画像